読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

にきょんカメラ

アマチュアサンデーカメラマンの写真ブログ

AF-S NIKKOR 28-300mmf3.5-5.6 ED VRを選ぶ

レンズ

にきょんです。



 D600を買うからには標準ズームレンズを買わなくてはということでネットから情報を集め脳が痛くなるまで、当時考え抜いた思い出です。


 純正ニッコールレンズからフルサイズFX用の標準ズームを選ぼうとしたら大体この4本があげられると思います。



1本目

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR フルサイズ対応

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR フルサイズ対応

465gと軽量でキットレンズにもお馴染みの手ぶれ補正付きの3倍ズームレンズ。


2本目

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR フルサイズ対応

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR フルサイズ対応

ナノクリスタルコート採用で開放f値4とニコン小三元レンズの一つ

前者に比べ少し望遠に強い、手ぶれ補正付きの5倍標準ズーム710g


画質は値段の割には評価が低い・・・


3本目

Nikon 高倍率ズームレンズ AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR フルサイズ対応

Nikon 高倍率ズームレンズ AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR フルサイズ対応

便利ズームと言われる10.7倍の高倍率

レンズ交換の手間を省きチャンスに強い

しかも画質は悪くないと評判♪手ぶれ補正付き800g


広角端が28㎜からというのが泣き所・・・


4本目

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED フルサイズ対応

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED フルサイズ対応

ニコン大三元レンズの一本

オートフォーカススピード が爆速で、手ぶれ補正が付いてなくf2.8通しという大口径レンズの為高額で重さも900gと気合いの入った男レンズ


しかし他の大三元の14-24f2.8や70-200f2.8が評価が高すぎる為に霞んでいる存在

そして画質が改善されてなおかつ手ぶれ補正付きがリニューアルされると当時から噂があった。




 金額で24-70f2.8は断念

そのなかで24~120 か28~300の2つに絞り

広角側の24ミリをとるのか

120~300ミリの望遠側をとるのか・・・

自分は望遠レンズでの背景圧縮効果のある写真が好きなので後者を選びました♪


そもそもフルサイズに便利ズームなんて

APS-Cのままでいいじゃんとのコメントを読んで胸に痛いくらい刺さった・・・

でもフルサイズ→それは画質優先→でも便利ズームは便利♪→APSでいいじゃん→フルサイズ欲しい→それは画質優先→でも便利ズームは便利→APSで・・・


途中下車させてください(。>д<)ハァハァ


でも買ってから気付いたんだけど風景撮るには28ミリじゃ狭い! 24ミリ欲しいなってことも結構あったのね(笑)


なのでしばらくは

D600で28-300の標準望遠をカバー

D5100のシグマ8-16で広角をカバー

なんか広角に強いフルサイズで望遠

望遠に強いAPSで広角をカバーというチグハグなシステムが完成しました。

 

 現在はこの広角も28-300もドナドナされて逝きました。

 結局新しいモデルが出るとの情報を見たんですけども我慢できずに待てずに買ってしまいました↓

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED フルサイズ対応

その話はまた今度。



f:id:nikyon:20150227210630j:image

D600 28-300mm撮影