めがねカメラ

アマチュアサンデーカメラマンの写真ブログ

F−1日本グランプリ カメラマンエリアで撮影するの巻

   にきょんです。

 

 

 

 

 今年もF−1を見に鈴鹿へ行ってきました。

 

f:id:nikyon:20161021202141j:plain

 

 去年は西コースのヘアピンの見えるJ席で下見がてらの観戦でしたが、今年は気合を入れて高額のB2指定席上部でも撮影可能なカメラマンエリアで撮影してきました。

 

 カメラマンエリアの良いところは座席が無いもののコース各所に設置されたカメラマンエリアでF−1を観戦できるというのも熱い♬

 

 今年は友人2人と共に3人で金曜から観戦です👀 (友人は指定席)

 

朝10時からのフリー走行に間にあわせるため夜中3時に迎えに来てもらい出発!

 

 うp主にきょんの荷物はカメラ機材が大量なので4日分の衣類も(月曜は祝日♬)

合わせ友人の荷物と共に車のトランクがいっぱい www

 

 

 今回メインとなる機材は、カメラボディはもちろんD5

 

レンズは大三元3本と

AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRと

AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR

 

それに×1.4と×2のテレコンと一脚を持ってく。

 

 しかしクローク(荷物預かり)を確保できなかったので実際現地で持って歩くレンズは1本ないし2本の予定 (重いからね・・・)

 

 昨年はD610とAF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6gG ED VRだったので今年は機材が去年と比べ鬼すごくなってる www 

 

 去年のブログ記事↓ 

nikyon.hatenablog.com

 

カメラマンエリアで撮影したので今年は去年とは質が違う! w はず www

 

 

 

f:id:nikyon:20161021202218j:plain

  10月7日 金曜日 予定通り9時頃に鈴鹿

 

 

10時のフリー走行までにカメラマン用のビブスをもらいにメインゲートへ

インフォメーションのお姉ちゃんに場所を聞く。

無事紫色のB2入場可のビブスをゲット!

 

 

 金曜日はコースの下見と決めてたので持ってくレンズはAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRの一本のみ これにテレコン×1.4と×2 

 

 

 

 ここはF−1の聖地鈴鹿。 うp主は非常にテンションが上がっている。

 

 200-500mm f/5.6のレンズに×2のテレコンでは合成F値が11になりAFが使えないので持ってきても重りになるというのは、この時にはまだ気づいていない(爆)

 

 

 B2エリアに入れる高額なチケットを買ったのでとりあえずB2エリアに🚶

 

 ??????? 東コースエリアを一望できるもののパンフレットにあるようなホームストレートのド正面からスタートする全マシンを一枚の写真で撮れるような場所はない・・・・  斜めからホームストレートを見る感じになる・・・

  

 B2エリアから見るホームストレートはこんな感じ↓

f:id:nikyon:20161021204234j:plain

 これで6万円弱だと・・・・・ 正直高いと思った・・

 

ヘアピン入場可の4万円弱の方はいつも完売になってる理由がこの時わかった。

 

 実際、1コーナーの進入バトルを撮るかS字を後方から狙う以外このカメラマンエリアの魅力は無いと言ってもいいかもしれない。

 

 

 とりあえずB2エリアに来てるので1コーナへ突入してくるマシンの写真を撮る。

 

f:id:nikyon:20161021205012j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 金曜の天気はうp主が訪れるF−1開催期間中唯一の晴れ予報

土曜は雨、日曜日決勝は朝が雨で昼から晴れという予報。

 

 結果的に太陽が出てる時に撮れたF−1マシンは金曜の午前中のフリー走行のみとなった。 やっぱ晴れてるとコントラストが強く綺麗♬

 

 

f:id:nikyon:20161021204855j:plain

 ルノー・スポール・F1・チーム   ジョリオン・パーマー

 

125分の1秒のSSを基本に撮影していく。

 

 

f:id:nikyon:20161021205633j:plain

ハースF1チーム   エスティバン・グティエレス

 

 

 高速で走り抜けるマシン、125分の1秒でもドライバーのヘルメットへピントを合わせるのは非常に難しい・・・

 

f:id:nikyon:20161021204942j:plain

↑のように若干甘い写真を量産してしまう・・・

 

 

 

