読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にきょんカメラ

アマチュアサンデーカメラマンの写真ブログ

F−1日本グランプリ カメラマンエリアで撮影するの巻

写真

   にきょんです。

 

 

 

 

 今年もF−1を見に鈴鹿へ行ってきました。

 

f:id:nikyon:20161021202141j:plain

 

 去年は西コースのヘアピンの見えるJ席で下見がてらの観戦でしたが、今年は気合を入れて高額のB2指定席上部でも撮影可能なカメラマンエリアで撮影してきました。

 

 カメラマンエリアの良いところは座席が無いもののコース各所に設置されたカメラマンエリアでF−1を観戦できるというのも熱い♬

 

 今年は友人2人と共に3人で金曜から観戦です👀 (友人は指定席)

 

朝10時からのフリー走行に間にあわせるため夜中3時に迎えに来てもらい出発!

 

 うp主にきょんの荷物はカメラ機材が大量なので4日分の衣類も(月曜は祝日♬)

合わせ友人の荷物と共に車のトランクがいっぱい www

 

 

 今回メインとなる機材は、カメラボディはもちろんD5

 

レンズは大三元3本と

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRと

AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR

 

それに×1.4と×2のテレコンと一脚を持ってく。

 

 しかしクローク(荷物預かり)を確保できなかったので実際現地で持って歩くレンズは1本ないし2本の予定 (重いからね・・・)

 

 昨年はD610とAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6gG ED VRだったので今年は機材が去年と比べ鬼すごくなってる www 

 

 去年のブログ記事↓ 

nikyon.hatenablog.com

 

カメラマンエリアで撮影したので今年は去年とは質が違う! w はず www

 

 

 

f:id:nikyon:20161021202218j:plain

  10月7日 金曜日 予定通り9時頃に鈴鹿

 

 

10時のフリー走行までにカメラマン用のビブスをもらいにメインゲートへ

インフォメーションのお姉ちゃんに場所を聞く。

無事紫色のB2入場可のビブスをゲット!

 

 

 金曜日はコースの下見と決めてたので持ってくレンズはAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRの一本のみ これにテレコン×1.4と×2 

 

 

 

 ここはF−1の聖地鈴鹿。 うp主は非常にテンションが上がっている。

 

 200-500mm f/5.6のレンズに×2のテレコンでは合成F値が11になりAFが使えないので持ってきても重りになるというのは、この時にはまだ気づいていない(爆)

 

 

 B2エリアに入れる高額なチケットを買ったのでとりあえずB2エリアに🚶

 

 ??????? 東コースエリアを一望できるもののパンフレットにあるようなホームストレートのド正面からスタートする全マシンを一枚の写真で撮れるような場所はない・・・・  斜めからホームストレートを見る感じになる・・・

  

 B2エリアから見るホームストレートはこんな感じ↓

f:id:nikyon:20161021204234j:plain

 これで6万円弱だと・・・・・ 正直高いと思った・・

 

ヘアピン入場可の4万円弱の方はいつも完売になってる理由がこの時わかった。

 

 実際、1コーナーの進入バトルを撮るかS字を後方から狙う以外このカメラマンエリアの魅力は無いと言ってもいいかもしれない。

 

 

 とりあえずB2エリアに来てるので1コーナへ突入してくるマシンの写真を撮る。

 

f:id:nikyon:20161021205012j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 金曜の天気はうp主が訪れるF−1開催期間中唯一の晴れ予報

土曜は雨、日曜日決勝は朝が雨で昼から晴れという予報。

 

 結果的に太陽が出てる時に撮れたF−1マシンは金曜の午前中のフリー走行のみとなった。 やっぱ晴れてるとコントラストが強く綺麗♬

 

 

f:id:nikyon:20161021204855j:plain

 ルノー・スポール・F1・チーム   ジョリオン・パーマー

 

125分の1秒のSSを基本に撮影していく。

 

 

f:id:nikyon:20161021205633j:plain

ハースF1チーム   エスティバン・グティエレス

 

 

