にきょんカメラ

アマチュアサンデーカメラマンの写真ブログ

標準ズームレンズを考える (ニコンFマウント用)

   にきょんです。

 

 

 

 

 

 

 

 最近仕事が鬼忙しく写真を撮りに行く時間がないので レンズの事を考えて生きております。

 

  初回は標準ズームレンズについて📷

 

 いろいろレンズをつかってきた、うp主にきょんが勝手に独断と偏見で書いて行きます。

 

 標準ズームレンズは非常に種類も多くて脳が腐りそうになるくらい悩む圧倒的に使用頻度が高い重要レンズ! 

 

 ほぼ9割の方々が始めに買うカメラセットに付いてくるレンズ  そう  あれです(爆)

 

 

 FX(フルサイズ)カメラを買おうとしてる人はDX(APS-C)カメラやマイクロフォーサーズを使ってきてて だいたいそれに始めからついてたレンズを使ってきたはずなのょね📷

 

 

 あとニッコールレンズのカタログを見てもわかるように 交換レンズはFX用が多いんだけど 便利ズームだけは圧倒的にDX用が多い(爆)

 

 これはDX(APS-C)のカメラを使う方々は18-300の高倍率の便利ズーム1本で上等!交換なんてめんどくせーよ!派が多い為と思われる

(決めつけてごぉめんねぇ(´・ω・`)💦)

 

 ファミリー機種が多いDXカメラなのでこの辺は仕方がないよね(´・ω・`)

 

 

FXレンズとなると 値段が高くなるものの周辺画質&明るさ等 マニアを満足させてくれる製品がラインナップされてる😍

 

 

  ということでニコンFマウントのFX用標準ズーム&高倍率ズームを考えていきます💡

 

 

 FX用の純正標準ズームレンズは実は種類が思ったより少ないのね(´・ω・`)💦

でも非常に考えて作られております。

各社サードパーティ製のレンズも候補に入れるとこんなにあります♬ ⬇️

 

 

 2017年 1月現在 

 

① AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

② AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

③ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

④ AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

⑤ AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM

TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD

TAMRON 24-70mm F/2.8 Di VC USD

⑩ Tokina AF-X 24-70mm F2.8 PRO FX

 

他 AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF

 SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM

 TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical 【IF】MACRO

 

古いレンズならまだまだあるもののこれくらいにしておきます。

 

 

 

 

 では①から順番に行きます

 

 

 ① AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

Nikon 標準ズームレンズAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR フルサイズ対応

 

安心安定のニコン純正レンズ

標準ズームでは最高峰の写り、手ぶれ補正が付き、特に1/70~1/8くらいのSS域では安定感が向上❤ 

 

 ボケの表現もフルサイズでF2.8ということでテレ端の70㎜で最短撮影しても十分ボケる・・・むしろボケすぎたりする(爆)

 

 この画質で満足できないなら単焦点レンズを買いなさいレベル(周辺画質&ボケの綺麗さは単焦点レンズにはかてましぇん!)

 

 ズームはズームということであるが、うp主にきょんのナンバーワンの使用頻度であるレンズで、爆速AFということもあり使用時のストレスは皆無(^ω^)❤

 

 しかし鞄にしまったときは1070グラムという漬物石に変わる・・・

 FX用(フルサイズ)のレンズはセンサーが大きい為 重くなるのは仕方がないものの700グラム強くらいまでにおさめてほしいところ。

 

 あと標準ズームにしては銅筒が長くフードも長い為望遠レンズのように見られがちなのでイベント時に少しだけ困る😓

 

 

良い点 

 画質はズーム最高峰

 F2.8通しの大口径ならではのボケ表現が可能

 爆速オートフォーカス

 手ぶれ補正付き♪

 ズーム時に銅鏡が伸び縮みするもののフードに隠れてわからない為、とてもスタイリッシュ! (クール🆒だぜ!)

 暗くなってもとりあえず撮れる安心感♪

 ナノクリスタルコートので逆光に強い

 

悪い点

 高額 

 重い (1070g)

 大きい

 

人により意見が分かれる点

 長い 

3倍ズームなのでちょいと物足りない

(明るさ&画質優先!の為仕方ないのよ)

フードつけたレンズ姿がカッコいい!

 

 

最新の大口径手ぶれ補正付きの標準ズームならこれ一択 

 

 

 

 

 

 

② AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED フルサイズ対応

 

 ①のレンズのひと昔前のモデル

 

もう細かいこと言わずにバッサリ言ってしまうと ①の手ぶれ補正が付いていないモデルと言い切ってみよう

 

 それでも満足されない方達に細かく言うと①より連写時の露出の安定やAF精度が違うらしい(らしい)ょ

 AF速度は微々たるもんだけど①の方が速いよ! 

 

 まあ はっきりいって比べないとわからないレベルだから やっぱ①の手ぶれ補正が付いて無い少し軽めの昔の大口径標準ズームレンズの認識😉

 でいいょ(爆)

 

 

 うp主も昔使ってたけど このレンズ最高だったょ♪

 

 

 良い点

 前モデルの為中古品が比較的有り 12万前後で買える 

画質もAF速度も精度も非常に素晴らしい

F2.8通しの純正大口径標準ズーム!

 

 

悪い点

 重い (900g)

 大きい

 F2.8と明るいものの薄暗くなると三脚は必要

 

 

人により意見が分かれる点

手ぶれ補正が無い

3倍ズームなので少し物足りない

 

 

 手ぶれ補正にこだわらなければ非常に買いのオススメレンズである!!

 

 

 

 

 

 

③ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

 

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR フルサイズ対応

 

 旅してると痒い所に手が届く100~120㎜の焦点域が使える非常に便利な5倍ズームレンズ♪

 

 開放F4通しでこれ1本で良いんぢゃね?と思わせてくれるレンズ

 

 

しかし欠点も地味に多かったりする

F4が使えても少し甘かったり四隅の画質が少し物足りなかったり(爆)

建物を撮ると水平が歪んでたり(笑)

まあ後でソフトで編集出来るんだけど

 

便利なんだけど その分わがままっぷりも可愛いもんですが存在します✨

 

 

 良い点

 非常に熱い焦点距離の標準ズームレンズ

24-120㎜はニコンだけ!♪他は24-105㎜

 

 手ぶれ補正付き

焦点距離が長くなる分、付いてると安心!)

 

比較的中古なら買いやすい

6万円前後 

 

これ1本でどうにかなる気がする!旅に最適♬

そして比較的軽い710グラム

 

 

悪い点

 

 歪みが酷い(笑)

24ミリのワイド端で撮ったのに歪み補正を入れると明らかに28ミリとかそういう焦点距離で撮ったような縮み方をする(爆)

 

開放F4の為ボケがうるさくなりがち・・・

ナノクリスタルコートを使ってる割に逆光に弱め 

 

 

人により意見が分かれる点

 

 開放F4通しだけど絞って使わないと四隅の画質が悪い

うp主は雰囲気で写真を見るため周辺画質などまったく気にならん人種である

たまに等倍で見て ふ~ん😁というレベルです

 

 

 

 

 

 

④ AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

 

 

Nikon 高倍率ズームレンズ AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR フルサイズ対応

 

 10倍の高倍率ズームなので標準ズームレンズの項目に入れるのはどうかと思うが 初めの1本に購入する際③のレンズと迷われる方が多い為いれてみた。実際うp主もその1人だったょ(爆)

 

 このレンズに写りを求めてはいけないと思われるが実際良く写ったりする評価の高いレンズ♬

 良く写るとの評判の為、上の③のレンズと比べて焦点距離が長い分、お買い得との声が多い

 

 うp主にきょんはこの③と④のレンズが防湿庫にあるので ファインダーの覗いた時の明るさとか違うのかな?と思ったけど、同じカメラに交互に取り付けて比べてみたが違いがわからなかった(笑)

 

 では③と何が決定的に違うのかというと焦点距離である

室内で撮影してみたが24mmと28mmではかなり写る範囲が違ったりする

(屋外でも28mmスタートというのは地味に狭い)

 

120mm〜300mmの焦点距離はこのレンズの独壇場である。

 

 FXフルサイズカメラを買って金欠にてレンズに投資するマネー💵が無い方はこのレンズ一択であろう (うp主も最初このレンズを買った!)

 

 ただIF方式のため300mmでの最短撮影距離の場合 実は300mmの焦点距離では無い(爆) 

 あとどうでもいいような事だが③のテレ端の120mmのF値は4であるが

このレンズの120mmの解放F値は5.6である

120mmから300mmまでF5.6です。

 

 

 

 良い点

 

 地味に写りが良い純正高倍率ズーム♬

 レンズ交換しなくても標準から望遠までカバーできる

 望遠域でも安心の手ぶれ補正付き♬

 ナノクリスタルコート使ってないのに逆光に強かったりする。

 シャッターチャンスに強い

 

 

 悪い点

 

 28mmスタートというのは地味に狭い

 少し重い(800g)

 ズームすると銅鏡が伸び長い

 

 

 人により意見が分かれる点

 

 🚹FXカメラに高倍率ズームレンズなんて・・・ DXカメラのAPS-Cの高倍率ズームレンズで良いじゃないか・・・

 🚺でもでもフルサイズ用のレンズはとても高いから買えないゎ・・でもフルサイズ使いたいのょ!