 しかし決まった時にはかっこいい仕上がりになる♬

f:id:nikyon:20161021205703j:plain

スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 いろいろなところで撮りたいのでB2エリアのもう一段高い2コーナーに近いカメラマンエリアも見て回る。 

 

 

 そこからのB2エリアのカメラマン👀

う〜む 望遠レンズがずらり かっこいい・・・  

 

f:id:nikyon:20161021210212j:plain

  B2エリア 北側上段のカメラマンエリアで撮影する熱いカメラマン達

 

 

 次はC席のカメラマンエリアを下見。

ここC席はHonda応援席もあるエリア♬ やはり応援するはマクラーレン・ホンダフェルナンド・アロンソ! 今年も うp主にきょんはアロンソを応援します。

 

ここC席は2コーナーからS字コーナーに進入するマシンを撮ることができるがあまり魅力的に思えなかったので次のD席のカメラマンエリアへ🚶

 

 D席のカメラマンエリア(東側)

ここはコースに非常に近く近距離にてマシンを狙えるエリア

 

f:id:nikyon:20161021211015j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 S字をテクニカルに抜けてくマシンを狙う。

 

f:id:nikyon:20161021211100j:plain

サハラ・フォース・インディアF1チーム   セルジオ・ペレス

 

200ー500のズームレンズは流し撮り用の手振れ補正 SPORTモードが搭載されている♬

 

 

f:id:nikyon:20161021211455j:plain

S字から逆バンクへ駆けるマシン 鈴鹿名物観覧車も見える。

 

 

 次はD席の逆バンク側のカメラマンエリアへ🚶

ここはS字コーナーを抜けて逆バンクへ突入していくマシンを狙える。

コース的にS字を抜けるマシンが上りになってるのでカメラマンエリアからは視覚的にマシンを低い位置でとらえることができる地味に熱いスポット!

 

f:id:nikyon:20161021211446j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 しかし2時間と思ってたフリー走行が1時間30分で終了

ほとんど撮れずに終わってしまった・・・

タイムスケジュールを見るとフリー走行は1時間30分だった・・・ w

 

タイムスケジュールはしっかり確認しなければならない! 教訓である

 

 

  午後のフリー走行まで時間があるので、友人と合流しGPスクエアで買い物!

 

今回うp主はカメラマンビブスを着用の為Tシャツは必要ないので帽子を買う

 

去年はマクラーレン・ホンダを買ったので今年は違うチームが欲しい・・・

 

やはりみんなかぶってるF−1といえばフェラーリか・・・

それともデザインが素敵でかっこいいレッドブルか・・・

メルセデス・・・ いやスタイリッシュなウイリアムズか???

 

 結局普段使いできるレッドブルの帽子を購入。

 

 

 

f:id:nikyon:20161021211522j:plain

 GPスクエアにて歴代のフェラーリのF−1マシンを展示してた♬ かっこいい!

 

f:id:nikyon:20161022212311j:plain

今は見ることのできないカーナンバー1のミハエル・シューマッハが乗ってたマシン!

これまたかっこいいぜ!!! 

当時地上波で放送して見てたけどハッキネンを応援してたな・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021210933j:plain

 ラ・フェラーリ

ガルウイングが素敵♬

 

 

 

 午後からはヘアピンで撮影と決めてたのでヘアピンエリアへ🚶

 

f:id:nikyon:20161021212349j:plain

マクラーレン・ホンダ   フェルナンド・アロンソ

 

確実にマシンをとらえておきたいのでSSは1250分の1秒で狙う

 

タイヤや縁石が止まってしまいスピード感は出ないけどせっかく鈴鹿に来たのだからしっかりと写真は残しておきたいょね・・・

 

f:id:nikyon:20161021212521j:plain

ハースF1チーム   ロマン・グロージャン

  

 今年の鈴鹿日本GPにてハースは非常にいい走りをした♬

 

 

 ここに来た時、隣の鈴鹿常連のカメラマンのおいちゃんに聞いたんだけど

太陽の角度&太陽の差し込み量&マシンの角度など条件が揃うとヘルメットの中のドライバーの瞳まで写せるとか・・・

 

 しかし残念ながら曇りなので瞳まで確認できず・・・

でももっとアップで撮りたい! ヘルメットアップで撮りたい!

と×2のテレコンを装着する👀

 

しかしAF合掌せず  W  なんで???

