にきょんカメラ

アマチュアサンデーカメラマンの写真ブログ

宮之浦岳に登る

 

  にきょんです。?  四日目

 
 
 
 
 
 
  淀川登山口で車中泊をして駐車場を確保? 
 
 GWということもあろうか、前日の19時頃到着したのにもかかわらず、すでに3台ほど先客がおられた (・◎・)
 
 今日はゆっくり登山を開始しようかと思っていると。朝の5時頃からタクシーがバンバン到着する\(゜ロ\)
 ガザゴゾガザゴゾ バンバン!と音が聞こえてきて もはやゆっくり寝られる雰囲気ではない(´Д`)?  しかも標高1300m付近だから車の中でも地味に寒い(´・д・`)
 
 仕方ない・・出発するか?➰?
 
 かちこちに冷えたコンビニの(2日前の)まだ残っていたおにぎり?を食べ いざ出発!
 
 
 空は少し明るくなってきてるようだがヘッデン(ヘッドライト)をつけてないとなにも見えないのでやはり前日と同様真っ暗の中を進む。
 
 今日はがっつり登山のため D5はお留守番。
D610とAF-S NIKKOR 18-35mm f/3.5-4.5G EDとリュックの中に70-200mm f/2.8のナナニッパを入れて登る。
 
  一昨日と昨日2日続けて長時間のトレッキングをしているので足がとても筋肉痛でペースが全く上がらない・・・・ 
 
 今回は景色を眺めながらゆっくり行くとする?
 
 天気にも恵まれ快晴である。
実は屋久島に上陸した時にみた週間天気ではこの日は曇りだったのだが、曇りでも宮ノ浦岳は100名山だから登ろうと思ってたので 
 別に天気の良い時に登る必要のない縄文杉&ウィルソン株&白谷雲水峡ルートをどうしても先に見ておきたくて天気の良い時に観光したのだが、結果どちらも晴れて良かった(´ω`)♥ さすが俺♥(´ω`)♥(爆)
 
 
 出発して1時間あまりだっただろうか? 
淀川小屋に到着。そこの橋から見えた淀川は屈指の透明度を誇るらしいが本当にとても澄んでいたょ

f:id:nikyon:20160519191715j:plain

  えっちらおっちらのんびり進む。
 
 
 高盤岳展望台から見える山頂のトーフ岩 ぜひ冷奴で食べてみたい。

f:id:nikyon:20160519191611j:plain

山頂の岩の大きさと立ち枯れしてる木の大きさとを比べてみてほしい。どれだけ巨大な岩か見当がつくと思う(´・д・`)
 
 

f:id:nikyon:20160522174713j:plain

 途中開けた場所に出る。朝日がとても眩しぃょ  パノラマ写真。

 

f:id:nikyon:20160522174725j:plain

  自然100%♬ ネイチャーである。
 
 

  小花之江河

f:id:nikyon:20160519192033j:plain

天然の日本庭園と言われるだけあり なんかお金持ちの庭を見ているようだょ!

 

 

花之江河 (はなのえごう)

f:id:nikyon:20160519192328j:plain

 日本最南端に位置する高層湿原。 ここは曇ってる方が雰囲気いいかも。

 

 

 ここから投石岩屋を越え安房岳、翁岳を横目に栗生岳へ 

f:id:nikyon:20160519192505j:plain

 前日 縄文杉のトロッコ道から見た翁岳 (左端)

登りたかったのだが、ルートがわからず断念・・・

画面中央の道の分岐からうっすら翁岳に直登するルートが見えるのでそこなのだろう。

しかし誰も登っていない・・

 世界自然遺産に登録されてるので・・・荒らすわけにはいかない・・・

 

 この山、実は不人気らしく 登る人が少ないらしい。

後々聞いた話では登るのはOK。 最後の岩が普通の人には登れる人と登れない人が分かれるとのこと。

なので登る人が限られ落ちたら危険なので一般登山ピープルには人気がなく道が笹に埋もれてルートがわからなくなるのだろう・・・

 また屋久島に行った時には是非ともチャレンジしたい山である。

 

 

f:id:nikyon:20160519192518j:plain

  翁岳 かっこいい。 (中央左)

確かに最後の岩は難しそうだ。(ロッククライミングには熱いらしい)

 

 

 

 10時ごろ九州最高峰の宮之浦岳登頂(1936m)

f:id:nikyon:20160522174728j:plain

  快晴♬ 登山日和だった?  永田岳方面 パノラマ写真

山頂からの景色で水平線が見え 少し弧を描く水平線を見て、地球は丸いんだなと実感出来た?。

 

 

f:id:nikyon:20160519192915j:plain

 宮之浦岳山頂から見た永田岳 

ヤクザサの海で緑に覆われとても綺麗だった。

 

今回登山に関して全く無知の状態で登山したのでこんな素敵な景色が待ってるなんて思っていなくてとても感動したょ? (行き当たりばったりの旅も熱いね!)