 高速で走り抜けるマシン、125分の1秒でもドライバーのヘルメットへピントを合わせるのは非常に難しい・・・

 

f:id:nikyon:20161021204942j:plain

↑のように若干甘い写真を量産してしまう・・・

 

 

 

 しかし決まった時にはかっこいい仕上がりになる♬

f:id:nikyon:20161021205703j:plain

スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 いろいろなところで撮りたいのでB2エリアのもう一段高い2コーナーに近いカメラマンエリアも見て回る。 

 

 

 そこからのB2エリアのカメラマン👀

う〜む 望遠レンズがずらり かっこいい・・・  

 

f:id:nikyon:20161021210212j:plain

  B2エリア 北側上段のカメラマンエリアで撮影する熱いカメラマン達

 

 

 次はC席のカメラマンエリアを下見。

ここC席はHonda応援席もあるエリア♬ やはり応援するはマクラーレン・ホンダフェルナンド・アロンソ! 今年も うp主にきょんはアロンソを応援します。

 

ここC席は2コーナーからS字コーナーに進入するマシンを撮ることができるがあまり魅力的に思えなかったので次のD席のカメラマンエリアへ🚶

 

 D席のカメラマンエリア(東側)

ここはコースに非常に近く近距離にてマシンを狙えるエリア

 

f:id:nikyon:20161021211015j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 S字をテクニカルに抜けてくマシンを狙う。

 

f:id:nikyon:20161021211100j:plain

サハラ・フォース・インディアF1チーム   セルジオ・ペレス

 

200ー500のズームレンズは流し撮り用の手振れ補正 SPORTモードが搭載されている♬

 

 

f:id:nikyon:20161021211455j:plain

S字から逆バンクへ駆けるマシン 鈴鹿名物観覧車も見える。

 

 

 次はD席の逆バンク側のカメラマンエリアへ🚶

ここはS字コーナーを抜けて逆バンクへ突入していくマシンを狙える。

コース的にS字を抜けるマシンが上りになってるのでカメラマンエリアからは視覚的にマシンを低い位置でとらえることができる地味に熱いスポット!

 

f:id:nikyon:20161021211446j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 しかし2時間と思ってたフリー走行が1時間30分で終了

ほとんど撮れずに終わってしまった・・・

タイムスケジュールを見るとフリー走行は1時間30分だった・・・ w

 

タイムスケジュールはしっかり確認しなければならない! 教訓である

 

 

  午後のフリー走行まで時間があるので、友人と合流しGPスクエアで買い物!

 

今回うp主はカメラマンビブスを着用の為Tシャツは必要ないので帽子を買う

 

去年はマクラーレン・ホンダを買ったので今年は違うチームが欲しい・・・

 

やはりみんなかぶってるF−1といえばフェラーリか・・・

それともデザインが素敵でかっこいいレッドブルか・・・

メルセデス・・・ いやスタイリッシュなウイリアムズか???

 

 結局普段使いできるレッドブルの帽子を購入。

 

 

 

f:id:nikyon:20161021211522j:plain

 GPスクエアにて歴代のフェラーリのF−1マシンを展示してた♬ かっこいい!

 

f:id:nikyon:20161022212311j:plain

今は見ることのできないカーナンバー1のミハエル・シューマッハが乗ってたマシン!

これまたかっこいいぜ!!! 

当時地上波で放送して見てたけどハッキネンを応援してたな・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021210933j:plain

 ラ・フェラーリ

ガルウイングが素敵♬

 

 

 

 午後からはヘアピンで撮影と決めてたのでヘアピンエリアへ🚶

 

f:id:nikyon:20161021212349j:plain

マクラーレン・ホンダ   フェルナンド・アロンソ

 

確実にマシンをとらえておきたいのでSSは1250分の1秒で狙う

 

タイヤや縁石が止まってしまいスピード感は出ないけどせっかく鈴鹿に来たのだからしっかりと写真は残しておきたいょね・・・

 

f:id:nikyon:20161021212521j:plain

ハースF1チーム   ロマン・グロージャン

  

 今年の鈴鹿日本GPにてハースは非常にいい走りをした♬

 

 

 ここに来た時、隣の鈴鹿常連のカメラマンのおいちゃんに聞いたんだけど

太陽の角度&太陽の差し込み量&マシンの角度など条件が揃うとヘルメットの中のドライバーの瞳まで写せるとか・・・

 

 しかし残念ながら曇りなので瞳まで確認できず・・・

でももっとアップで撮りたい! ヘルメットアップで撮りたい!