 

あっ! そりゃそうだ 200-500mm f/5.6のレンズに2倍テレコンを使ったら合成F値が11になり AF使えないの忘れてた! (爆)

 

 ×1.4のテレコンに付け直す w 

×1.4のテレコンの場合は合成F値が8なのでD5なら問題なく作動するょ。

 

f:id:nikyon:20161021212517j:plain

マクラーレン・ホンダフェラーリ

 

どっちも、うp主が大好きなマシンである♬

 

 

 

f:id:nikyon:20161021212954j:plain

ルノー・スポール・F1・チーム   ケビン・マグヌッセン

 

ヘアピン突入で突っ込みすぎ白煙を上げるマシン

こういうのをヘアピンでは多々見ることができる♬

f:id:nikyon:20161021213209j:plain

 タイヤに砂利を拾ってしまった・・・

 

 F−1のタイヤは高熱でグチヤグチヤに溶けてるのでコースアウトするとタイヤに色々くっついてくる。

 砂利や砂、タイヤカスなどを拾った場合、グリップ力は大幅に低下するので元のポテンシャルに戻すのには少し時間がかかるらしい。

 

 

f:id:nikyon:20161021213316j:plain

今期でマクラーレン・ホンダのシートを譲る   ジェンソン・バトン

 

 この勇姿をしっかりと焼き付けておきたい!

年齢的に今年が最後になるのではないか???

 

 

f:id:nikyon:20161021213347j:plain

スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 やっぱり結局フェラーリが一番かっこいい! 

 

f:id:nikyon:20161021213357j:plain

ザウバーF1チーム   マーカス・エリクソン

 

  ザウバーのブルーのマシンも非常に綺麗だった

 

 

f:id:nikyon:20161021213359j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 F−1マシンを非常に近くで撮影できるのがヘアピンの強み

しかもコース内で一番低速になるポイント♬ (撮影しやすい!)

   

 

f:id:nikyon:20161021213646j:plain

マクラーレン・ホンダ   ジェンソン・バトン

 

 攻めすぎたバトン! 

 

 

 一通り撮ったのでSSを125分の1秒にして流し撮りを開始

f:id:nikyon:20161021212424j:plain

ルノー・スポール・F1・チーム   ケビン・マグヌッセン

 

 ルノーの黄色のマシン、昔のジョーダンを彷彿とさせる味わい♬

やはりカラフルなカラーリングは見ていても楽しい♬

 

 

f:id:nikyon:20161021213819j:plain

サハラ・フォース・インディアF1チーム   セルジオ・ペレス

 

 セルジオ・越後ではありません

 

 

f:id:nikyon:20161021214202j:plain

スクーデリア・トロロッソ   カルロス・サインツJr.

 

 

手前にフェンスがあるのでSSを60分の1秒にしたらうっすら写っちゃった w

 

 

 

f:id:nikyon:20161021214013j:plain

スクーデリア・フェラーリ  ライコネンだと思う・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021214116j:plain

 メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ロズベルグ???

 

 

 やはり流し撮りにすると急激に歩止まりが悪くなる・・・

腕の問題なのだろう・・・ 仕方がない(;_;)

ぶっつけ本番には無理があった w 修行不足である

 

 

 ってかここでD5の連射スピードが失速・・

なぜだ?!?!!!???

 

 128GBのXQDカードが満杯になったのである wwwww

うp主はRAWでしか撮らないので容量を食うのだけど6000枚近い写真をこの日だけで撮ってたのである www 128GBもあれば3日間持つと思ってたのに w

 

 まぁデータ保存用のノートパソコンも車に積んでるので問題ないものの恐ろしいぜ

秒間12コマの連射って・・・

 

 結局3日間で合計10000枚の写真を撮ってた。

ブログにアップするのが遅くなった理由は忙しい以外にここにもある w

 

 

  

 この日はこれで終了。  朝早く出発したので宿へ向かう

 

 

 

 

 

 10月8日 土曜日 

 

f:id:nikyon:20161021210710j:plain

 

この日は前日不完全燃焼に終わったDエリアのカメラマンエリアへ行くと決めてた

 

 そしてできるだけ低い位置からマシンを狙いたいのでフェンス越しでもフェンスをボカして撮影可能であろうAF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VRのヨンニッパ様を持っていく! それと×1.4と×2のテレコン

 

 

 うむ! このレンズクッソ重い(爆) 

 

 

 駐車場のみそのモータープールから徒歩1.2キロで入口の逆バンクゲートへ行けるのだけどその移動だけでも大変www 曇りでよかった 晴れてたら汗だく必須である・

 

 フリー走行開始が10時なので9時頃にサーキット到着。

 

 

すでにD席の上段のカメラマンエリアは人でいっぱいである・・・

 

 しかしうp主にきょんは上段よりフェンスがあろうとも下段で撮りたい!