 🐶このレンズなら、あと広角レンズ1本あればほぼ全てカバーできる♬実はお財布に優しいレンズ♬

 🐈ボケを生かした表現もしたいから単焦点レンズも欲しくなるょね

 🐟その場合はテレ端で最短撮影すればいい感じにボケるょ

 

 と会話があちこちから聞こえてきそうな状況に陥ります www

 

うp主も使ってたから知ってるけどこのレンズはとても良いです♬

(今は出番無し・・・)

 

 実際このレンズで満足してても①や②や③のレンズが気になってたまらなくなるのはここだけの話 www 実はレンズ沼の一歩のレンズだったりする www

 

 

 

 

 

  

⑤ AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

Nikon 標準ズームレンズ AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR フルサイズ対応

 

 ここから使ったことがないレンズなので駆け足になります。

 

 

 

一番お手軽なニコンFX用標準ズームレンズ

 

 465グラムと軽量で取り回ししやすくしかもお安い♬

 

 しかしFX(フルサイズ)使いのマニアの人々は画質&明るさを求めてFX(フルサイズ)に移行する人々が多い為、 f2.8通しの24−70mmやf4通し24−120mmのレンズを使っている人が多い。

 

 実際観光地にて他の人のレンズを見てみると 24−120mm f/4のレンズが圧倒的に多かったりする。

 

 でも軽くて安いというのは利点であり、特に機動性を重視する登山にはモッテコイ!レンズだと思う。

 

 普段の常用レンズとしてカバンの中に入れてても問題ない重さ。

 

 

 

 良い点

 

 FXレンズだと安い! 

 FXレンズだと軽い!

 FXレンズだとコンパクト!

 手ぶれ補正有り

 

 悪い点

 

 f値がちょいと暗め

 

 

 人により意見が分かれる点

 

 FXレンズということで画質が気になる

 

 

 

 

 

 

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

 

 

SIGMA 標準ズームレンズ Art 24-105mm F4 DG OS HSM キヤノン用 フルサイズ対応 635541

 

 

 最近とても勢いのあるシグマの標準レンズ

 

レンズデザインがカッコ良い♬

 

が最近のシグマさん、昔のようにコスパ最高なレンズでなく比較的高め

 

キヤノンのカメラで使ってる人を見ることがたまにある。

キヤノンのF4通しの純正レンズは24−105とこのレンズと同じ焦点距離

 

 

 良い点

 

かっこいい

純正より設計が新しく写りも良さげ♬

 

 

 悪い点

 

純正に24−120mm F4がある。 (15mm長い)

AFのピント微調整が必要。

ズーム時の銅鏡が伸びた時のスタイルがとてもダサい (段差が大きい)

 

 

人により意見が分かれる点

 

純正の中古とシグマの新品でおなじくらいの値段になる

どっち選ぶかはその人次第。

(安心純正 VSデ ザイン&写りのシグマ)みたいな?

 

 

 

 

 

 

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM

 

 

SIGMA 広角ズームレンズ Art 24-35mm F2 DG HSM ニコン用 フルサイズ対応

 

 

なんてレンズだ!

 

熱いF値と、最高に使いにくそうな焦点距離のレンズ

 

F2ズームに挑戦したシグマさん、しかも製品化したことに拍手を送りたい👋

 

APS-C用のDCレンズに18-35mm F1.8 DC HSMのレンズがあるが

これは35ミリ換算で ニコンの場合27〜52mmとまだ使いやすい焦点距離

 

このDGレンズの24−35mmは上のレンズよりもF値が少しだけ暗く焦点距離が短いということはフルサイズ用のレンズはやはり写り重視で設計するためレンズが大型化してしまいその結果、焦点距離も35mmまでと非常に中途半端になってしまった悲しいレンズだったりする。

 

 頑張って24ー50mm F2にしてもらいたかったょ

 

シグマさんなら24−105mm F2.8を作ってくれる気がする w

 

ってか最近はシグマさん写りに本気出しすぎてレンズが超大型化して重くなってるのが残念なところ・・・

 

 が、もっと熱いレンズをたくさんリリースしてほしいメーカーさんである♬

 

 

 

 良い点

 

 F2通しズームレンズを探すならこれしかない!

 24mm 28mm 35mmのF2単焦点レンズが一本に♬

 

 悪い点

 

 重い デカイ 

 焦点距離が微妙、これなら純正の軽量F1.8シリーズの単焦点2本持ち出すとの声

 

 

 人により意見が分かれる点

 

 使いどころの難しいレンズだが風景には良いかもしれない

 

 

 

 

 

 

 ⑧ TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD

 

 

TAMRON 高倍率ズームレンズ 28-300mm F3.5-6.3 Di VC PZD キヤノン用 フルサイズ対応 A010E

 

 

 タムロンお得意高倍率ズームレンズ

 

こちらのレンズ、タムロンさんはキヤノンの顧客に向けて開発して販売してると、うp主のにきょんは勝手に思っている。が、ニコン純正より非常に軽いので一概にそうは言えないけどね w

 

キヤノンのEFレンズに28−300の高倍率ズームレンズはあるものの非常に高い!!!! 新品で22万もしたりする・・・

 

が このタムロン28−300は5万円強だ

 

こうゆう商品こそサードバーティーに求められてるレンズであると思う。

 

デザインも控えめになって非常に良くなった。

 

 

 

 良い点

 高倍率ズームなのに軽い!

 高倍率ズームで安い!

 手ぶれ補正有り!

 シャッターチャンスに強い

 

 悪い点

 28mmスタート

 望遠のF値が暗い

 ピント微調整が必要

 AFが弱い

 

 

 人により意見が分かれる点

 

 純正が評価が高いだけに、ほんの少し追い金すれば純正の安心が買えるが、このレンズの利点はFX(フルサイズ)高倍率ズームの割に軽いということで、軽さを取るか安心の純正と取るかというところ。

 

 

 

 

 

TAMRON 24-70mm F/2.8 Di VC USD

 

TAMRON 大口径標準ズームレンズ SP 24-70mm F2.8 Di VC USD キヤノン用 フルサイズ対応 A007E

 

 

 タムロンの標準大口径ズームレンズ

 

 非常に評価が良くしかも安いというナイスレンズ♬

これぞサードパーティ製品! タムロンさん素晴らしい♬

 

 シグマさんから新しい大口径標準ズームが出る噂だけどおそらくArt化して超重く高額になると思われるのでシグマさんには価格も頑張って低価格を実現してほしいところ

 

 

話がそれましたが、純正の半額以下で非常に買いのレンズ

しかし細かいところは純正がやっぱり上 AF速度、制度、手振れ補正等

 

が、それを差し引いても純正の半額というのは良い♬

 

しかし、レンズがダサい!!! 最高に金輪っかがダサい

最近のタムロンはおとなし目のデザインになってるのでこのレンズも見習ってほしいところ

 

 

 

 良い点

 

 大口径標準ズームなのに安い♬

 写りも良い

 手振れ補正付き♬

 

 

 悪い点

 

 重い

 大きい

 レンズのダサい太い金輪っか  

 

 

 人により意見が分かれる点

 

 AFや手振れ補正など細かな点やズーム時のスタイリッシュな点をあげれば純正の勝ちだが、その利点をも上回るコストパフォーマンスはこのレンズの魅力

 

 

 

 

 

 ⑩ Tokina AF-X 24-70mm F2.8 PRO FX

 

商品紹介の画像が無かった・・・・

 

 

出るのが遅すぎたレンズ 売れてないので画像もないのであろう・・・

 

人と違う大口径標準ズームレンズが良い方はこちら。

 

 

 

 

 

AF Zoom-Nikkor 24-85mm f/2.8-4D IF

Nikon 標準ズームレンズ Ai AF NIKKOR 24-85mm f/2.8-4D IF フルサイズ対応

 

 

 

SIGMA 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM

SIGMA 標準ズームレンズ 24-70mm F2.8 IF EX DG HSM ニコン用 フルサイズ対応 571559

 

 

TAMRON SP AF28-75mm F/2.8 XR Di LD Aspherical 【IF】MACRO

TAMRON SP AF28-75 F2.8 ニコンAF用 A09N

 

 

 

 今から買うのはどうだろうかとも思う少し古いレンズ達

安ければ買いだと納得すれば良いレンズだと思う

 

タム28-75なんて、軽量な大口径ズームという熱いレンズだったりするょ

なんとF2.8通しで510g やっぱタムロンさん熱いレンズ作ってるね♬

 

 

 

 

 ということで うp主のおすすめレンズとしてはこの中では

 

① AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

② AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8G ED

③ AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

④ AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

⑤ AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR

SIGMA 24-105mm F4 DG OS HSM

SIGMA 24-35mm F2 DG HSM

TAMRON 28-300mm F/3.5-6.3 Di VC PZD

TAMRON 24-70mm F/2.8 Di VC USD

Tokina AF-X 24-70mm F2.8 PRO FX

 

 

 マニアな方は ①一択!

 

 よく旅する人は ③か⑥

 

 なんでも撮りたい人 & 初めの一本として ④か⑧

 

 普段持ち歩くなら ⑤

 

 コスパ優先 ⑤や⑧に⑨ 他

 

 人と絶対かぶりたくない! ⑩

 

 という具合ですかね?

