読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にきょんカメラ

アマチュアサンデーカメラマンの写真ブログ

白谷雲水峡へ行く

写真

 

 にきょんです。

 
 
 
 
 
 2日目  4月30日の朝5時頃起床
 
 鹿児島は暖かく車の中でも薄い寝袋で寝れた(´ω`)♥
 
 
 フェリー屋久島2の出航時刻は8時30分
 
 GWで混雑するので出航の1時間前には手続き完了しておいてくれとフェリーの予約の時に言われてたのだが、まだ時間があるので桜島をドライブ📷
 

 

 桜島フェリーもあるものの 霧島経由でぐるっと🌀回って鹿児島に向かう🚗
 
 
 とりあえずこの日と明日の分の食料をコンビニで買う。 あと屋久島はガソリンが高いらしいから鹿児島市内で満タンにしておく👍
 
 
  1時間前に無事港に到着していざ屋久島へ!🌁🚢🌁
 
 屋久島到着は午後12時30分 
およそ4時間の船旅である。
 
 この日は暖かく 外でずっと海を見てた👧 
 ↓ 桜島

f:id:nikyon:20160510210900j:plain

 旅してるぜぇ~(°∀°)⤴ 気分満々である
 
 
 
いろいろな渦ができるので観察 地味に飽きない w 海の色がきれいである。

f:id:nikyon:20160510211224j:plain

 

 
 
 航海の途中、霞んだ海の向こうに噴煙をあげる薩摩硫黄島が微かに見える🌋

f:id:nikyon:20160510210913j:plain

 
 屋久島に着いたら我先に白谷雲水峡の駐車場を目指して車を駐車したいので 昼食を食べておかないとと思いフェリーの食堂へ🍴
 
 
 メニューはうどん🍜とおにぎり🍙しかなかったと思う・・
 
 きつねうどんを注文 480円・・ 高いょ・・
しかし船の中だから仕方ない。
 
 
 
 そうしてると見えてきました。

f:id:nikyon:20160510211844j:plain

 洋上のアルプスこと屋久島🗻
しかし曇ってて山はあまり見えません。
 
 
 
 
  無事屋久島へ上陸!
 
 一気にマイカーで白谷雲水峡へ向かいます
🚗💨💨
 
 途中 新緑が綺麗でたまらず撮影📷
上陸拠点の宮之浦港が見えます。

f:id:nikyon:20160510211929j:plain

 
 

 

 白谷雲水峡は連休ということもあり路上駐車も多々ありますが、とりあえず朝から来てる人たちは帰ってて空いてるかな?と一番奥の駐車場を目指す。
 
 
  無事一番奥の駐車場へ駐車🅿🚗 二、三台空いてた♬
なぜ駐車場にちゃんと止めたかったかというとこの日は山小屋泊予定であるからちゃんと駐車しておきたかったのである。
 
 
 13時30分頃 白谷雲水峡へ300円を払い受付のおいちゃんに明日帰ってくると伝え入場👛
 
 
 
 今回持って行くカメラとレンズは、D5とAF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDと
AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRである。
 
  登山リュックと、あとこないだ買ったロープロのバッグを胸の前につけて出発!
 
 歩き始めて早々ロープロのバッグの肩紐が肩に食い込みやがり痛いので結局バッグの後ろに付けたwww これは後でパッドを付けるとかどうにかしないといけない。

f:id:nikyon:20160510212313j:plain

 
 ロープロの鞄に1キロを超えるレンズを入れてるので若干後ろに引っ張られる感じがするwww
 
 しかし今回の白谷雲水峡&ウィルソン株&縄文杉はD5で撮りたい! 
とのことで後悔せずに先に進む。
 

f:id:nikyon:20160510212508j:plain

 雰囲気満点である♬
 
 こんな雰囲気のいい場所は白谷雲水峡でも数ある訳でなく限られた場所限定である。
 

f:id:nikyon:20160510212321j:plain

 昭和に切られた巨大な株であろうか? チェーンソーで切られた箇所がたくさん・・

とても痛々しい・・・  

 