できるだけマシンを低く狙いたい!

 

でもD席下段は誰もいない・・・若干不安もありながら下段へ陣取る

 

 しばらくすると 係員のお兄ちゃんが来て カメラマンエリアで撮影お願いしますと言われる(爆) 

 

 なにそれ! 超恥ずかしいんですけど www

後ろには大量の観戦客たちがいる 後ろは振り向けないwww

しかしスマホで確認するとD席は下段でも撮影可能なはず・・・

 

 

係委員のお兄ちゃんに質問するも意思疎通できず w w  バイトかこの子?

 

 しっかり確認するとD席の一番西側だけカメラマンエリアということになってるらしく後ろを振り返ることなく横移動🚶

 

この場所は問題無いらしいが やはりフェンス越しの為か他に誰もいない・・・

 

 

 まぁ二段フェンスになっててすぐ目の前にフェンスがあり、その6メートル奥ぐらいにもう一個のフェンスがあるという条件的に非常にハードな撮影ポイントである。

 

 AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VRに ×1.4テレコンをかまし

550mm f/4のレンズ としてF4開放でコースを試し撮りするとフェンスは写らない

 

SSは多少速くなるけど曇りのおかげでそこまで速くならず結果おっけー✌️ である

 

f:id:nikyon:20161021214216j:plain

ハースF1チーム   ロマン・グロージャン

 

 ここで土曜の午前中のフリー走行はマシンを狙うことにする。

 

 

f:id:nikyon:20161021215036j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 見えないS字からいきなり出てくるF−1マシンの場所に400mm f/2.8Gのフォーカスプリセット機構を使いピントを予ためセットしておくと次々と走ってくるマシンに即座にピントを合わせてくれるので便利である♬

 

 

f:id:nikyon:20161021215123j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 フェンスが2重にあるので若干眠い写真に仕上がるがデジタルの時代ではレタッチでシャープに復活させることができる♬

 

 

 

f:id:nikyon:20161021215825j:plain

 スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 やっぱ目線と同じ高さで見るF−1マシンはかっこい

 

 

f:id:nikyon:20161021220033j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 

 

 ドライバーをもっとアップで撮りたいので×2のテレコンに変更 

 

ヨンニッパを800mm f/5.6として使う。

 

f:id:nikyon:20161021214453j:plain

 メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ルイス・ハミルトン

 

 AFの速度低下が心配だったけど、全く問題なく追従してくれた♬

 

 

f:id:nikyon:20161021214533j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ルイス・ハミルトン

 

 ×2のテレコンを使用するとAFの初速は遅いけど1度とらえると問題ないらしい♬

 

 途中上から降りてきたおいちゃんがフェンス写らない?何で撮ってるの?

と聞いてきたのでハチゴローと答える

 すると一度戻り再び帰ってくるおいちゃん 

7Dm2にサンニッパに2倍テレコンだろうか? (キヤノンの事はよく知らない)

同じ場所でマシンを狙う。

 

 すると、おいちゃんがフェンスにピント引っ張られない?と聞いてくる

いつも良い所でフェンスにピントを持って行かれるらしい・・・

 

うp主にきょん 『一度も引っ張られません』と言う(爆) 

 

 これはD5の性能が素晴らしいのか? ハチゴローと化したヨンニッパがすごいのか、 フォーカスリミッターを無限遠〜6mに切り替えて撮影してるからなのか知らないが、うp主のカメラはフェンスに一度もピントを引っ張られることなく撮影できました♬

 

 

 

f:id:nikyon:20161021214756j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 フェンスを写り込まさないよう全て絞り優先にて開放で撮影 

天候が曇りでどんより雲だったり少し明るくなったりとSSスピードが目まぐるしく変わる www  

 

 

f:id:nikyon:20161021220146j:plain

マクラーレン・ホンダ   フェルナンド・アロンソ

 

 アロンソファンであるうp主にきょん

アロンソが走ってくると興奮してシャーターを押すにも気合が入る!