 

  

 

 

 悩んでる方の少しでも参考になればと思いますぅ。 にきょん📷

ラピュタの道

 にきょんです。

 

 

 

 

 

 年末年始も近づいてきた今日この頃

 

 うp主のにきょんは超絶仕事の鬼になり休日出勤多数にて写真を撮りに行く余裕が全くない日々を送っておりますですはい・・・・・

 

 

 少し時間が出来たので、Myパソコンi Macに保存している写真データが多くなってきたので、整理して外付けHDDに移そうかなと思ってると昔の写真がちょろっと出てきました。 (以前99パーセントの写真を勘違いしてぶっ飛ばし削除した事あり)

 

 

 

 

 その中に今は見る事が出来ない写真を発見しました。

 

 

 

 

ラピュタの道』

f:id:nikyon:20161224164345j:plain

 

 今年の熊本地震で被害を受けて画像右端の崖が崩落してしまいました・・・

 

他にもいたるところ崩落したり陥没したりしてるようです・・・

 

非常に綺麗な場所だったので惜しすぎます( ;  ; )悔しいです!

また訪れたいスーパー素敵スポットでした・・・

 

 

 2013〜14年当時GWの連休を利用して九州を訪れ、阿蘇山火口や大観峰久住山登山、黒川温泉に入り由布岳を望みながら帰り、その後すぐ北アルプスアルペンルートに向かう訳のわからない工程を組んだ覚えがあります www

 

 

 『南阿蘇の風景』

f:id:nikyon:20161224164305j:plain

 ニコンD5100とシグマ8〜16mmで撮影したのを今でも覚えています

肉眼でも眩しかった逆光の風景、ゴーストもほぼ入ることがなく逆光に強い超広角レンズでした。

 

 阿蘇は撮影スポットがたくさんあり写真をもっと見せたいものの

もうこの2枚しか残ってないのです・・・(データぶっ飛んだからね・・・)

 

 

 

 また阿蘇には必ず訪れたい♬

 

 でも復旧するにはまだまだ時間がかかりそうです・・・

京都へ紅葉狩りへ行く

 にきょんです。

 

 

 

 

 

 今年も京都へ紅葉を撮りに行ってきました。

 

 去年が不作だったため、遅くてもどうにか紅葉が撮れるようにと26、27日に京へ訪れたのですが、今年は平年より見頃が一週間も見頃が早いという始末 w

 

 

 なんでやね〜ん😞

 

 

 20日頃に東福寺南禅寺が見頃との情報を得ていたので、今回はそこはパスすることにして、散り紅葉なら撮れるだろうと朝は毘沙門堂へ行くことにする🚈🚶

 

 

 土曜、日曜と2日間の京都滞在であるが日曜は100%雨予報・・・

 

撮れるのは土曜だけと腹をくくって京入りする。(今回は雨では撮影はしません)

 

 

 

 今回持ってくレンズは

AF-S NIKKOR 14-24mm f/2.8G EDと

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRの2本である。

 

もちろんカメラはD5 (何度も言ってるけどD5しか持ってないからね・・・)

 

 

 こないだ買ったリュックに荷物入れる♬

 

荷物少ないのに思った以上にパンパンになる ww  D5かさばりすぎ!!!

 

 

 

 

 この日の最低気温は なんと3度・・・ 寒い・・・

 

しかしリュックを背負ってると背中が暖かい!!!

 

これは計算外に嬉しいことであった! 

 

うp主のにきょんは背中を冷やすと風邪を引く😷

 

 

 

 

 

はい 山科駅へ到着して ぬくぬく背中で歩くこと15分程、毘沙門堂到着♬

 

f:id:nikyon:20161204190747j:plain

真っ赤でございました♬ 予想通り散ってる! そしてまだ木に十分葉が残ってる!

 

ここに到着したのはまだ開園前の時間帯だったのにカメラマンが20人近くすでに居た

 

MacBookのようなノートパソコンを広げて今撮影した画像を見る集団も居た・・・

 

 

 寒いけど手袋せずにでもなんとか撮影できる気温

 

f:id:nikyon:20161204190745j:plain

 赤、黄、緑 色彩多彩な紅葉が日本っぽくて好き♬

朝の静けさの中撮った一枚と思わせといて 周りは朝早いのに人だらけである w

さすが本州 やっぱハンパねぇぜ・・

 

 

 綺麗に紅葉していました♬

f:id:nikyon:20161204184024j:plain

やはり広角は難しく、使うレンズは24−120mmの出番が圧倒的に多い

 

 

f:id:nikyon:20161204184758j:plain

 比較的遠くを引き寄せれるのが24−120mmの良いところ♬

24−70mmでは撮れない痒いところに手が届くレンズが24−120よね♬

しかし京都感は出ないんだけどね・・・

 

 

 

 さて行動できるのは今日だけ(明日雨だからね)

撮りたかった勅使門前参道の散り紅葉は写真に収めた!

時間を貴重に使わないといけない。  

毘沙門堂が開園する前にずっと行きたかった瑠璃光院へ🚶

 

 その途中の叡電本線でぎゅうぎゅう詰めの電車へ乗る・・・ 身動きとれねぇ・・・

すし詰めです・・・  この一両編成ではこの観光時期の人出はさばききれない様子・

せめて二両や三両編成にして・・・ (駅のホームが短いから無理なのか?・・・)

 

 

 八瀬比叡山口へ到着 

ここから歩いて数分で到着なんだけど瑠璃光院への案内図が無い・・・

グーグルマップで瑠璃光院を検索すると最短距離が表示される♬

その通りに進む🚶

無事瑠璃光院前に到着♬

行列に並ぶ  しばし並ぶ・・・

係員のおねいちゃんが『チケット確認しま〜す』と言う

 

 

にきょん ? ????? チケットなんて持ってねぇぞ???

 

 隣のおばさまにチケットってなんです?と聞く

 

おばさま 『来る途中に販売所があったゎよぉ』

 

にきょん 『反対側から来たので・・・そんなところがあったなんて・・・』

 

・・・ グーグルマップのナビで裏道から来てしまったのね・・・

 

 

 

 仕方なく行列から離脱しチケットを買うためにまた駅方面へ戻る・・・

 

これで30分のロスである・・・ もっと案内図ちゃんと書いとけよぉ『ブツブツ』

 

しかもチケットを買う寸前に入場制限で販売所がストップ www

 

 

 このブログを見た方 

八瀬比叡山口へ降りたら瑠璃光院へはすぐ前の川の橋を渡りましょう。

それで安全に行けます!

 

 

 

 少し遅れること瑠璃光院へ入場

 

f:id:nikyon:20161204184333j:plain

有名な七色の紅葉♬

 

これを撮りに来たのです📷

広角で撮ってるので大きい部屋に見えるかもしれませんが、普通の部屋なのです。

 

 ここも人出がすごくw 進入禁止の柵があるのでそれより前で撮影することはできません。 そのおかげでこの写真が撮れるのですけど・・・

進入禁止の柵がなければ撮ることが出来ないでしょう wwwww

 

f:id:nikyon:20161204184740j:plain

瑠璃の庭

 

 

 春 秋と期間限定の特別拝観なので拝観料が2000円もしますが一度は訪れて欲しい場所であります♬ 

 

 

 毘沙門堂と瑠璃光院を撮って、すでに写真はお腹いっぱい♬

 

 

 

 

でもまだお昼なので紅葉が見頃との情報なので嵐山へ🚈

 

f:id:nikyon:20161204184834j:plain

日本でも有数の紅葉スポット 嵐山渡月橋と紅葉

 

 いやぁ〜 綺麗でした♬ とても綺麗でした♬

 

 ここは京都でも比較的遅めの紅葉スポットなので今年は一週間早いということで見ることができました♬ 平年なら12月初旬の光景でしょう🗻

 

 もちろん人類大集合で人、人、人、人、人だらけであります。

 

f:id:nikyon:20161204185420j:plain

保津川下りも大盛況 川が船で溢れかえりそうです w

 

この紅葉を見ながら川下りなんてとても贅沢ですねぇ♬

 

 

 ちょいと散歩で川沿いに歩いていきます。

 

f:id:nikyon:20161204190725j:plain

 途中から軽い登山になり w 少し山を登ると初めて見る景色が♬

 

大悲閣という場所が見えました👀 (後調べ)

あちらからのこちらの眺めもさぞかし綺麗なんでしょうねぇ👀

 

 

 この後 竹林の道を歩き人出の多さに写真を断念し、常寂光寺の様子を外から眺め、もう散ってるのも確認して入らずに宿へ行くことに

 

 

 今年も去年と同じゲストハウスへ宿泊なんですけど到着してびっくり

 

nikyon.hatenablog.com

 

去年のうp主 非リアのにきょんの奇跡の出来事記事 ↑

 

 

去年宿泊してた男性の知り合いが二人も居た wwwwww

 

いろいろな人の情報を聞き 春も夏も京都へ訪れなくてゎぁ!

