読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にきょんカメラ

アマチュアサンデーカメラマンの写真ブログ

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDが気になる気になる気になる気になる気になる。

レンズ

 にきょんです。

 

 

 

 

 

 

 

 真夏全開☀️ 2016夏のオリンピックも始まりました。

 

 

バッキバキに鍛え上げられた肉体を400f2.8や600f4で狙うカメラマンが羨ましすぎる今日この頃です(´ω`)♥

 

 

 撮影依頼があり、親子ポートレートを撮ってきました。

 

 真夏の野外だけど赤ん坊にも比較的やさしいと思われる早朝に撮ってきましたが・・・おいらにきょんは予想以上に汗だくになりました。

 

f:id:nikyon:20160807094634j:plain

 『・・・ こんなに暑いならお盆休み お昼なんか外を歩けないな・・・』

 

と思っておる状態です。

 

 お盆前はMAX仕事が忙しいのでいつから休みになるか全くわからないので、予定が立てられない状態・・・

 

 

 ますます出かける気が薄れてきております・・・

 

 

 車でどっか行くか・・・  しかし車外に出たら死ねる暑さ☀️ 

 そして今から宿を確保するにはもう遅い・・(夏の車中泊はおいらの車は無理ね)

 

 トンキンのコミケ90も行ってみたい! が暑さで死にそう☀️

 

 

 ま・・・ コツコツと仕事をこなすしかないようです。

  

 

 

 

 

 

 さて本題です。

 

 ニコンからAF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDというレンズが発表され気になって気になってたまらない にきょんです。

  

 

 現在うp主の単焦点レンズはAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gのみ 

 

 

 

  58mmを×1.5クロップしても87mmであるため

 

 105mmが出た時 📱  こっ! これは買いなの? そうなの???

と思ってしまいましたが沸騰してる頭を冷やし冷静に考えていきます。

 

 

 

 

 超お気に入りの58mmと同じく「三次元的ハイファイ」の設計思想を継承してて♬

 

 ピント面から遠ざかるにつれてなだらかに変化する美しいボケ味で、人物や静物などの奥行き感をより自然に描写する、大口径中望遠単焦点レンズらしいす。

 

 

 

 105ミリという画角 同じニコンにはマイクロレンズもあるょね🌼

 

 

 同じ画角で寄れてf/2.8のAF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-EDと

開放f/1.4でピント極浅の今回のAF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED

 

 同じ焦点距離の二つのレンズを自分勝手なサンデーアマチュアカメラマン的発想で考えると(´・д・`)💨

 

 前者はマイクロレンズだけに開放でもシャープな写り♬。 マイクロだけに最小絞りもF32

 後者は開放はポートレートにバッチリ😃✌な柔らかい味付けで、絞るとシャープに変化するレンズ。

 

と勝手に理解してみた。

 

 前者と後者では値段が全く違うんだけど・・・

 

 

 

 これと似たような事案があって↓

 

寄れるAF-S Micro NIKKOR 60mm f/2.8G EDと

明るいAF-S NIKKOR 58mm f/1.4Gのどちらかを買うか悩んでるようだ・・・

 

 

 うp主はコストパフォーマンスの高い60マイクロよりも58mmを買って大満足している。(絞って使う場合でもょ!)

 

 

 マイクロ60の寄って表現 VS  大口径58の絞りで表現 みたいな???

 

 

寄ってアップで撮るよりも、周りの状況がわかるように寄れなくても絞りで変化をつけて表現する方がうp主の場合は性に合っている。(よく旅行に出るからね🚋)

 

 

 

 

 

 

 ということは105mmにも同じことが言えそうな気がするのょね♥😃✌

 

 なにかとてもいい感じに撮れる気がする📷

(´ω`)♥

 

105ミリでは初のf1.4レンズだけに、このレンズのポテンシャルが今からとても気になります(°∀°)

 

 

 

 が・・・ いかんせんレンズが重いのね・

AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDは 985g  (せめて700g台にして欲しかった)

 

 しかしこのガラスの塊であるこのレンズは持ってて痺れる官能的ななにかがあるのであろう🎵

 重さしかり。 マニュアルリングのトルクしかり 82ミリの大口径なフィルターしかり。

 

持っててニヤッ😏っとなることは間違いないと思われる(´ω`)

 

 

 

 でもぉやはり985gという重さは気になる。

 

 この105Eを持って旅に出る場合🚃💨

AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRとこの105Eでお出かけしようにも、使わない片方のレンズが鞄の中で肩にのしかかるということになりそう・・・

 

 

それならAF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR使えょ! となるね www

 

 

  いや!まてょ

24mm  f/1.4と

58mm  f/1.4と

105mm f/1.4の3本で撮影に出掛けたいゎね(°∀°)⤴ 

 

とか 頭の中は妄想で止まりません🎵

 

 

 

 

 微妙なポイントとして AF-S NIKKOR 85mm f/1.4Gを ×1.2クロップすると

焦点距離が102mm f/1.4という似たようなレンズになること。

(レンズの味付けうんぬんではなく焦点距離だけのお話)

 

 ということはD810を使った場合 ×1.2クロップでは 2500万画素という十分な画素数で撮影出来てしまう・・・

 (2500万画素で 102mm f/1.4になるね。)

 

この場合 D5の2000万画素でAF-S NIKKOR 105mm f/1.4E EDを使った場合より画素数が多い ww

 

 

 まぁこのお話は 105Eの売りの三次元ハイファイの話は抜きにしてるけどね。

 

 

 

 105mmをクロップすると

 

×1.2で126mm f/1.4   

×1.5で157mm f/1.4

で使えちゃうょね。 

 

 口コミで135mmが欲しかったというコメントが多かったけど、少し短いけど

D810なら×1.2で126mm f/1.4としてガンガン使えそうです。

 (うp主はD810を持ってないから妄想のお話)

 

 

 

  しかし重さ的に105Eは普段に持ち歩きはできそうにないレンズであるなぁ・・・

 でも使ってみたいなぁ(´ω`)📷

f:id:nikyon:20160807094552j:plain

AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED (マイクロね)

 

 

まだまだセミの声が賑やかな季節が続きます。