気合が入るということは力が入る! 

ってことは体が硬くなり流し撮りが上手くいかない!

アロンソの写真は微振れが非常に多かった・・・・・

 

f:id:nikyon:20161021220503j:plain

マクラーレン・ホンダ   フェルナンド・アロンソ

 

 上手くいくと全部とはいかないがドライバーとシンクロできていい写真が撮れる。

 

 

f:id:nikyon:20161021220102j:plain

マクラーレン・ホンダ   ジェンソン・バトン

 

 フェンスが太い部分もあり、タイヤからアスファルトにかけて影響を受け眠い絵にもなる・・・

 

 フリー走行終盤になると始めは一人も居なかったD席下側のカメラマンエリアにも4人ほどの人が居た♬ 

 ニコンの超望遠の新型 600mm f/4Eの100万のレンズでおじさまが手持ちでF−1マシンを狙っていた👀 かっこいい・・・

 

 てかおいらにゃ400mm f/2.8Gの4.6キロの超望遠を手持ちで流し撮りするパワーは持ち合わせておりません・ ずっと一脚使用であります!

 

 

 1時間のフリー走行も無事終了

 

 

 

 友人と合流してプラプラして次は予選撮影!

 

 15時からの予選は、前日と同様だがへアピンにて狙うことにする

予選ということもあり一発タイムを出す為に無理をしてコースアウトするマシンが多々いるだろうとの判断である。

 

 GPスクエアからヘアピンまでは結構な距離がある

大勢の人がいる中をヨンニッパを担いで歩く🚶

これこれ♬ これをしてみたかったの(爆)

 

 

 

f:id:nikyon:20161021210906j:plain

途中J席入り口に向かう道なのだが、ここはF−1サーキットか?登山しに来たのか?というような場所に出くわす www

 

 安心してください。 ここゎ鈴鹿サーキットです。

 

 

ヘアピンでも昨日とは少し場所を変えて撮影

f:id:nikyon:20161021220607j:plain

サハラ・フォース・インディアF1チーム   ニコ・ヒュルケンベルグ

 

 旧Gタイプのヨンニッパはsprtsモードの手振れ補正がないため流し撮りで撮る分には軽量な200-500mm f/5.6を使う方が良いことが判明

 

 特に一脚使用での流し撮りがおいらうp主は苦手だ!!!!!

(一脚直付けだょ 自由雲台やティルトなどは使用していない)

 

 

f:id:nikyon:20161021220602j:plain

スクーデリア・フェラーリ   キミ・ライコネン

 

 ドライバーでヘアピンに侵入してくる角度が微妙に違う

特に縁石を流しながら絡めて撮りたかったアロンソだが、かなりの大回りで縁石と絡めてアップで撮影するということができなかった・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021220737j:plain

メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ルイス・ハミルトン

 

 レタッチしていて気付いたがマクラーレンフェラーリメルセデスのマシンをよく撮っていた、 意識して狙ってたが下位チームももっと撮っておくんだった・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021220748j:plain

レッドブル・レーシング   ダニール・クビアト

 

 今年のレッドブルのマシンはつや消しマット仕様で非常に綺麗だった

 

 

f:id:nikyon:20161021221153j:plain

昨日と同じ場所は飽きたのでヘアピンの上から撮影することにした

 

 

f:id:nikyon:20161021220851j:plain

スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 上から見るマシンもかっこいい 

ってか一番速く走るためだけに生まれてきた全く無駄のないF−1マシンはどっから見てもかっこいい♬

 

f:id:nikyon:20161021221057j:plain

スクーデリア・フェラーリ   セバスチャン・ベッテル

 

 縦構図で撮ってなかったので縦で流し撮り

 

 

f:id:nikyon:20161021221257j:plain

 メルセデスAMGペトロナスF1チーム   ニコ・ロズベルグ

 

 

 ここで予選も終了。 

ヘアピンでコースアウトするマシンが出ないで終了 w

予想が外れた・・・

 

 

 

 

 

f:id:nikyon:20161023193004j:plain

 

 さて予選の後は地味に楽しみにしていたF1日本GP前夜祭♬

去年も参加してとても楽しかった思い出のあるイベント♬

 