と思い知らされてしまいました (笑)

 

 

 

 

 夜から雨なのでのんびりゲストハウスでトークでもしながら過ごそうかなと思ってると、東寺のライトアップ良いですよとの事💡

 

 

 去年の宝厳院のライトアップで長々並んだ思い出や清水寺のライトアップで長々並んだ苦い思い出があるので今年はライトアップの予定がなかったのだけど、東寺は並ばなくても入れますよ。 との一言でまぁ行ってみようとお出かけ🚶

 

 

 

f:id:nikyon:20161204185344j:plain

 

 小雨もあるのか比較的快適に過ごせました♬

 

この東寺ライトアップの熱いところは 夜なのに建物内に入ることができるという事♬

(二条城の春のライトアップは庭のみしか入場できなかった・・・)

夜に見る仏像様はなんかしんみりとした空気と暗さでなんかとても良かったっす♬

 

 

 

 

 

 さて 今回の紅葉刈りはこれでおしまい

 

 日曜日はおもっくそガンガン一日中雨でした・・・

京都国立博物館の龍馬展に行ってきましたが、みんな考える事は同じなのか人類大集合で展示品をあまり見る事が出来ずに終わりました w

コートエシエルのイザールリュックを買う。

 にきょんです。

 

 

 

 

 

 

 旅用にリュックを買いました🚶

 

買ったのはこれ ↓ Isarと書いてイザールと読むらしい。フランス語か?

 

 

 このリュックはMacBook等を持ち運ぶのに特化したリュックサックであります。 Apple社公認とか

 

 しかし、うp主にきょん! iMac27インチRetina のデスクトップは持っていますが、MacBookは持っていません・・・

 

 なぜこのノートパソコン用のリュックを買ったのか???

 

 

 

 

 

 

 

 

『フラッグシップの一眼レフをこのリュックに入れたいから』 爆

 

 

 

 

 

 

 

 

 このリュックにNIKON D5の一眼レフを入れます。 アホなの?

 

でもどうしても入れたいんです。 カメラ用のリュックはやっぱダサいんです!!!

 

どこ探しても欲しいのがないんです! 唯一ジーキンが欲しいけど高いんです!

 

 ショルダーバックじゃ肩が死ぬんです! D5と24−70重いんです(爆)

 

旅用に買おうと思った小型カメラのNIKON DLも今だに発売日が未定なんです!!!!! 

 

 

 

 

 

 でどこを検索してもこのリュックに一眼レフを入れてる人がいない・・・

 

 このリュックを使ってる人の動画で『リュックの中の部屋が縦に二つなので一眼レフは無理だねー、別のリュック探さないとねー』と言ってたので不安もありながらも、自分で確認しなきゃわからんしな・・・  最悪 カメラとレンズをバラして入れる!ということで商品を見ようにも田舎なので置いてるとこなんかないのでダメ元でAmazonで注文しました。 

 

とりあえずサイズはS、M、Lとあるらしいが標準のMにした。

 

色は基本的にブラック、ブラックメランジ、グレーメランジ

エコヤーンというリサイクルのポリエステル地らしいょ

リサイクルですって!

 

 

 

 

『エコや〜ん』   ・・・・・・(激汗)

 

 

 

 

 

うぉほん・うぉほん・・・・

 

 

 他にも違う色があるみたい、紺のロウなんちゃらとか茶色とか、

色によって素材が違うということもあるみたいょ

 

 結局無難なブラックメランジといわれる、まぁうP主が知ってる言い方をすればチャコールグレーを購入。

 

 この素材に合う色はブラックメランジかグレーメランジだろうというのと

家にあるカバンは黒ばっかだし、ブラックメランジならいろいろな服に合わせやすいだろうと判断しました。 ロウなんチャラの色が本当は欲しかったけどまだ出たばっかの新しい色らしいので高いのょね・・・

 

 黒とブラックメランジと、グレーメランジは大量に流通してるのか?お安かったゎ♬

 

 

f:id:nikyon:20161119182433j:plain

すぐに商品到着 さすがAmazon仕事が速い♬

 

 

 このように背中側にノートパソコンやタブレット、ガジェット等入れるスペースと↓

f:id:nikyon:20161119182438j:plain

 

正面のサイド側から入れれる構造。 完全に二つの空間で壁を外すことはできません。

f:id:nikyon:20161119182453j:plain

 

 

 

 とりあえずパソコンスペース側に旅用のカメラ&レンズ

D5 + AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VRをぶち込みます。

f:id:nikyon:20161119182447j:plain

はい 無理〜 ❌   ぶぶ〜〜〜〜👎

 

サイドのジッパーが閉まりません www  

 

 

マヂ?・・・  ちょっと焦るにきょん 

 

やはりパソコン専用リュックに一眼レフは無理があったのか・・・・・・

 

 

 

じゃぁ次は背中側へ

f:id:nikyon:20161119182511j:plain

容量調整のベルトを少し伸ばすと、とりあえず入った!!!!♬  

 

マンモスウレピーーーーーーー!!!

 

 

このリュックは形が命! 

形を崩さないようにレンズは下向きに入れる

が地面と接する部分なのでフードは装着して正面レンズを衝撃から逃がす用にする

 

f:id:nikyon:20161119182533j:plain

形も崩れることなくリュックの厚みもこれくらいならオッケー👍

(比較に折りたたみ傘を置いてみた)

 

 

 入れれることは入れれたけども旅は荷物がいっぱい入ってる状態。

この入れ方だと実際カメラの上には荷物があるはずだから取り出しにくいはず。

 

なので下側に仮想着替えを設置して今度はレンズを上向きにして入れてみる

f:id:nikyon:20161119182524j:plain

うむ よし!!! 

 

カメラも取り出しやすいぞ!

 

リュックの底辺がだいぶ膨らんだけど 着替えをコンパクトに細く詰め込めれるとリュックの形は損なわれずに済むはず!!!

f:id:nikyon:20161119182530j:plain

閉めるとこんな感じ。 着替え&一眼レフ入ってます。

 

 

これでショルダーバックからの片方の肩の集中重量地獄から抜け出せそうです♬

 

f:id:nikyon:20161119182522j:plain

 

なんでも デザインはおフラ〜ンスのパリだとか〜 おシャンだゎ♬

 

 ずっとこのリュックをコートアンドエシエルで検索してたゎょ!

&はアンドじゃなくて エだなんて! 知らなんだ www これもおフランス読みなのかしら? まぁいいゎ

 

 

 このリュックにカメラを入れる場合は普通の一眼レフなら余裕で入れることができるゎ♬ 交換レンズも袋に入れてなきゃキズものになるけどF1、4シリーズ系なら2本は入れることができそうね♬ 

 その場合は収納を調整できるベルトを最大に伸ばす必要があると思われる。

  

 

 

 背中側のパソコンスペースにはガジェット系等や下着を入れて反対側に着替えとカメラならやっぱあまり大量に収納を期待できるリュックではないようね

(旅の場合は交換レンズをプラス一本までね)

 

 パソコンスペース側に荷物を大量に入れると圧迫されて反対側にカメラを入れる場合かなりでっぱるのでダサいょ。

 まぁその場合はレンズとカメラを別々でバラして収納した方が見た目もおしゃれ

 

 てかそこまでするなら普通のリュック買うわな wwww

 

 

 このイザールリュックは形が命 あまり大量に荷物を詰め込まないのが吉である。そしてこのリュックの素材は雨を弾くらしく旅にもってこいである。

 

こいつゎ来週の京都の紅葉の旅や年末年始6連休の電車の旅の相棒になってもらおう

 

 

 

 

 リュック買ったからトラベル用の三脚も欲しくなってきたぞぉ・・・

f:id:nikyon:20161119193505j:plain

D5 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR + ND8

 

しかしこのリュックに一眼レフと三脚は無理だな w

 

 

 本気撮りの方はちゃんとしたカメラリュックを買いましょう💴

F−1日本グランプリ カメラマンエリアで撮影するの巻

   にきょんです。

 

 

 

 

 今年もF−1を見に鈴鹿へ行ってきました。

 

f:id:nikyon:20161021202141j:plain

 

 去年は西コースのヘアピンの見えるJ席で下見がてらの観戦でしたが、今年は気合を入れて高額のB2指定席上部でも撮影可能なカメラマンエリアで撮影してきました。

 

 カメラマンエリアの良いところは座席が無いもののコース各所に設置されたカメラマンエリアでF−1を観戦できるというのも熱い♬

 

 今年は友人2人と共に3人で金曜から観戦です👀 (友人は指定席)

 

朝10時からのフリー走行に間にあわせるため夜中3時に迎えに来てもらい出発!

 

 うp主にきょんの荷物はカメラ機材が大量なので4日分の衣類も(月曜は祝日♬)

合わせ友人の荷物と共に車のトランクがいっぱい www

 

 

 今回メインとなる機材は、カメラボディはもちろんD5

 

レンズは大三元3本と

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRと

AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR

 

それに×1.4と×2のテレコンと一脚を持ってく。

 

 しかしクローク(荷物預かり)を確保できなかったので実際現地で持って歩くレンズは1本ないし2本の予定 (重いからね・・・)

 

 昨年はD610とAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6gG ED VRだったので今年は機材が去年と比べ鬼すごくなってる www 

 

 去年のブログ記事↓ 

nikyon.hatenablog.com

 

カメラマンエリアで撮影したので今年は去年とは質が違う! w はず www

 

 

 

f:id:nikyon:20161021202218j:plain

  10月7日 金曜日 予定通り9時頃に鈴鹿

 

 

10時のフリー走行までにカメラマン用のビブスをもらいにメインゲートへ

インフォメーションのお姉ちゃんに場所を聞く。

無事紫色のB2入場可のビブスをゲット!

