にきょんカメラ

アマチュアサンデーカメラマンの写真ブログ

27インチ 5kディスプレイで写真のレタッチ作業

にきょんです。




 27インチの iMac 5k Retinaディスプレイに変更したことで今まで見えてない部分が見えるようになってきました(°∀°)?


 以前使っていたうp主のパソコンは
5年前のノートパソコン?である。

  ノートパソコンでライトルームやニコンCNX-2等を使って写真をレタッチしていたのだが、モニターの液晶の色とプリントした色が全然違う為 本当の色が解らなくて 今まで写真をほとんどプリントしてきていない。

 それはもったいないなぁ(´Д`)
と思っていた?


 iMac 27インチのRetinaディスプレイはsRGBに対応してる為(それより25%広い3P) 

 モニターの色とプリントした色がほぼ同じになった(´ω`)♥ (A4プリント3枚してきたょ)


 で過去の写真は 液晶のモニターの光度がハンパないノートパソコンでレタッチしているため 新しい27インチのディスプレイで見るとヒドイ写真もある(´Д`)



 やり直す! (°∀°)



しかし今までの莫大な量の写真をか?(´Д`)

といっても先日RAWの画像データをすべて吹っ飛ばしたので お気に入りのJPEG画像しか残っていないのだが...(爆)

写真が劣化するのを承知でJPEGデータだけをレタッチしていく?



 すると今まで見えていなかった部分が何ヵ所も出てきた(´Д`)

これは古いノートパソコンから27インチの大型のsRGB対応ディスプレイに変更して うp主の思ったお話である。

もちろんレタッチ作業は新しいパソコンで処理も快適にサクサク動く?




①  sRGB対応ディスプレイだと ディスプレイの色が信用できる?
 
 チタムラにプリントにも安心して出せる?



②  大型のディスプレイになると ビル?などのパースやら 湾曲がとても気になりだす。
 なので補整するようにな~る?

 色まで小型ノートパソコンや 大伸ばしプリントしてないから 気にならなかった部分だね




③ 収差が見えるようになる。

特に等倍表示したときとか良く見えるょ。

 今まで 収差? なにそれおいしいの?レベルであったうp主が 収差を確認できるようになったょ!(°∀°) 
(もちろん収差の種類まではわからないょ)

てかおいらのノートパソコンでは表示できないレベルだったのね。




④ 昔のレタッチした写真は信用できない。

 これは特に極度のレタッチをした場合に ブラシが塗られてなかったのか?
 正確に色が表示出来ていなかったのか?
まったく別な色が混じっていることがある(爆)

 それくらいノートパソコンのモニターが終わっていたのだろぅ...

 大型のディスプレイ&sRGB対応モニターで見ると良くわかるのである(´Д`)




⑤ 大きい画面は気持ちいい(´ω`)♥
すっ...すっごぃょ!!!! 





 結論は

 写真レタッチを趣味で生き甲斐にするのであれば大きなディスプレイで 

 特に重要なのはsRGB対応か、それ以上のadobeRGB対応ディスプレイを用意すると、快適にカメラライフを送れるということです  ?(´ω`)?





あとiMacからおいらのAndroid携帯にはUSBを繋いでも反応しないため (´Д`)
 またパソコンと悪戦苦闘しなくてゎ...


f:id:nikyon:20160127125415j:image