と×2のテレコンを装着する👀

 

しかしAF合掌せず  W  なんで???

 

あっ! そりゃそうだ 200-500mm f/5.6のレンズに2倍テレコンを使ったら合成F値が11になり AF使えないの忘れてた! (爆)

 

 ×1.4のテレコンに付け直す w 

×1.4のテレコンの場合は合成F値が8なのでD5なら問題なく作動するょ。

 

f:id:nikyon:20161021212517j:plain

マクラーレン・ホンダフェラーリ

 

どっちも、うp主が大好きなマシンである♬

 

 

 

f:id:nikyon:20161021212954j:plain

ルノー・スポール・F1・チーム   ケビン・マグヌッセン

 

ヘアピン突入で突っ込みすぎ白煙を上げるマシン

こういうのをヘアピンでは多々見ることができる♬

f:id:nikyon:20161021213209j:plain

 タイヤに砂利を拾ってしまった・・・

 

 F−1のタイヤは高熱でグチヤグチヤに溶けてるのでコースアウトするとタイヤに色々くっついてくる。

 砂利や砂、タイヤカスなどを拾った場合、グリップ力は大幅に低下するので元のポテンシャルに戻すのには少し時間がかかるらしい。

 

 

f:id:nikyon:20161021213316j:plain

今期でマクラーレン・ホンダのシートを譲る   ジェンソン・バトン

 

 この勇姿をしっかりと焼き付けておきたい!

年齢的に今年が最後になるのではないか???

 

 

f:id:nikyon:20161021213347j:plain

スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 やっぱり結局フェラーリが一番かっこいい! 

 

f:id:nikyon:20161021213357j:plain

ザウバーF1チーム   マーカス・エリクソン

 

  ザウバーのブルーのマシンも非常に綺麗だった

 

 

f:id:nikyon:20161021213359j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 F−1マシンを非常に近くで撮影できるのがヘアピンの強み

しかもコース内で一番低速になるポイント♬ (撮影しやすい!)

   

 

f:id:nikyon:20161021213646j:plain

マクラーレン・ホンダ   ジェンソン・バトン

 

 攻めすぎたバトン! 

 

 

 一通り撮ったのでSSを125分の1秒にして流し撮りを開始

f:id:nikyon:20161021212424j:plain

ルノー・スポール・F1・チーム   ケビン・マグヌッセン

 

 ルノーの黄色のマシン、昔のジョーダンを彷彿とさせる味わい♬

やはりカラフルなカラーリングは見ていても楽しい♬

 

 

f:id:nikyon:20161021213819j:plain

サハラ・フォース・インディアF1チーム   セルジオ・ペレス

 

 セルジオ・越後ではありません

 

 

f:id:nikyon:20161021214202j:plain

スクーデリア・トロロッソ   カルロス・サインツJr.

 

 

手前にフェンスがあるのでSSを60分の1秒にしたらうっすら写っちゃった w

 

 

 

f:id:nikyon:20161021214013j:plain

スクーデリア・フェラーリ  ライコネンだと思う・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021214116j:plain

 メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ロズベルグ???

 

 

 やはり流し撮りにすると急激に歩止まりが悪くなる・・・

腕の問題なのだろう・・・ 仕方がない(;_;)

ぶっつけ本番には無理があった w 修行不足である

 

 

 ってかここでD5の連射スピードが失速・・

なぜだ?!?!!!???