 

 

 金曜日はコースの下見と決めてたので持ってくレンズはAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRの一本のみ これにテレコン×1.4と×2 

 

 

 

 ここはF−1の聖地鈴鹿。 うp主は非常にテンションが上がっている。

 

 200-500mm f/5.6のレンズに×2のテレコンでは合成F値が11になりAFが使えないので持ってきても重りになるというのは、この時にはまだ気づいていない(爆)

 

 

 B2エリアに入れる高額なチケットを買ったのでとりあえずB2エリアに🚶

 

 ??????? 東コースエリアを一望できるもののパンフレットにあるようなホームストレートのド正面からスタートする全マシンを一枚の写真で撮れるような場所はない・・・・  斜めからホームストレートを見る感じになる・・・

  

 B2エリアから見るホームストレートはこんな感じ↓

f:id:nikyon:20161021204234j:plain

 これで6万円弱だと・・・・・ 正直高いと思った・・

 

ヘアピン入場可の4万円弱の方はいつも完売になってる理由がこの時わかった。

 

 実際、1コーナーの進入バトルを撮るかS字を後方から狙う以外このカメラマンエリアの魅力は無いと言ってもいいかもしれない。

 

 

 とりあえずB2エリアに来てるので1コーナへ突入してくるマシンの写真を撮る。

 

f:id:nikyon:20161021205012j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 金曜の天気はうp主が訪れるF−1開催期間中唯一の晴れ予報

土曜は雨、日曜日決勝は朝が雨で昼から晴れという予報。

 

 結果的に太陽が出てる時に撮れたF−1マシンは金曜の午前中のフリー走行のみとなった。 やっぱ晴れてるとコントラストが強く綺麗♬

 

 

f:id:nikyon:20161021204855j:plain

 ルノー・スポール・F1・チーム   ジョリオン・パーマー

 

125分の1秒のSSを基本に撮影していく。

 

 

f:id:nikyon:20161021205633j:plain

ハースF1チーム   エスティバン・グティエレス

 

 

 高速で走り抜けるマシン、125分の1秒でもドライバーのヘルメットへピントを合わせるのは非常に難しい・・・

 

f:id:nikyon:20161021204942j:plain

↑のように若干甘い写真を量産してしまう・・・

 

 

 

 しかし決まった時にはかっこいい仕上がりになる♬

f:id:nikyon:20161021205703j:plain

スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 いろいろなところで撮りたいのでB2エリアのもう一段高い2コーナーに近いカメラマンエリアも見て回る。 

 

 

 そこからのB2エリアのカメラマン👀

う〜む 望遠レンズがずらり かっこいい・・・  

 

f:id:nikyon:20161021210212j:plain

  B2エリア 北側上段のカメラマンエリアで撮影する熱いカメラマン達

 

 

 次はC席のカメラマンエリアを下見。

ここC席はHonda応援席もあるエリア♬ やはり応援するはマクラーレン・ホンダフェルナンド・アロンソ! 今年も うp主にきょんはアロンソを応援します。

 

ここC席は2コーナーからS字コーナーに進入するマシンを撮ることができるがあまり魅力的に思えなかったので次のD席のカメラマンエリアへ🚶

 

 D席のカメラマンエリア(東側)

ここはコースに非常に近く近距離にてマシンを狙えるエリア

 

f:id:nikyon:20161021211015j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 S字をテクニカルに抜けてくマシンを狙う。

 

f:id:nikyon:20161021211100j:plain

サハラ・フォース・インディアF1チーム   セルジオ・ペレス

 

200ー500のズームレンズは流し撮り用の手振れ補正 SPORTモードが搭載されている♬

 

 

f:id:nikyon:20161021211455j:plain

S字から逆バンクへ駆けるマシン 鈴鹿名物観覧車も見える。

 

 

 次はD席の逆バンク側のカメラマンエリアへ🚶

ここはS字コーナーを抜けて逆バンクへ突入していくマシンを狙える。

コース的にS字を抜けるマシンが上りになってるのでカメラマンエリアからは視覚的にマシンを低い位置でとらえることができる地味に熱いスポット!

 

f:id:nikyon:20161021211446j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 しかし2時間と思ってたフリー走行が1時間30分で終了

ほとんど撮れずに終わってしまった・・・

タイムスケジュールを見るとフリー走行は1時間30分だった・・・ w

 

タイムスケジュールはしっかり確認しなければならない! 教訓である

 

 

  午後のフリー走行まで時間があるので、友人と合流しGPスクエアで買い物!

 

今回うp主はカメラマンビブスを着用の為Tシャツは必要ないので帽子を買う

 

去年はマクラーレン・ホンダを買ったので今年は違うチームが欲しい・・・

 

やはりみんなかぶってるF−1といえばフェラーリか・・・

それともデザインが素敵でかっこいいレッドブルか・・・

メルセデス・・・ いやスタイリッシュなウイリアムズか???

 

 結局普段使いできるレッドブルの帽子を購入。

 

 

 

f:id:nikyon:20161021211522j:plain

 GPスクエアにて歴代のフェラーリのF−1マシンを展示してた♬ かっこいい!

 

f:id:nikyon:20161022212311j:plain

今は見ることのできないカーナンバー1のミハエル・シューマッハが乗ってたマシン!

これまたかっこいいぜ!!! 

当時地上波で放送して見てたけどハッキネンを応援してたな・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021210933j:plain

 ラ・フェラーリ

ガルウイングが素敵♬

 

 

 

 午後からはヘアピンで撮影と決めてたのでヘアピンエリアへ🚶

 

f:id:nikyon:20161021212349j:plain

マクラーレン・ホンダ   フェルナンド・アロンソ

 

確実にマシンをとらえておきたいのでSSは1250分の1秒で狙う

 

タイヤや縁石が止まってしまいスピード感は出ないけどせっかく鈴鹿に来たのだからしっかりと写真は残しておきたいょね・・・

 

f:id:nikyon:20161021212521j:plain

ハースF1チーム   ロマン・グロージャン

  

 今年の鈴鹿日本GPにてハースは非常にいい走りをした♬

 

 

 ここに来た時、隣の鈴鹿常連のカメラマンのおいちゃんに聞いたんだけど

太陽の角度&太陽の差し込み量&マシンの角度など条件が揃うとヘルメットの中のドライバーの瞳まで写せるとか・・・

 

 しかし残念ながら曇りなので瞳まで確認できず・・・

でももっとアップで撮りたい! ヘルメットアップで撮りたい!

と×2のテレコンを装着する👀

 

しかしAF合掌せず  W  なんで???

 

あっ! そりゃそうだ 200-500mm f/5.6のレンズに2倍テレコンを使ったら合成F値が11になり AF使えないの忘れてた! (爆)

 

 ×1.4のテレコンに付け直す w 

×1.4のテレコンの場合は合成F値が8なのでD5なら問題なく作動するょ。

 

f:id:nikyon:20161021212517j:plain

マクラーレン・ホンダフェラーリ

 

どっちも、うp主が大好きなマシンである♬

 

 

 

f:id:nikyon:20161021212954j:plain

ルノー・スポール・F1・チーム   ケビン・マグヌッセン

 

ヘアピン突入で突っ込みすぎ白煙を上げるマシン

こういうのをヘアピンでは多々見ることができる♬

f:id:nikyon:20161021213209j:plain

 タイヤに砂利を拾ってしまった・・・

 

 F−1のタイヤは高熱でグチヤグチヤに溶けてるのでコースアウトするとタイヤに色々くっついてくる。

 砂利や砂、タイヤカスなどを拾った場合、グリップ力は大幅に低下するので元のポテンシャルに戻すのには少し時間がかかるらしい。

 

 

f:id:nikyon:20161021213316j:plain

今期でマクラーレン・ホンダのシートを譲る   ジェンソン・バトン

 

 この勇姿をしっかりと焼き付けておきたい!

年齢的に今年が最後になるのではないか???

 

 

f:id:nikyon:20161021213347j:plain

スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 やっぱり結局フェラーリが一番かっこいい! 

 

f:id:nikyon:20161021213357j:plain

ザウバーF1チーム   マーカス・エリクソン

 

  ザウバーのブルーのマシンも非常に綺麗だった

 

 

f:id:nikyon:20161021213359j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 F−1マシンを非常に近くで撮影できるのがヘアピンの強み

しかもコース内で一番低速になるポイント♬ (撮影しやすい!)

   

 

f:id:nikyon:20161021213646j:plain

マクラーレン・ホンダ   ジェンソン・バトン

 

 攻めすぎたバトン! 

 

 

 一通り撮ったのでSSを125分の1秒にして流し撮りを開始

f:id:nikyon:20161021212424j:plain

ルノー・スポール・F1・チーム   ケビン・マグヌッセン

 

 ルノーの黄色のマシン、昔のジョーダンを彷彿とさせる味わい♬

やはりカラフルなカラーリングは見ていても楽しい♬

 

 

f:id:nikyon:20161021213819j:plain

サハラ・フォース・インディアF1チーム   セルジオ・ペレス

 

 セルジオ・越後ではありません

 

 

f:id:nikyon:20161021214202j:plain

スクーデリア・トロロッソ   カルロス・サインツJr.

 

 

手前にフェンスがあるのでSSを60分の1秒にしたらうっすら写っちゃった w

 

 

 

f:id:nikyon:20161021214013j:plain

スクーデリア・フェラーリ  ライコネンだと思う・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021214116j:plain

 メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ロズベルグ???

