にきょんカメラ

アマチュアサンデーカメラマンの写真ブログ

ニコンAPS-C フラッグシップは出るのか?

にきょんです。




 つい先ほど にきょんがよく徘徊している
チャメラのチタムラ中古ネットショップで
気になる数字を発見!\(゜ロ\)


キヤノンのAPS-Cフラッグシップの7DM2の中古がすでに35台以上......

まだ発売から1年たたないモデルなのに😱
そして5年近くは新しいモデルが出ないと噂されるカメラ......なぜだ?

 ニコンからはD300S以降APS-Cフラッグシップは不在
(現在の一番高額のD7200はAPS-C上位機種という存在らしい、あくまでフラッグシップではない。)

動体ものの撮影(主に撮鉄さんや飛行機やさん)
D810でバッテリーグリップを付けてAPS-Cの画角にクロップして連写秒7達成したから ニコンのAPS-Cフラッグシップが出るのを諦めD810でクロップして使う人がニコン所有者には多いらしいとの話
D810でAPS-C画角にして撮影しても
1600万画素もある。 
 
あと連写はニコワンが現在無敵😱

ニコワンの1インチセンサーでD800クラスのボディの操作しやすいカメラが出たら にきょんは痺れる!\(゜ロ\)



 中古で7DM2がこんなに、出てるということは ニコンはAPS-Cフラッグシップを開発してるという声を聞くもののこの結果から出さないのかも知れないかもしれないような気もするような気もする😱


 APS-Cフラッグシップの、話題でよくデヂカメインフォや価格ドットキョムなどで盛り上がるけど 一部のコアなファンが盛り上がるだけで
 普通の大多数を占める一般ユーザーは写真は綺麗に撮れたらいいだけで連写性能やオートフォーカスの食いつきなどそんなに気にしないのかもしれない😰

 なので7DM2すでにこんなに中古が出てるということは とりあえず買ったものの大きく使いこなせずミラーレスや軽量一眼レフに移ったのか?!?

フラッグシップという概念は現在一眼レフならどれだけ連写が速いかで決められるような傾向にある。



連写性能に長けているAPS-Cフラッグシップは実はかなりニッチな商品なのかもしれない。

(追記)
しかし2016年1月6日
ニコンのDXフラッグシップ! 
D500がスーパーてんこ盛り満載でデビュー!

予想はずれた~😨 
てかまぢすげ~D500(´ω`)♥