 

 128GBのXQDカードが満杯になったのである wwwww

うp主はRAWでしか撮らないので容量を食うのだけど6000枚近い写真をこの日だけで撮ってたのである www 128GBもあれば3日間持つと思ってたのに w

 

 まぁデータ保存用のノートパソコンも車に積んでるので問題ないものの恐ろしいぜ

秒間12コマの連射って・・・

 

 結局3日間で合計10000枚の写真を撮ってた。

ブログにアップするのが遅くなった理由は忙しい以外にここにもある w

 

 

  

 この日はこれで終了。  朝早く出発したので宿へ向かう

 

 

 

 

 

 10月8日 土曜日 

 

f:id:nikyon:20161021210710j:plain

 

この日は前日不完全燃焼に終わったDエリアのカメラマンエリアへ行くと決めてた

 

 そしてできるだけ低い位置からマシンを狙いたいのでフェンス越しでもフェンスをボカして撮影可能であろうAF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VRのヨンニッパ様を持っていく! それと×1.4と×2のテレコン

 

 

 うむ! このレンズクッソ重い(爆) 

 

 

 駐車場のみそのモータープールから徒歩1.2キロで入口の逆バンクゲートへ行けるのだけどその移動だけでも大変www 曇りでよかった 晴れてたら汗だく必須である・

 

 フリー走行開始が10時なので9時頃にサーキット到着。

 

 

すでにD席の上段のカメラマンエリアは人でいっぱいである・・・

 

 しかしうp主にきょんは上段よりフェンスがあろうとも下段で撮りたい!

できるだけマシンを低く狙いたい!

 

でもD席下段は誰もいない・・・若干不安もありながら下段へ陣取る

 

 しばらくすると 係員のお兄ちゃんが来て カメラマンエリアで撮影お願いしますと言われる(爆) 

 

 なにそれ! 超恥ずかしいんですけど www

後ろには大量の観戦客たちがいる 後ろは振り向けないwww

しかしスマホで確認するとD席は下段でも撮影可能なはず・・・

 

 

係委員のお兄ちゃんに質問するも意思疎通できず w w  バイトかこの子?

 

 しっかり確認するとD席の一番西側だけカメラマンエリアということになってるらしく後ろを振り返ることなく横移動🚶

 

この場所は問題無いらしいが やはりフェンス越しの為か他に誰もいない・・・

 

 

 まぁ二段フェンスになっててすぐ目の前にフェンスがあり、その6メートル奥ぐらいにもう一個のフェンスがあるという条件的に非常にハードな撮影ポイントである。

 

 AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VRに ×1.4テレコンをかまし

550mm f/4のレンズ としてF4開放でコースを試し撮りするとフェンスは写らない

 

SSは多少速くなるけど曇りのおかげでそこまで速くならず結果おっけー✌️ である

 

f:id:nikyon:20161021214216j:plain

ハースF1チーム   ロマン・グロージャン

 

 ここで土曜の午前中のフリー走行はマシンを狙うことにする。

 

 

f:id:nikyon:20161021215036j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 見えないS字からいきなり出てくるF−1マシンの場所に400mm f/2.8Gのフォーカスプリセット機構を使いピントを予ためセットしておくと次々と走ってくるマシンに即座にピントを合わせてくれるので便利である♬

 

 

f:id:nikyon:20161021215123j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 フェンスが2重にあるので若干眠い写真に仕上がるがデジタルの時代ではレタッチでシャープに復活させることができる♬

 

 

 

f:id:nikyon:20161021215825j:plain

 スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 やっぱ目線と同じ高さで見るF−1マシンはかっこい

 

 

f:id:nikyon:20161021220033j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 

 

 ドライバーをもっとアップで撮りたいので×2のテレコンに変更 

 

ヨンニッパを800mm f/5.6として使う。

 

f:id:nikyon:20161021214453j:plain

 メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ルイス・ハミルトン

 

 AFの速度低下が心配だったけど、全く問題なく追従してくれた♬

 

 

f:id:nikyon:20161021214533j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ルイス・ハミルトン

 

 ×2のテレコンを使用するとAFの初速は遅いけど1度とらえると問題ないらしい♬

 

 途中上から降りてきたおいちゃんがフェンス写らない?何で撮ってるの?