 

 

 やはり流し撮りにすると急激に歩止まりが悪くなる・・・

腕の問題なのだろう・・・ 仕方がない(;_;)

ぶっつけ本番には無理があった w 修行不足である

 

 

 ってかここでD5の連射スピードが失速・・

なぜだ?!?!!!???

 

 128GBのXQDカードが満杯になったのである wwwww

うp主はRAWでしか撮らないので容量を食うのだけど6000枚近い写真をこの日だけで撮ってたのである www 128GBもあれば3日間持つと思ってたのに w

 

 まぁデータ保存用のノートパソコンも車に積んでるので問題ないものの恐ろしいぜ

秒間12コマの連射って・・・

 

 結局3日間で合計10000枚の写真を撮ってた。

ブログにアップするのが遅くなった理由は忙しい以外にここにもある w

 

 

  

 この日はこれで終了。  朝早く出発したので宿へ向かう

 

 

 

 

 

 10月8日 土曜日 

 

f:id:nikyon:20161021210710j:plain

 

この日は前日不完全燃焼に終わったDエリアのカメラマンエリアへ行くと決めてた

 

 そしてできるだけ低い位置からマシンを狙いたいのでフェンス越しでもフェンスをボカして撮影可能であろうAF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VRのヨンニッパ様を持っていく! それと×1.4と×2のテレコン

 

 

 うむ! このレンズクッソ重い(爆) 

 

 

 駐車場のみそのモータープールから徒歩1.2キロで入口の逆バンクゲートへ行けるのだけどその移動だけでも大変www 曇りでよかった 晴れてたら汗だく必須である・

 

 フリー走行開始が10時なので9時頃にサーキット到着。

 

 

すでにD席の上段のカメラマンエリアは人でいっぱいである・・・

 

 しかしうp主にきょんは上段よりフェンスがあろうとも下段で撮りたい!

できるだけマシンを低く狙いたい!

 

でもD席下段は誰もいない・・・若干不安もありながら下段へ陣取る

 

 しばらくすると 係員のお兄ちゃんが来て カメラマンエリアで撮影お願いしますと言われる(爆) 

 

 なにそれ! 超恥ずかしいんですけど www

後ろには大量の観戦客たちがいる 後ろは振り向けないwww

しかしスマホで確認するとD席は下段でも撮影可能なはず・・・

 

 

係委員のお兄ちゃんに質問するも意思疎通できず w w  バイトかこの子?

 

 しっかり確認するとD席の一番西側だけカメラマンエリアということになってるらしく後ろを振り返ることなく横移動🚶

 

この場所は問題無いらしいが やはりフェンス越しの為か他に誰もいない・・・

 

 

 まぁ二段フェンスになっててすぐ目の前にフェンスがあり、その6メートル奥ぐらいにもう一個のフェンスがあるという条件的に非常にハードな撮影ポイントである。

 

 AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VRに ×1.4テレコンをかまし

550mm f/4のレンズ としてF4開放でコースを試し撮りするとフェンスは写らない

 

SSは多少速くなるけど曇りのおかげでそこまで速くならず結果おっけー✌️ である

 

f:id:nikyon:20161021214216j:plain

ハースF1チーム   ロマン・グロージャン

 

 ここで土曜の午前中のフリー走行はマシンを狙うことにする。

 

 

f:id:nikyon:20161021215036j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 見えないS字からいきなり出てくるF−1マシンの場所に400mm f/2.8Gのフォーカスプリセット機構を使いピントを予ためセットしておくと次々と走ってくるマシンに即座にピントを合わせてくれるので便利である♬

 

 

f:id:nikyon:20161021215123j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 フェンスが2重にあるので若干眠い写真に仕上がるがデジタルの時代ではレタッチでシャープに復活させることができる♬

 

 

 

f:id:nikyon:20161021215825j:plain

 スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 やっぱ目線と同じ高さで見るF−1マシンはかっこい

 

 

f:id:nikyon:20161021220033j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 

 

 ドライバーをもっとアップで撮りたいので×2のテレコンに変更 

 

ヨンニッパを800mm f/5.6として使う。

 

f:id:nikyon:20161021214453j:plain

 メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ルイス・ハミルトン

 

 AFの速度低下が心配だったけど、全く問題なく追従してくれた♬

 

 

f:id:nikyon:20161021214533j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ルイス・ハミルトン

 

 ×2のテレコンを使用するとAFの初速は遅いけど1度とらえると問題ないらしい♬

 

 途中上から降りてきたおいちゃんがフェンス写らない?何で撮ってるの?

と聞いてきたのでハチゴローと答える

 すると一度戻り再び帰ってくるおいちゃん 

7Dm2にサンニッパに2倍テレコンだろうか? (キヤノンの事はよく知らない)

同じ場所でマシンを狙う。

 

 すると、おいちゃんがフェンスにピント引っ張られない?と聞いてくる

いつも良い所でフェンスにピントを持って行かれるらしい・・・

 

うp主にきょん 『一度も引っ張られません』と言う(爆) 

 

 これはD5の性能が素晴らしいのか? ハチゴローと化したヨンニッパがすごいのか、 フォーカスリミッターを無限遠〜6mに切り替えて撮影してるからなのか知らないが、うp主のカメラはフェンスに一度もピントを引っ張られることなく撮影できました♬

 

 

 

f:id:nikyon:20161021214756j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 フェンスを写り込まさないよう全て絞り優先にて開放で撮影 

天候が曇りでどんより雲だったり少し明るくなったりとSSスピードが目まぐるしく変わる www  

 

 

f:id:nikyon:20161021220146j:plain

マクラーレン・ホンダ   フェルナンド・アロンソ

 

 アロンソファンであるうp主にきょん

アロンソが走ってくると興奮してシャーターを押すにも気合が入る!

気合が入るということは力が入る! 

ってことは体が硬くなり流し撮りが上手くいかない!

アロンソの写真は微振れが非常に多かった・・・・・

 

f:id:nikyon:20161021220503j:plain

マクラーレン・ホンダ   フェルナンド・アロンソ

 

 上手くいくと全部とはいかないがドライバーとシンクロできていい写真が撮れる。

 

 

f:id:nikyon:20161021220102j:plain

マクラーレン・ホンダ   ジェンソン・バトン

 

 フェンスが太い部分もあり、タイヤからアスファルトにかけて影響を受け眠い絵にもなる・・・

 

 フリー走行終盤になると始めは一人も居なかったD席下側のカメラマンエリアにも4人ほどの人が居た♬ 

 ニコンの超望遠の新型 600mm f/4Eの100万のレンズでおじさまが手持ちでF−1マシンを狙っていた👀 かっこいい・・・

 

 てかおいらにゃ400mm f/2.8Gの4.6キロの超望遠を手持ちで流し撮りするパワーは持ち合わせておりません・ ずっと一脚使用であります!

 

 

 1時間のフリー走行も無事終了

 

 

 

 友人と合流してプラプラして次は予選撮影!

 

 15時からの予選は、前日と同様だがへアピンにて狙うことにする

予選ということもあり一発タイムを出す為に無理をしてコースアウトするマシンが多々いるだろうとの判断である。

 

 GPスクエアからヘアピンまでは結構な距離がある

大勢の人がいる中をヨンニッパを担いで歩く🚶

これこれ♬ これをしてみたかったの(爆)

 

 

 

f:id:nikyon:20161021210906j:plain

途中J席入り口に向かう道なのだが、ここはF−1サーキットか?登山しに来たのか?というような場所に出くわす www

 

 安心してください。 ここゎ鈴鹿サーキットです。

 

 

ヘアピンでも昨日とは少し場所を変えて撮影

f:id:nikyon:20161021220607j:plain

サハラ・フォース・インディアF1チーム   ニコ・ヒュルケンベルグ

 

 旧Gタイプのヨンニッパはsprtsモードの手振れ補正がないため流し撮りで撮る分には軽量な200-500mm f/5.6を使う方が良いことが判明

 

 特に一脚使用での流し撮りがおいらうp主は苦手だ!!!!!

(一脚直付けだょ 自由雲台やティルトなどは使用していない)

 

 

f:id:nikyon:20161021220602j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 ドライバーでヘアピンに侵入してくる角度が微妙に違う

特に縁石を流しながら絡めて撮りたかったアロンソだが、かなりの大回りで縁石と絡めてアップで撮影するということができなかった・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021220737j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ルイス・ハミルトン

 

 レタッチしていて気付いたがマクラーレンフェラーリメルセデスのマシンをよく撮っていた、 意識して狙ってたが下位チームももっと撮っておくんだった・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021220748j:plain

レッドブル・レーシング   ダニール・クビアト

 

 今年のレッドブルのマシンはつや消しマット仕様で非常に綺麗だった

 

 

f:id:nikyon:20161021221153j:plain

昨日と同じ場所は飽きたのでヘアピンの上から撮影することにした

 

 

f:id:nikyon:20161021220851j:plain

スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 上から見るマシンもかっこいい 

ってか一番速く走るためだけに生まれてきた全く無駄のないF−1マシンはどっから見てもかっこいい♬

 

f:id:nikyon:20161021221057j:plain

スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 縦構図で撮ってなかったので縦で流し撮り

 

 

f:id:nikyon:20161021221257j:plain

 メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 

 ここで予選も終了。 

ヘアピンでコースアウトするマシンが出ないで終了 w

予想が外れた・・・

 

 

 

 

 

f:id:nikyon:20161023193004j:plain

 