なんと誰でもF−1チケットで7万円以上するメインスタンドへ入ることができるのだ♬

 

 入場の列に並ぶ

レンズがクソ重いので持ってられない(爆)

一脚を出しっぱなしにしてバランスをとりながら1時間あまり待つ

 

一番奥の席に着席 ここなら超望遠を持ってても後ろに迷惑がかからないw

 

 

 

この日はヨンニッパ一本しか持ってきてなかったのでこんな写真ばかり w ↓

f:id:nikyon:20161021221300j:plain

ルノーのピット メカニックがマシンをカチヤカチヤいじくっている

 

 

f:id:nikyon:20161021221912j:plain

チェックをしている作業員

 

 

f:id:nikyon:20161021221520j:plain

トロロッソのピット  フロントウイングが外されている

 

 

f:id:nikyon:20161021221701j:plain

明日の決勝の為に眠りにつくルノーのF−1マシン

 

 

f:id:nikyon:20161021222219j:plain

 ピットの上のレストラン いい雰囲気のお二人

 

ここに入れる人は関係者なのだろう・・・ う〜むセレブリティ♬

うらやましいぜぇ〜 おいらも入りたいぜぇ〜 向こうから観客席を眺めて

 

『あはは! 人がゴミのようだ!』

 

 とか言ってみてぇぜぇ〜〜〜

 

f:id:nikyon:20161021222005j:plain

 

 フェラーリのドライバーのお二人もイベントへ来てくれました。

間近に見るF−1ドライバーには興奮する♬

ライコネンアイスマンぶりには笑った www

 

この時間GPスクエアの方にはメルセデスの二人が来ていたとか

 

f:id:nikyon:20161021221828j:plain

 明日の決勝では誰が一番上の表彰台に上がるのか? 非常にたのしみ♬

 

 

 

 

  

10月9日 F−1GP決勝

 

 さてあっという間に日曜日

 

 せっかくB2エリアで撮れるカメラマンエリアと買ったので決勝はB2エリアで撮影すると決めていた。

 

 決勝に持ってくレンズはAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRと×1.4テレコン

西コースウォーク用にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRを持ってく

 

 

 友人もいるので朝一に場所取りに出向けない・・・

まぁ決勝はスタート時の集団走行だけ撮れれば良いと思ってたので観戦メインということでのんびりホテルをチェックアウトする。

 

 

 案の定B2エリアのホーム側のカメラマンエリアは満員御礼

とりあえず出向くものの係員に止められる・・・

ほんの少しスペースがあるのでそこで撮らしてと言うが通路だからダメという・・

どう見ても通路ではないのだが・・・

 

 まぁ仕方がないのでB2エリアでも2コーナー側の上段のカメラマンエリアで撮影することにする。 それでもできるだけホームに近くということで一番北側をゲットする

 

 隣のお兄ちゃんと少々お話。 

この日非常に強風で寒い!!! トイレが近い!

カメラを見ててもらいトイレに行くこと2回 w 

フォーメーションラップが始まる! (スタート前の軽く流す一周)

 

 

 ここでトラブル発生!  

カメラマンビブスを着用しない外国人親子がおいらの眼の前で撮影しはじめるw

 

ちょ! しかもホーム側を向いてるのでおいらレンズが構えられない!

 

ヌァァァァッァ!!!!   ショ〜〜〜ックぜ!!!!

 

フォーメーションラップともいえど集団走行が楽しめる熱い一周

 

 真横の係員のお兄ちゃん外国人の為にどうしたらいいのか対応できず・・・

すると下から英語の出来る係委員のおいちゃんが外国人を注意しにくる

外国人は目の前から居なくなったものの近くで英語で係委員とバトルしてる

 

 

 英語の出来る係委員と外国人がバトルしてる中、本当のF−1のバトルが始まる w

 

集中できない・・・・・・・・・

 

 

 

f:id:nikyon:20161021204045j:plain

 6万円払ってこの絵しか撮れないB2のカメラマンエリアの価値とは一体・・

 

f:id:nikyon:20161021204702j:plain

 一瞬でマシンが走り抜けていく・・・

 

 その間ずっと係委員と外国人のバトルも繰り広げられる

どうやら絶対写真を撮らせないスタイルのようだ!

徹底している 頑張れ係委員のおいちゃん!