と聞いてきたのでハチゴローと答える

 すると一度戻り再び帰ってくるおいちゃん 

7Dm2にサンニッパに2倍テレコンだろうか? (キヤノンの事はよく知らない)

同じ場所でマシンを狙う。

 

 すると、おいちゃんがフェンスにピント引っ張られない?と聞いてくる

いつも良い所でフェンスにピントを持って行かれるらしい・・・

 

うp主にきょん 『一度も引っ張られません』と言う(爆) 

 

 これはD5の性能が素晴らしいのか? ハチゴローと化したヨンニッパがすごいのか、 フォーカスリミッターを無限遠〜6mに切り替えて撮影してるからなのか知らないが、うp主のカメラはフェンスに一度もピントを引っ張られることなく撮影できました♬

 

 

 

f:id:nikyon:20161021214756j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 フェンスを写り込まさないよう全て絞り優先にて開放で撮影 

天候が曇りでどんより雲だったり少し明るくなったりとSSスピードが目まぐるしく変わる www  

 

 

f:id:nikyon:20161021220146j:plain

マクラーレン・ホンダ   フェルナンド・アロンソ

 

 アロンソファンであるうp主にきょん

アロンソが走ってくると興奮してシャーターを押すにも気合が入る!

気合が入るということは力が入る! 

ってことは体が硬くなり流し撮りが上手くいかない!

アロンソの写真は微振れが非常に多かった・・・・・

 

f:id:nikyon:20161021220503j:plain

マクラーレン・ホンダ   フェルナンド・アロンソ

 

 上手くいくと全部とはいかないがドライバーとシンクロできていい写真が撮れる。

 

 

f:id:nikyon:20161021220102j:plain

マクラーレン・ホンダ   ジェンソン・バトン

 

 フェンスが太い部分もあり、タイヤからアスファルトにかけて影響を受け眠い絵にもなる・・・

 

 フリー走行終盤になると始めは一人も居なかったD席下側のカメラマンエリアにも4人ほどの人が居た♬ 

 ニコンの超望遠の新型 600mm f/4Eの100万のレンズでおじさまが手持ちでF−1マシンを狙っていた👀 かっこいい・・・

 

 てかおいらにゃ400mm f/2.8Gの4.6キロの超望遠を手持ちで流し撮りするパワーは持ち合わせておりません・ ずっと一脚使用であります!

 

 

 1時間のフリー走行も無事終了

 

 

 

 友人と合流してプラプラして次は予選撮影!

 

 15時からの予選は、前日と同様だがへアピンにて狙うことにする

予選ということもあり一発タイムを出す為に無理をしてコースアウトするマシンが多々いるだろうとの判断である。

 

 GPスクエアからヘアピンまでは結構な距離がある

大勢の人がいる中をヨンニッパを担いで歩く🚶

これこれ♬ これをしてみたかったの(爆)

 

 

 

f:id:nikyon:20161021210906j:plain

途中J席入り口に向かう道なのだが、ここはF−1サーキットか?登山しに来たのか?というような場所に出くわす www

 

 安心してください。 ここゎ鈴鹿サーキットです。

 

 

ヘアピンでも昨日とは少し場所を変えて撮影

f:id:nikyon:20161021220607j:plain

サハラ・フォース・インディアF1チーム   ニコ・ヒュルケンベルグ

 

 旧Gタイプのヨンニッパはsprtsモードの手振れ補正がないため流し撮りで撮る分には軽量な200-500mm f/5.6を使う方が良いことが判明

 

 特に一脚使用での流し撮りがおいらうp主は苦手だ!!!!!

