読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にきょんカメラ

アマチュアサンデーカメラマンの写真ブログ

AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRを買う

 にきょんです。📷

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 これからは花の季節🌸🌻🌷

 

 花をもっとアップで撮りたいという衝動だけで結局買ってしましました。

Nikon 望遠ズームレンズ AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR フルサイズ対応

 新型の70−200mm f/2.8 Eタイプです。

 

 

 

 発売当初 更新しようと一瞬考えたものの現行のGタイプで十分だなと思ってたんですが、先日庭の花を撮ろうとしたところ マイクロ105mm f/2.8が防湿庫にない・・・

 

 兄貴が持って出かけてしまった・・・

 

 

 

 マイクロ60mm f/2.8は防湿庫にあるものの おいらは望遠マクロ的に撮りたいので60mmでは短い! ×2テレコンを使って120mmにして使おうと思ったものの、そもそも60マイクロにテレコンはつかない!!!!!

 

 

 

 200−500mm f/5.6Eは最短撮影が2.2メートルと寄れない!

400mm f/2.8Gは最短撮影が2.9ともっと寄れない!!!

 

 

 

 マイクロ200mm f/4がニコンにあるよな・・・ でも古いんだよな・・・

レンズデザインも昔のだし・・・ できればデザインも最近のに合わせたいな・

 

てかマイクロ200の出番は買ったとしても圧倒的に少ないよな・・・

 

でもマクロ撮影は三脚必須だょな・・・  

 

 

 

 じゃぁ安いタムロン180mm F3.5マクロなんかもあるょ?

滅多に出番のないレンズならお財布に優しいこのレンズなんて最高だろ?

 

 

 でもタムロンは以前レンズの修理出してネジしめるだけで2万もの修理代金を請求してきた会社だからおいら嫌いなんだょな・・・ 二度と買いたくないんだょな・・・

内部のネジが外れたのは締め付けが甘いオタクが悪いんだろ?と、いまだに思う

 

 

 以前使ってた 

SP AF70-200MM F/2.8 DI LD [IF] MACRO (MODEL A001)

TAMRON 大口径望遠ズームレンズ SP AF70-200mm F2.8 Di ニコン用 フルサイズ対応 A001NII

 このレンズはマクロと名のある通りハーフマクロ的に使える熱いレンズ

95センチまで寄れて花撮影に非常に重宝した思い出のレンズだょ

70−200mmはスポーツ撮影に使うようなAFの速いレンズというイメージだが

このレンズは激遅だょ! ジーコジーコとても動体なんて撮れないょ!

 

 

 うるさい2線ボケが気に入らず、それと旧型になってしまったがAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIを買ったので出番がなく売ってしまった。

 

 

 

 

 ということは撮影倍率1:1にこだわらなくてもいいよな

 

 比較的寄れて大きく写るレンズを探そう。

 

  

 

 

 マイクロフォーサーズオリンパスの40−150mm  F2.8なんてかなり寄れるし最大撮影倍率も高いし花撮影にはもってこいじゃね? と思うも

 

 そもそもおいらの持ってるペンFにこの長いレンズは似合わない 笑

 

 そしてペンFを買ったものの、持ち出すのはD5だけという うp主にきょん

 

 ほぼ車移動なんです。やっぱ一眼レフが良いんです♬ 古いかもしれないけど光学ファインダーが良いんです。 操作性が圧倒的に優れてるんです(重いけど)

 

 

 

 ニコン80−400は1.5mまで寄れて倍率も比較的高いぞ!

 

しかし200−500持ってるし ヨンニッパも持ってるしな w いらないょな・・

 

 

 

 

 

 で、これから春は花の季節 やっぱ寄って撮りたい! できれば手持ちで!

 

 70−200mm f/2.8の唯一の弱点は寄れないこと! そして大きく写せないということ! 最短撮影が1.4メートルで最大撮影倍率が0・11倍

 

 新型のEタイプの70−200mm f/2.8Eは最短1.1メートルまで寄れる

そして最大撮影倍率が0・21倍

これをEタイプに変えるだけでおいらの悩みは解決してしまうのだょ・・・

 

 30センチ寄れるようになり さらに倍大きく写るようになったということ。

 

 

 

 さてどれくらい大きく写るかはやはり自分で確認してみたいところ。

 

 

 

 週末に京都の桜を撮りに持って行く予定なので急遽取り寄せてもらった。

 

 チャメラのチタムラで新品購入 ↓ 
f:id:nikyon:20170416191827j:image

 左 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR II   の箱

 右 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR    の箱

 

 

 

 

 さて早速 旧型になってしまったAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIの最短撮影1.4mまで寄った写真を ↓ ちなみにF値は解放

f:id:nikyon:20170416203723j:plain

 

  次 新型のAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR 

を1.4mの距離で上と条件を同じで撮影↓ 同じく解放 同じ距離でも大きく撮れる

f:id:nikyon:20170416203636j:plain

 

 最後に 新型AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR

を最短撮影距離の1.1mで撮影

f:id:nikyon:20170416203721j:plain

 

 こう比較することで新型のAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VRはだいぶ大きく撮れることが可能になった♬ 

 

 

 

 これはマイクロレンズを持ってないおいらにゃテレマクロ的に買いです。

 

 旧型のAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR IIの弱点は寄れないこと、

 ただそれだけでしたが新型へ更新です。

 

f:id:nikyon:20170416203448j:plain

 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR撮影

 

 

 

 このレンズ、ピントリングとズームリングの位置が旧型と新型で位置が変更になりましたが、おいらにきょん旧型の方が使い易いす・・・

 

 新型の方はレンズの先端を左手で持つことになりカメラボディの重さが右手にのしかかります・・・ ズームリングの位置がカメラ側の手前にある方がカメラボディをしっかり左で支えられていい感じがするのです。

 

 現に間違って何度も手前にあるピントリングをズームリングと思って回してしまった・・・

 

 基本フォーカスはカメラ任せでD5なら周辺もクロスセンサーというこもありピントリングを触りピントを調整することは画面の端など届かない所とか以外無いに等しい

 

 なのでズームリングを持って撮影することが多いので長く構えるのは右手がしんどい・・・

 

 あとフードを収納した状態でとっさに撮ろうとするとズームリングはフードが邪魔をしてズームできない・・・

 

 スポーツ撮影などの流し撮りでカメラを振って撮影する際には左手でレンズ先端を持った方が良いですが、このズームリングとピントリングの変更は今の所の気に入らない点です。

 

 

 

 

  レンズの更新速度が7〜10年くらいになった今、あと10年以上現役で使えるレンズというなら新型に更新しててもいいと思う

f:id:nikyon:20170416203807j:plain

 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8E FL ED VR × TC1.4 撮影

 旧型の唯一の不満 大きく撮れないということ

 それを改善してきて望遠マクロ的に使えて大変満足です。

 

 

 

 チューリップを撮りに行かねば!!! 🌷