 屋久杉は成長が遅く、成長が遅い分土に帰るのも遅いらしい。

 

 

f:id:nikyon:20160510212517j:plain

  三本杉 (説明するのが面倒くさい ググってみてね w )

 

f:id:nikyon:20160510214127j:plain

  大きい木がゴロゴロある。 

 

 それ以上に切られて放置された木や台風などで折れた木が多く見られた。

f:id:nikyon:20160510214518j:plain

 苔の世界

 

f:id:nikyon:20160510214942j:plain

 全てが苔に覆われている。

 

f:id:nikyon:20160510215335j:plain

 木が倒れた後にその上で育った木が大きくなり、倒れた昔の木が腐ってなくなると、こんな株更新とかいう根がむき出しの形状になるらしい。

 

f:id:nikyon:20160510220752j:plain

  人間が余裕で入れる株の中。 本当に大きい木だったのだろう。 

 

f:id:nikyon:20160510215349j:plain

 夕方になり斜めからの太陽になると日差しが森の中には届きにくい。

 

f:id:nikyon:20160510215418j:plain

 こんなところを散策する♬ 空気がとても澄んでる。

 

 

 

本日泊まる白谷山荘へ到着🏠 う〜む・・・ 雰囲気が怖い。

f:id:nikyon:20160510215646j:plain

  というのも ここに泊まろうとして白谷山荘を検索した時に

『白谷山荘 幽霊』 というキーワードが出た

 

 まぢやめてほしい (爆) 

 

 読むと怖くなるから読まなかったけどね www

 

 

 

 

 そして 荷物をデポして マット&シュラフをセッティングして本日のメインスポットへ!

 

f:id:nikyon:20160510220416j:plain

 白谷雲水峡 苔むす森

 

 これです。 本日はこれを見に来たんです。 👀

 

 う〜む 良かった。 この写真はあくまでにきょんの記憶色で色付けしてあるので、 実際本物を見たときは味気ないかもしれない。

 

 観光客が全く居ない時間帯に訪れたら、もののけ姫のあのカラカラカラカラいうやつが聞こえたかもしれない。 

あいにく人類は少なかったけど3人ほど居た。

 

 屋久島の自然を満喫するにはやはり一人が良い。 明日の縄文杉へ行くのはやはり早い時間に出発しようと心に決めたのだった。

 

 

 その後 最近熱いと言われる 太鼓岩へ

f:id:nikyon:20160510220504j:plain

  LRでパノラマ合成。

 

 太鼓岩での写真を見てもわかるようにだいぶ日が傾いてきたので白谷山荘へ戻る。

 

 

 この後 白谷山荘で夕食を食べる。  

 にきょんはコンビニのおにぎりだけど、この日同じく宿泊する人が8名ほどいて みんなコンロでお湯を沸かしてα米とか、袋麺や缶詰等駆使して美味しそうに調理していた。

 

 いいなぁ そんなのも楽しみの一つだよな・・・ うp主の30リットルリュックではとてもじゃないけどシュラフとマットとカッパも入れてるから、そんな機具等は入れられないのでやっぱ70リットルくらいのリュックは欲しいな。 

 

 実際、屋久島上陸の計画時にリュックを調べたのだが、欲しいリュックはあいにく田舎には在庫がなかったのである。 なので仕方なく山小屋泊という選択になった。

 

 

 あとこの日の8名はみんな良い人たちなのは間違いなかったけど みんな遠慮がちで一つのテーブルを囲んで食事したんだけど お通夜のようだった www

 

 やっぱ盛り上げる人がいるとこんな場所も違うのになと思ったが、自分にはそんな器量はないので 早々に明日4時に出発するので朝一うるさいかもしれませんと伝言だけ残して就寝しました。 が、耳栓をしているにもかかわらずみんなのイビキが豪快で全く寝れなかったょ (爆)

 

 

 

 次回は ウィルソン株&縄文杉を目指すの巻