(一脚直付けだょ 自由雲台やティルトなどは使用していない)

 

 

f:id:nikyon:20161021220602j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 ドライバーでヘアピンに侵入してくる角度が微妙に違う

特に縁石を流しながら絡めて撮りたかったアロンソだが、かなりの大回りで縁石と絡めてアップで撮影するということができなかった・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021220737j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ルイス・ハミルトン

 

 レタッチしていて気付いたがマクラーレンフェラーリメルセデスのマシンをよく撮っていた、 意識して狙ってたが下位チームももっと撮っておくんだった・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021220748j:plain

レッドブル・レーシング   ダニール・クビアト

 

 今年のレッドブルのマシンはつや消しマット仕様で非常に綺麗だった

 

 

f:id:nikyon:20161021221153j:plain

昨日と同じ場所は飽きたのでヘアピンの上から撮影することにした

 

 

f:id:nikyon:20161021220851j:plain

スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 上から見るマシンもかっこいい 

ってか一番速く走るためだけに生まれてきた全く無駄のないF−1マシンはどっから見てもかっこいい♬

 

f:id:nikyon:20161021221057j:plain

スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 縦構図で撮ってなかったので縦で流し撮り

 

 

f:id:nikyon:20161021221257j:plain

 メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 

 ここで予選も終了。 

ヘアピンでコースアウトするマシンが出ないで終了 w

予想が外れた・・・

 

 

 

 

 

f:id:nikyon:20161023193004j:plain

 

 さて予選の後は地味に楽しみにしていたF1日本GP前夜祭♬

去年も参加してとても楽しかった思い出のあるイベント♬

 

なんと誰でもF−1チケットで7万円以上するメインスタンドへ入ることができるのだ♬

 

 入場の列に並ぶ

レンズがクソ重いので持ってられない(爆)

一脚を出しっぱなしにしてバランスをとりながら1時間あまり待つ

 

一番奥の席に着席 ここなら超望遠を持ってても後ろに迷惑がかからないw

 

 

 

この日はヨンニッパ一本しか持ってきてなかったのでこんな写真ばかり w ↓

f:id:nikyon:20161021221300j:plain

ルノーのピット メカニックがマシンをカチヤカチヤいじくっている

 

 

f:id:nikyon:20161021221912j:plain

チェックをしている作業員

 

 

f:id:nikyon:20161021221520j:plain

トロロッソのピット  フロントウイングが外されている

 

 

f:id:nikyon:20161021221701j:plain

明日の決勝の為に眠りにつくルノーのF−1マシン

 

 

f:id:nikyon:20161021222219j:plain

 ピットの上のレストラン いい雰囲気のお二人

 

ここに入れる人は関係者なのだろう・・・ う〜むセレブリティ♬

うらやましいぜぇ〜 おいらも入りたいぜぇ〜 向こうから観客席を眺めて

 

『あはは! 人がゴミのようだ!』

 

 とか言ってみてぇぜぇ〜〜〜

 

f:id:nikyon:20161021222005j:plain

 

 フェラーリのドライバーのお二人もイベントへ来てくれました。

間近に見るF−1ドライバーには興奮する♬

ライコネンアイスマンぶりには笑った www

 

この時間GPスクエアの方にはメルセデスの二人が来ていたとか

 

f:id:nikyon:20161021221828j:plain

 明日の決勝では誰が一番上の表彰台に上がるのか? 非常にたのしみ♬

 

 

 

 

  

10月9日 F−1GP決勝

 

 さてあっという間に日曜日

 

 せっかくB2エリアで撮れるカメラマンエリアと買ったので決勝はB2エリアで撮影すると決めていた。

 

 決勝に持ってくレンズはAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRと×1.4テレコン

西コースウォーク用にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを持ってく

 

 

 友人もいるので朝一に場所取りに出向けない・・・

まぁ決勝はスタート時の集団走行だけ撮れれば良いと思ってたので観戦メインということでのんびりホテルをチェックアウトする。

 

 

 案の定B2エリアのホーム側のカメラマンエリアは満員御礼

とりあえず出向くものの係員に止められる・・・

ほんの少しスペースがあるのでそこで撮らしてと言うが通路だからダメという・・

どう見ても通路ではないのだが・・・

 

 まぁ仕方がないのでB2エリアでも2コーナー側の上段のカメラマンエリアで撮影することにする。 それでもできるだけホームに近くということで一番北側をゲットする

 

 隣のお兄ちゃんと少々お話。 

この日非常に強風で寒い!!! トイレが近い!

カメラを見ててもらいトイレに行くこと2回 w 

フォーメーションラップが始まる! (スタート前の軽く流す一周)

 

 

 ここでトラブル発生!  