 さて予選の後は地味に楽しみにしていたF1日本GP前夜祭♬

去年も参加してとても楽しかった思い出のあるイベント♬

 

なんと誰でもF−1チケットで7万円以上するメインスタンドへ入ることができるのだ♬

 

 入場の列に並ぶ

レンズがクソ重いので持ってられない(爆)

一脚を出しっぱなしにしてバランスをとりながら1時間あまり待つ

 

一番奥の席に着席 ここなら超望遠を持ってても後ろに迷惑がかからないw

 

 

 

この日はヨンニッパ一本しか持ってきてなかったのでこんな写真ばかり w ↓

f:id:nikyon:20161021221300j:plain

ルノーのピット メカニックがマシンをカチヤカチヤいじくっている

 

 

f:id:nikyon:20161021221912j:plain

チェックをしている作業員

 

 

f:id:nikyon:20161021221520j:plain

トロロッソのピット  フロントウイングが外されている

 

 

f:id:nikyon:20161021221701j:plain

明日の決勝の為に眠りにつくルノーのF−1マシン

 

 

f:id:nikyon:20161021222219j:plain

 ピットの上のレストラン いい雰囲気のお二人

 

ここに入れる人は関係者なのだろう・・・ う〜むセレブリティ♬

うらやましいぜぇ〜 おいらも入りたいぜぇ〜 向こうから観客席を眺めて

 

『あはは! 人がゴミのようだ!』

 

 とか言ってみてぇぜぇ〜〜〜

 

f:id:nikyon:20161021222005j:plain

 

 フェラーリのドライバーのお二人もイベントへ来てくれました。

間近に見るF−1ドライバーには興奮する♬

ライコネンアイスマンぶりには笑った www

 

この時間GPスクエアの方にはメルセデスの二人が来ていたとか

 

f:id:nikyon:20161021221828j:plain

 明日の決勝では誰が一番上の表彰台に上がるのか? 非常にたのしみ♬

 

 

 

 

  

10月9日 F−1GP決勝

 

 さてあっという間に日曜日

 

 せっかくB2エリアで撮れるカメラマンエリアと買ったので決勝はB2エリアで撮影すると決めていた。

 

 決勝に持ってくレンズはAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRと×1.4テレコン

西コースウォーク用にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを持ってく

 

 

 友人もいるので朝一に場所取りに出向けない・・・

まぁ決勝はスタート時の集団走行だけ撮れれば良いと思ってたので観戦メインということでのんびりホテルをチェックアウトする。

 

 

 案の定B2エリアのホーム側のカメラマンエリアは満員御礼

とりあえず出向くものの係員に止められる・・・

ほんの少しスペースがあるのでそこで撮らしてと言うが通路だからダメという・・

どう見ても通路ではないのだが・・・

 

 まぁ仕方がないのでB2エリアでも2コーナー側の上段のカメラマンエリアで撮影することにする。 それでもできるだけホームに近くということで一番北側をゲットする

 

 隣のお兄ちゃんと少々お話。 

この日非常に強風で寒い!!! トイレが近い!

カメラを見ててもらいトイレに行くこと2回 w 

フォーメーションラップが始まる! (スタート前の軽く流す一周)

 

 

 ここでトラブル発生!  

カメラマンビブスを着用しない外国人親子がおいらの眼の前で撮影しはじめるw

 

ちょ! しかもホーム側を向いてるのでおいらレンズが構えられない!

 

ヌァァァァッァ!!!!   ショ〜〜〜ックぜ!!!!

 

フォーメーションラップともいえど集団走行が楽しめる熱い一周

 

 真横の係員のお兄ちゃん外国人の為にどうしたらいいのか対応できず・・・

すると下から英語の出来る係委員のおいちゃんが外国人を注意しにくる

外国人は目の前から居なくなったものの近くで英語で係委員とバトルしてる

 

 

 英語の出来る係委員と外国人がバトルしてる中、本当のF−1のバトルが始まる w

 

集中できない・・・・・・・・・

 

 

 

f:id:nikyon:20161021204045j:plain

 6万円払ってこの絵しか撮れないB2のカメラマンエリアの価値とは一体・・

 

f:id:nikyon:20161021204702j:plain

 一瞬でマシンが走り抜けていく・・・

 

 その間ずっと係委員と外国人のバトルも繰り広げられる

どうやら絶対写真を撮らせないスタイルのようだ!

徹底している 頑張れ係委員のおいちゃん!

 

 1ラップが終了すると外国人は帰って行った 

係委員のおいちゃんはお騒がせしましたと謝っておりましたがよく頑張ってくれた!

しかし本当にお騒がせだったぜw

 

 しかし人の前でいきなり撮影し始める外国人の無神経さに腹が立つ・・・

 

 

 

 さてここB2のカメラマンエリア あと撮れるのは1コーナーに突入してくるマシンのバトルである

f:id:nikyon:20161021204615j:plain

 こんな感じ  ここでは1000ミリを超える超超超望遠が必要のようだ・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021204157j:plain

 まったくパッとしない・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021204710j:plain

  6万円のチケットを買いB2エリアへ来たものの

今回撮影してみて次回来る時はヘアピン入場可の4万円弱のカメラマンエリアで十分と判断した

 

 

f:id:nikyon:20161023201900j:plain

↑こんな写真が撮れないと意味がない 

ってかこの写真はこの場所に入れるプロしか撮れない・・

アマではどんなに頑張っても撮れないのだ!!!!!!!!

 

 来年は鈴鹿サーキットのホーム正面で撮れるようなカメラマン席を是非とも設置して欲しいと思う! ってか設置してくれョォ! それでこそヘアピンとの2万の価格の差が生きるというもの

 

はっきり言ってB2入場可のカメラマンエリアの金額は高すぎる

 

 

 

 

 優勝はメルセデスAMGペトロナスF1チームの ニコ・ロズベルグ

 

去年とは逆にハミルトンを抑えて優勝した♬

 

f:id:nikyon:20161021205751j:plain

 写真は ベッテルね w 手を振ってくれてる♬

 

 ロズベルグのウイニングランを撮り忘れた w 

 

 シャンパンファイトもパブリックビューイングで見終え・

 

 

 

 西コースウォークへ🚶

 

f:id:nikyon:20161021210438j:plain

 去年はタイヤかすが珍しく拾ってたくさん持って帰ったけど結局ゴミになったので今年は拾うこともない www

 

 

f:id:nikyon:20161021210402j:plain

 鈴鹿を訪れた3日間雨予報があったもののF−1観戦中一度も降ることがなかったのは天気の神様に感謝♬

 

 決勝レース終わり頃に晴れ間が戻ってきました。

 

f:id:nikyon:20161021210912j:plain

 西コースウォークだけど今年はホームストレート手前まで歩くことができた♬

 

 サービスして手前まで来てくれた気の利くメルセデスの車

 

 

 

 やっぱとてもアツいぜ F−1グランプリ!

f:id:nikyon:20161021222123j:plain

 夢のような3日間でした

 

 

 

 

 

 

10月10日 祝日 (帰路)

 

 

2人の友人と大阪日本橋オタロードへ行く! (爆)

彼岸花を撮りに近所を散歩する🚶

 にきょんです。

 

 

 

 

 

 

 今年はここ一ヶ月近くずっと天気がぐずつき曇りか雨の日ばかり・・・

 

しかもまた台風が来てるとか・・・(爆)

 

 

 

 

 休みの日なのでどっか行きたくても雨だと遠出はしたくない・・・

 

 この為、気合の入っていた小松航空祭スーパーバイクの撮影は交通費だけでも半端ない為あえなく断念・・・

 

 久しぶりに流し撮りの練習をしておきたかったものの今年のF−1撮影はぶっつけ本番でのぞむことにする📷 

 

 今年はカメラマンエリアで気合いれて撮影する!📷

 

B2エリアも入れるチケットの為、知ってる人ならその金額に度肝を抜かれることであろう😰

 

 

   

 

 

 さてさすがに暇なので彼岸花を求めて近所を折りたたみ自転車に乗り散歩🚲

 

持ってくカメラとレンズはD810とAF-S NIKKOR 300mm f/4E PF ED VRだけ。

 

どっちも自分の所有物でない(爆)

 

 うp主の唯一のカメラボデーD5はリア充の相方に貸し出し中である。

 

 

 久しぶりに自転車を🚴キコキコ乗る 汗もギリギリかかない気温 ♬

 

走ってものの5分で畑へ到着。 田んぼのあぜ道にたくさん彼岸花が咲いてる🌸

 

 

 

 彼岸花というと真っ赤なドギツぃイメージ

 

今年は柔らかくふんわりと撮りたい📷

 

ということでコントラスト低下を狙い前ボケを盛大に配置して撮影

 

 

メルへ〜ン💐

f:id:nikyon:20161002201805j:plain

 

 なぜか前ボケが虹色になった いいカンヂである。

 

 

台風が去った後は晴れることを祈っております☀︎ 🚗💨

千里川土手へ夜間航空機を撮りに行く

 にきょんです。

 

 

 

 

 

 航空機撮影の超有名スポット✈️

 

大阪国際空港の千里川土手へ航空機を撮りに行ってきました。

 

 

f:id:nikyon:20160922163905j:plain

 D5 + AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR ×1.4テレコンで撮影

 

 

 

 

 ずっと伊丹空港だと思っていたら知らない間に大阪国際空港になってた(爆)

 

 

 

 

 

 荷物が大荷物になるため車🚗で大阪の地に訪れる。

 

 今回持参したカメラはD5

 

 

 レンズは

 AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR

 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2

 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.4-4.5G ED

 の三本と

 

×1.4 と×2テレコンである。

 

 

 

 うp主のにきょんが持ってるレンズで今回持参する謎のレンズがあるとすれば18-35mmだろうが、撮影地まで行くのに駐車場からの歩く距離を考えるとヨンニッパとナナニッパですでに重量6キロを超える、でカメラのD5に三脚を担ぐと死ねる重さである・・・ 

 

 軽く計算すると カメラバックのシューテイングスターL寸が 2キロ

今回全部これに詰め込んで行った。 

ヨンニッパ 4.6キロ

ナナニッパ 1.5キロ

D5 1.4キロ

三脚 2キロ

お茶に財布、テレコン2個で 1キロ

これだけで軽く12キロある www  (テント泊登山じゃねぇぞ!)