 

f:id:nikyon:20160519193305j:plain

 永田岳山頂部分 岩と緑の世界

北アルプス剱岳が岩の殿堂と言われるのなら こちらは緑と岩の殿堂だろうか?

岩の大きさが相変わらずでかい。 (緑の木々と比べてみて?)

 

 

 

f:id:nikyon:20160519193228j:plain

 ヤクザサの海

 

 

1時間ばかり 昼食をとり、のんびり景色を満喫して下山開始

 

f:id:nikyon:20160519193541j:plain

  こんな最高の天気の中を登山出来て幸せだった。

 

 

そういや 綺麗な永田岳は撮ったけど、宮之浦岳撮ってないな・・・と思い

黒味岳の方面からは見えるはずと思い少し寄り道 (事前調べ0だからね)

 

 

 思いの外 急登でロープを握りながら登山 www 聞いてないょ〜汗だくだょ〜!

f:id:nikyon:20160519193713j:plain

 黒味岳山頂からやっぱ見えた? 登ってきた甲斐がありました。

 

左から 永田岳    宮之浦岳     安房岳    投石岳

f:id:nikyon:20160522174902j:plain

 

 

 この山頂は 下の投石岩屋から見ると  ↓ (右上の岩が山頂の黒味岳)

f:id:nikyon:20160522184549j:plain

アップすると

f:id:nikyon:20160522185031j:plain非常に大きな岩なのである。

 

 

 逆に山頂から投石岩屋を撮ると

f:id:nikyon:20160522175840j:plain

 左下の岩が休憩所の投石岩屋 米粒みたいに人がたくさんいるのがわかる???

 

 

で 黒味岳山頂から花之江河を撮ると

f:id:nikyon:20160522174738j:plain

 こんな感じ ポツンと湿原があるの (画像中央左)

 

 

 ここでも景色を見てまったり過ごしました。 天気が良いって素晴らしい!

 

f:id:nikyon:20160519194718j:plain

  淀川小屋に到着 川に入ってる娘がいたのでおいらも下に降りる。

 

靴下を脱ぎ足だけ水に浸ける。  ちょ〜気持ちイィ? 

 

で 少しおね〜ちゃんとおしゃべり。 

栃木出身で茨城に住んでるとか 飛行機で来たとか おいらは車で来たんだぜ?

とか おね〜ちゃんは帰りのバスがもうないためテン泊するとのこと。

おいらも実はテン泊したかったんだけどリュックが間に合わなかったとか

たわいもない話をして満喫。

 

 やっぱ旅にはふれあいも大事だなと実感。

f:id:nikyon:20160519195041j:plain

午後4時すぎくらいに淀川登山口に帰ってきました。

11時間も山にこもってたのか・・・ この三日間山にこもりまくりだな

 

 明日は100%の雨予報なので 車で島内一周ドライブだなと思い安房集落まで下山

 

家を出発してからの今日までの4日間 まともなものを食ってないので、さすがに飲食店に寄ろうと検索。

 

 屋久どん というお店がヒットしたので 丼ものだな! がっつり食ってやろうと思い訪れると・・・ うどんのどんだった・・・ ほぼうどんメニューのみ www

後から調べると 名産のトビウオを出汁にしたうどんだとか。

 

うどんは讃岐うどんだろうぅわぃ! と思っているうp主のにきょんは唯一うどんでないメニューを発見! それは チキン南蛮カレー www

 

なにそれ? 屋久島関係ね〜

と思いながら 登山で疲れてて塩を大量に摂取もしたいし うどん食べたくないし

しかたなくチキン南蛮カレーを注文。

 

 

 うむ! めちゃうまい!!!!!! (爆) 

 

 

チキン南蛮とカレー めちゃ合います!?

 

 

 

次回は屋久島の旅 最終回で 5日目 6日目 7日目まとめて更新の巻〜