カメラマンビブスを着用しない外国人親子がおいらの眼の前で撮影しはじめるw

 

ちょ! しかもホーム側を向いてるのでおいらレンズが構えられない!

 

ヌァァァァッァ!!!!   ショ〜〜〜ックぜ!!!!

 

フォーメーションラップともいえど集団走行が楽しめる熱い一周

 

 真横の係員のお兄ちゃん外国人の為にどうしたらいいのか対応できず・・・

すると下から英語の出来る係委員のおいちゃんが外国人を注意しにくる

外国人は目の前から居なくなったものの近くで英語で係委員とバトルしてる

 

 

 英語の出来る係委員と外国人がバトルしてる中、本当のF−1のバトルが始まる w

 

集中できない・・・・・・・・・

 

 

 

f:id:nikyon:20161021204045j:plain

 6万円払ってこの絵しか撮れないB2のカメラマンエリアの価値とは一体・・

 

f:id:nikyon:20161021204702j:plain

 一瞬でマシンが走り抜けていく・・・

 

 その間ずっと係委員と外国人のバトルも繰り広げられる

どうやら絶対写真を撮らせないスタイルのようだ!

徹底している 頑張れ係委員のおいちゃん!

 

 1ラップが終了すると外国人は帰って行った 

係委員のおいちゃんはお騒がせしましたと謝っておりましたがよく頑張ってくれた!

しかし本当にお騒がせだったぜw

 

 しかし人の前でいきなり撮影し始める外国人の無神経さに腹が立つ・・・

 

 

 

 さてここB2のカメラマンエリア あと撮れるのは1コーナーに突入してくるマシンのバトルである

f:id:nikyon:20161021204615j:plain

 こんな感じ  ここでは1000ミリを超える超超超望遠が必要のようだ・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021204157j:plain

 まったくパッとしない・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021204710j:plain

  6万円のチケットを買いB2エリアへ来たものの

今回撮影してみて次回来る時はヘアピン入場可の4万円弱のカメラマンエリアで十分と判断した

 

 

f:id:nikyon:20161023201900j:plain

↑こんな写真が撮れないと意味がない 

ってかこの写真はこの場所に入れるプロしか撮れない・・

アマではどんなに頑張っても撮れないのだ!!!!!!!!

 

 来年は鈴鹿サーキットのホーム正面で撮れるようなカメラマン席を是非とも設置して欲しいと思う! ってか設置してくれョォ! それでこそヘアピンとの2万の価格の差が生きるというもの

 

はっきり言ってB2入場可のカメラマンエリアの金額は高すぎる

 

 

 

 

 優勝はメルセデスAMGペトロナスF1チームの ニコ・ロズベルグ

 

去年とは逆にハミルトンを抑えて優勝した♬

 

f:id:nikyon:20161021205751j:plain

 写真は ベッテルね w 手を振ってくれてる♬

 

 ロズベルグのウイニングランを撮り忘れた w 

 

 シャンパンファイトもパブリックビューイングで見終え・

 

 

 

 西コースウォークへ🚶

 

f:id:nikyon:20161021210438j:plain

 去年はタイヤかすが珍しく拾ってたくさん持って帰ったけど結局ゴミになったので今年は拾うこともない www

 

 

f:id:nikyon:20161021210402j:plain

 鈴鹿を訪れた3日間雨予報があったもののF−1観戦中一度も降ることがなかったのは天気の神様に感謝♬

 

 決勝レース終わり頃に晴れ間が戻ってきました。

 

f:id:nikyon:20161021210912j:plain

 西コースウォークだけど今年はホームストレート手前まで歩くことができた♬

 

 サービスして手前まで来てくれた気の利くメルセデスの車

 

 

 

 やっぱとてもアツいぜ F−1グランプリ!

f:id:nikyon:20161021222123j:plain

 夢のような3日間でした

 

 

 

 

 

 

10月10日 祝日 (帰路)

 

 

2人の友人と大阪日本橋オタロードへ行く! (爆)