これに14-24や24-70の重量級レンズでプラス1キロは無理だ・・・

 

 

 ショルダーバッグの為 片方の肩に13キロのしかかるとマヂにカチ切れる重さである。

 

 実際途中から100メートル歩くごとに荷物が重すぎ肩を入れ替えないと辛いレベルだった・・ 汗だくだし w 

 

 そもそも今回駐車場を阪急の曽根駅前の有料パーキングに駐車したのでそこから1.6キロほど歩いている

 

 次の日雨予報だったので大阪市内で遊んだ後の帰りに駅すぐに車があるとあまり濡れないで済むという選択だったのだけども結果重すぎる荷物に肩を痛めた w (擦切れるかんぢね・・・ヒリヒリヒリヒリした w)

 

 

 今回は得意の車中泊でなく、なんばに宿泊することにしたのね。

だいぶ過ごしやすくなったとゎいえまだ9月だしまだ汗を掻くのでお風呂には入りたい。 有料パーキングで寝るのも気がひけるし次の日は梅田となんばでプラプラしたいがお店がオープンするまでの10時頃までは時間を潰せない。(雨予報だし)

 という理由である。 

 

結果的に千里川土手近くで有料パーキング止めた方が良かった・・・ www

金額も1日最大700円程だったし・・・

 

 前置きが長くなったが、そんな理由でAFの速い24-70mm f/2.8 14-24mm f/2.8のレンズを今回は泣く泣く車に置いていく・・・ 

 

  

 

 

f:id:nikyon:20160922165338j:plain

 

 荷物にふう・・ふぅ・・いいながら千里川土手に午後5時頃到着。 

非常に見晴らしが良い ♬

 

 

夜間航空機撮影ということで天候は曇りだけど今回は雨が降らなければ全く問題はない。

f:id:nikyon:20160922164919j:plain

撮影条件的に雨さえ降らなければ撮れるというのは訪れやすいポイントでもある。 

 

 

 すでに30人近くの人が居る。

撮影してる人やただ見に来てる人など様々

大砲レンズの方も四、五人いる♬

 

 

 真上を航空機が着陸していく。

f:id:nikyon:20160922165208j:plain

  通過時は爆音に爆風です🌀

 

とりあえず迷惑にならないように三脚をセット・・・

 

 しかしうp主の三脚は耐荷重4キロまでのものwww

D5と400mm f/2.8で6キロなので、すでに重量オーバーwwwww

 

 それは元々わかってたことなんだけど、問題は三脚の高さ

手前の草の絡み合ったフェンスが少しだが写り込むのだ!!!

 

 仕方なく三脚の中央のセンターポールのエレベーターを伸ばす・・

もちろんセンターポールを伸ばすとカメラが少しの風でブレる www

(川の土手ということもあり風通しが非常に良い)

 

 ここでは背の高い大型三脚が必要だ・・・

 

まぁ無いものは無いので無いなりに頑張って撮影する。

 

 

 

 暗くなるまで暇だから飛び立った飛行機を狙ってみる。 

f:id:nikyon:20160922165448j:plain

 

 この日午後6時から雨予報だったのだけど降ることがなかったので安心した♬

2016年現在でも当日の天気予報は目まぐるしく変わる・・・ 

f:id:nikyon:20160922165632j:plain

 

 ここの航空機撮影は非常に熱い!

f:id:nikyon:20160922164932j:plain

  さすが大都会の空港、ひっきりなしに航空機が降りてくる。

 

 

f:id:nikyon:20160922161958j:plain

 午後5時30頃だろうか? 滑走路に明かりが灯る! 

 

非常にテンションが上がるょ www

f:id:nikyon:20160922162604j:plain

飛んでは降りて 降りて 降りて 飛んで 降りて・・・

 

飛び立つよりはるかに降りてくる飛行機が多かった気がする。

 

 

 

 

 だんだん空も暗くなって撮影本気モード突入である!

f:id:nikyon:20160922162725j:plain

ヨンニッパに×1.4テレコン     550mm F/4

 

 

f:id:nikyon:20160922163016j:plain

 ヨンニッパ

 

 

秒速12コマで鬼連写!!! ズガガガガガガガガガガガガ!!!!!

 

 

 他に大砲を持ってる方もボチボチいるけど、当初600mm f/4で撮ってて暗くなったから400mm f2.8を取り出した人にはビビった www

 ってかその2本担いで持ってきたの??? 大型三脚も2個あるし・・・

何キロになるの????? 興味津々👀

 

いやはや すごい人もいるものである。 これだけでもなぜかテンションが上がるw

 

f:id:nikyon:20160922164011j:plain

 ナナニッパ 75mm

 

f:id:nikyon:20160922163804j:plain

 さすがD5のAF♬に高感度耐性♬ 狙ったものは確実に撮れる。

 

 

 だいぶ暗くなってきた  

それでもD5の-4EV対応のAFは航空機を確実にとらえてくれる♬8 

f:id:nikyon:20160922164519j:plain

 200−500では初速のAFでとらえられないであろうショットもヨンニッパの爆速AFではいきなり撮影できる。

 

 それよりも頭上を通過する航空機を400mmの画角でファインダーにとらえる方が難しいwww

 

 

 

f:id:nikyon:20160922164940j:plain

 あまり暗くなると 上↑や下↓の写真のように飛行機が暗闇に同化してしまう・・・

f:id:nikyon:20160922164326j:plain

 

 なので空が完全に暗くなる前、なおかつ住宅の明かりが全て点灯する時間帯という非常に熱い撮影時間は非常に短い。

 

 

 

 

 

 今回撮りたかったのは初めに紹介したこの写真です。↓

f:id:nikyon:20160922163905j:plain

 

 これだけを撮りに千里川土手へ訪れたと言っても過言ではないのです。

そもそもこれはヨンニッパでなくとも500mmの望遠であれば撮れる写真

設定はマニュアルでISO 800  F/11  SS2秒である

 

 しかし地味に苦労した写真でもある

離陸する前に一時停止する飛行機の写真ですけども

 

 

 光条を出したいので絞って撮りたい! ってことはSSは遅くなる!

土手なので風が強い! エレベーターを伸ばした貧弱三脚ではブレるので辛すぎる!

そして飛行機が一時停止せずに飛び立つ奴が多数 wwwww

で後ろから航空機がジャンジャン降りてくる!!!

 

 うp主はD5一台しかもってないので飛び立つ奴も着陸してくる奴も両方撮りたい!

てことは離陸する飛行機は三脚でマニュアル撮影!

着陸する飛行機はSS優先で鬼連写! とのやり方だったんだけども超忙しいのwww

 

 D5にはユーザー設定なるものがないのでMとSでいちいち設定し直さないといけない・・ まぁ普通の人はカメラ二、三台持ってるんだろうけど・・・

 

 このためうp主は想像以上にアタフタして撮影してたのである w

 

 

 上の写真はできるだけ低感度で撮りたかったんだけども風が強いのでD5の高感度でも非常に優れている上限とも思われるISO800に決めてF値も11で出てきたSSは2秒

 

 この設定を譲るわけにはいかなぃ!!!

 

 あとは止まってるだろうと思う飛行機をSS2秒で連写である。

飛行機は遠すぎて肉眼では動いてるか止まってるか判断できマシェン WWW

ライブビューの画像拡大で確認しながら撮る感じだったゎ www

 

 

 まぁなんとか思い通りの一枚が撮れてたので満足です♬

 

 

 

 午後8時40分頃にはみんな帰ってって隣の新型ヨンニッパ&D5の方に聞いたらもうほぼ終わりとのこと、  で常連のオバさま?らしき人がアナウンス

 

 次が最終便で〜す♬ 

 

とのw 無知な為に非常にありがたい 

 

 最後を見届けて帰路へ・・・

 

マヂ肩死ぬ www もはや50メートルごとに荷物を支える肩をかえる始末・・・

 

もう二度と13キロ近い機材を持たねぇ! と思った出来事になりました。

 

 

 

 なんばで宿泊後、毎度のこと日本橋オタロード散策

昼に梅田ヨドバシを散策 ジッツォの大型三脚を眺める👀

大阪ニコンサービスセンターへD5のセンサークリーニングとユーザー設定なるものの相談へ行ってきました。

 

 

 AF-S NIKKOR 105mm  f/1.4も触ってニヤッとなったものの、やはり次は大型三脚に雲台だなと思う今日この頃なのです。