読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にきょんカメラ

アマチュアサンデーカメラマンの写真ブログ

D5とD810

カメラ

にきょんです。

 

 

 

 

 

 

 D810を4日間ほど相棒から借り受け使ってみました♬

 

f:id:nikyon:20160723210625j:image

 
 その中で使ったのは2日なのでかなりざっくりです〜けども😖

 D5との使い心地はいかに?!?!?!?!?!?!😙

f:id:nikyon:20160723210657j:image
正面  左 D810  右 D5
 
①軍幹部が全く違います。 
 
②あとここまでくると重量はどちらもほぼ同じ(重さ計るの忘れた。)1400g位
 
③握り心地。 
 相棒のD810はバッテリーグリップ付きなのだがこのD810のバッテリーグリップ、純正なのだが画像右端のバッテリーグリップ部分が出っ張っているため、握ると右手小指のつけねが押し出されて違和感MAX! 握りにくい!!!
 D5は一体型でありとても握りやすい。
 
④縦構図での握り心地。
 これは逆にD810の方が指の掛かりが深くて握りやすい。
 D5は浅くて握りにくい。
 
⑤シャッター音
 D810・・・・・・ 大人しすぎ・・・ それが良いという人もおられる。
 ペコチャ・・ って感じ。
 D5  熱いシャッター音! 撮りたくなる衝動MAX!!!
 ガシャッ!  って感じ。
 
 
  背面  左 D810  右 D5
f:id:nikyon:20160723210710j:image
⑥地味にD810のバッテリーグリップ付きの方が大きいのね。
 
⑦D5の独立してるAF-ONボタンは押しやすい。(サブセレクターもナイス)
 
⑧D810のバッテリーグリップは企画がひと回り大きいのでわ???
 
⑨D810のライブビューでの拡大してのピント合わせは3600万画素ならではの正確さ。
 D5の2000万画素ではLVで拡大してもD810より合わせにくかった。
 
⑩周辺AFポイント使用時 D810はピンが来にくい・・・
 D5はさすがクロスセンサーで周辺は安心。
 でも一緒に借りたシグマ35mm art  f/1.4のレンズでは両機とも左端はピンが来なかった。 (中央と右端は正確)
 これはレンズの問題であろう。
 
(11) 光学ファインダーのペンタプリズムはどちらも明るく鮮明だった♬
 
 
番外編 左 D810  右 D600
f:id:nikyon:20160723210953j:image
 
(12) ひと回り小さいD600&バッテリーグリップ。
     (うp主にきょんはこれが握りやすい。)
 
(13) D600(D610)黄ばんでるペンタプリズムの光学ファインダー。
 
(14) やっぱニコンは丸窓アイピースだな!!!!!
 
あっ (15)D5の3.2型の236万ドットの背面液晶は鮮明で見やすい♬
 
 
 
 
 D810はバッテリーグリップつけると握りにくいので付けないで撮影に行きました。が 24−70 f/2.8や70−200 f/2.8の時はグリップあった方がいい。
 
 
 D810は画質はともかくシャッター音が・・・・
超個人的に次出るD810後継はウルサイシャッター音モードと静音シャッターモードの切り替えなど採用してくれるとうれしいかも www
 やはり気持ちの良いシャッター音は重要である!
 
 
 ダイナミックレンジは、やはり言われてる通り低画素ならD810の方が粘るという結論です。 (おいらは はっきり言って気になりません)
 
 
  D810の高画素機で手ぶれが気になると言われますが、そもそもD5の2000万画素でもよく手ぶれしてる w うp主にきょんには問題ありませんwww
それでもSSの目安は焦点距離×2倍にしてるんだけどね wwwww
 
 
 
 
 使ったのがたった2日だけなのであまり詳しく書けませんがこんなところ
 
 D810を借りてきて3600万画素の世界に痺れてしまったらどうしようか?と思いましたが。 手持ち撮影が多いうP主にはなんにしてもやっぱD5最高だな! w という結論に達しました 
 
 ちまたで言われている通り。大げさに言うと
D810は広いダイナミックレンジを生かし三脚設置で低ISOで風景等。
D5は熱い高感度性能を生かし室内スポーツなど高速連写。
 
でいいと思います。 2台あれば使い分けれて最高なんだろうけども〜♬
 
 
 
 
 持ってないから うp主にきょんは D5で全部撮ります・・・📷 
 
 
 
 
 
 次回は うp主にきょんが地味に気になってた。
AF-S NIKKOR 35mm f/1.4GとシグマART 35mm f/1.4のボケ対決の巻。