 

 1ラップが終了すると外国人は帰って行った 

係委員のおいちゃんはお騒がせしましたと謝っておりましたがよく頑張ってくれた!

しかし本当にお騒がせだったぜw

 

 しかし人の前でいきなり撮影し始める外国人の無神経さに腹が立つ・・・

 

 

 

 さてここB2のカメラマンエリア あと撮れるのは1コーナーに突入してくるマシンのバトルである

f:id:nikyon:20161021204615j:plain

 こんな感じ  ここでは1000ミリを超える超超超望遠が必要のようだ・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021204157j:plain

 まったくパッとしない・・・

 

 

f:id:nikyon:20161021204710j:plain

  6万円のチケットを買いB2エリアへ来たものの

今回撮影してみて次回来る時はヘアピン入場可の4万円弱のカメラマンエリアで十分と判断した

 

 

f:id:nikyon:20161023201900j:plain

↑こんな写真が撮れないと意味がない 

ってかこの写真はこの場所に入れるプロしか撮れない・・

アマではどんなに頑張っても撮れないのだ!!!!!!!!

 

 来年は鈴鹿サーキットのホーム正面で撮れるようなカメラマン席を是非とも設置して欲しいと思う! ってか設置してくれョォ! それでこそヘアピンとの2万の価格の差が生きるというもの

 

はっきり言ってB2入場可のカメラマンエリアの金額は高すぎる

 

 

 

 

 優勝はメルセデスAMGペトロナスF1チームの ニコ・ロズベルグ

 

去年とは逆にハミルトンを抑えて優勝した♬

 

f:id:nikyon:20161021205751j:plain

 写真は ベッテルね w 手を振ってくれてる♬

 

 ロズベルグのウイニングランを撮り忘れた w 

 

 シャンパンファイトもパブリックビューイングで見終え・

 

 

 

 西コースウォークへ🚶

 

f:id:nikyon:20161021210438j:plain

 去年はタイヤかすが珍しく拾ってたくさん持って帰ったけど結局ゴミになったので今年は拾うこともない www

 

 

f:id:nikyon:20161021210402j:plain

 鈴鹿を訪れた3日間雨予報があったもののF−1観戦中一度も降ることがなかったのは天気の神様に感謝♬

 

 決勝レース終わり頃に晴れ間が戻ってきました。

 

f:id:nikyon:20161021210912j:plain

 西コースウォークだけど今年はホームストレート手前まで歩くことができた♬

 

 サービスして手前まで来てくれた気の利くメルセデスの車

 

 

 

 やっぱとてもアツいぜ F−1グランプリ!

f:id:nikyon:20161021222123j:plain

 夢のような3日間でした

 

 

 

 

 

 

10月10日 祝日 (帰路)

 

 

2人の友人と大阪日本橋オタロードへ行く! (爆)

千里川土手へ夜間航空機を撮りに行く

 にきょんです。

 

 

 

 

 

 航空機撮影の超有名スポット✈️

 

大阪国際空港の千里川土手へ航空機を撮りに行ってきました。

 

 

f:id:nikyon:20160922163905j:plain

 D5 + AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR ×1.4テレコンで撮影

 

 

 

 

 ずっと伊丹空港だと思っていたら知らない間に大阪国際空港になってた(爆)

 

 

 

 

 

 荷物が大荷物になるため車🚗で大阪の地に訪れる。

 

 今回持参したカメラはD5

 

 

 レンズは

 AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR

 AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2

 AF-S NIKKOR 18-35mm f/3.4-4.5G ED

 の三本と

 

×1.4 と×2テレコンである。

 

 

 

 うp主のにきょんが持ってるレンズで今回持参する謎のレンズがあるとすれば18-35mmだろうが、撮影地まで行くのに駐車場からの歩く距離を考えるとヨンニッパとナナニッパですでに重量6キロを超える、でカメラのD5に三脚を担ぐと死ねる重さである・・・ 

 

 軽く計算すると カメラバックのシューテイングスターL寸が 2キロ

今回全部これに詰め込んで行った。 

ヨンニッパ 4.6キロ

ナナニッパ 1.5キロ

D5 1.4キロ

三脚 2キロ

お茶に財布、テレコン2個で 1キロ

これだけで軽く12キロある www  (テント泊登山じゃねぇぞ!)

これに14-24や24-70の重量級レンズでプラス1キロは無理だ・・・

 

 

 ショルダーバッグの為 片方の肩に13キロのしかかるとマヂにカチ切れる重さである。

 

 実際途中から100メートル歩くごとに荷物が重すぎ肩を入れ替えないと辛いレベルだった・・ 汗だくだし w 

 

 そもそも今回駐車場を阪急の曽根駅前の有料パーキングに駐車したのでそこから1.6キロほど歩いている

 

 次の日雨予報だったので大阪市内で遊んだ後の帰りに駅すぐに車があるとあまり濡れないで済むという選択だったのだけども結果重すぎる荷物に肩を痛めた w (擦切れるかんぢね・・・ヒリヒリヒリヒリした w)

 

 

 今回は得意の車中泊でなく、なんばに宿泊することにしたのね。

だいぶ過ごしやすくなったとゎいえまだ9月だしまだ汗を掻くのでお風呂には入りたい。 有料パーキングで寝るのも気がひけるし次の日は梅田となんばでプラプラしたいがお店がオープンするまでの10時頃までは時間を潰せない。(雨予報だし)

 という理由である。 

 

結果的に千里川土手近くで有料パーキング止めた方が良かった・・・ www

金額も1日最大700円程だったし・・・

 

 前置きが長くなったが、そんな理由でAFの速い24-70mm f/2.8 14-24mm f/2.8のレンズを今回は泣く泣く車に置いていく・・・ 

 

  

 

 

f:id:nikyon:20160922165338j:plain

 

 荷物にふう・・ふぅ・・いいながら千里川土手に午後5時頃到着。 

非常に見晴らしが良い ♬

 

 

夜間航空機撮影ということで天候は曇りだけど今回は雨が降らなければ全く問題はない。

f:id:nikyon:20160922164919j:plain

撮影条件的に雨さえ降らなければ撮れるというのは訪れやすいポイントでもある。 

 

 

 すでに30人近くの人が居る。

撮影してる人やただ見に来てる人など様々

大砲レンズの方も四、五人いる♬

 

 

 真上を航空機が着陸していく。

f:id:nikyon:20160922165208j:plain

  通過時は爆音に爆風です🌀

 

とりあえず迷惑にならないように三脚をセット・・・

 

 しかしうp主の三脚は耐荷重4キロまでのものwww

D5と400mm f/2.8で6キロなので、すでに重量オーバーwwwww

 

 それは元々わかってたことなんだけど、問題は三脚の高さ

手前の草の絡み合ったフェンスが少しだが写り込むのだ!!!

 

 仕方なく三脚の中央のセンターポールのエレベーターを伸ばす・・

もちろんセンターポールを伸ばすとカメラが少しの風でブレる www

(川の土手ということもあり風通しが非常に良い)

 

 ここでは背の高い大型三脚が必要だ・・・

 

まぁ無いものは無いので無いなりに頑張って撮影する。

 

 

 

 暗くなるまで暇だから飛び立った飛行機を狙ってみる。 

f:id:nikyon:20160922165448j:plain

 

 この日午後6時から雨予報だったのだけど降ることがなかったので安心した♬

2016年現在でも当日の天気予報は目まぐるしく変わる・・・ 

f:id:nikyon:20160922165632j:plain

 

 ここの航空機撮影は非常に熱い!

f:id:nikyon:20160922164932j:plain

  さすが大都会の空港、ひっきりなしに航空機が降りてくる。

 

 

f:id:nikyon:20160922161958j:plain

 午後5時30頃だろうか? 滑走路に明かりが灯る! 

 

非常にテンションが上がるょ www

f:id:nikyon:20160922162604j:plain

飛んでは降りて 降りて 降りて 飛んで 降りて・・・

 

飛び立つよりはるかに降りてくる飛行機が多かった気がする。

 

 

 

 

 だんだん空も暗くなって撮影本気モード突入である!

f:id:nikyon:20160922162725j:plain

ヨンニッパに×1.4テレコン     550mm F/4

 

 

f:id:nikyon:20160922163016j:plain

 ヨンニッパ

 

 

秒速12コマで鬼連写!!! ズガガガガガガガガガガガガ!!!!!

 

 

 他に大砲を持ってる方もボチボチいるけど、当初600mm f/4で撮ってて暗くなったから400mm f2.8を取り出した人にはビビった www

 ってかその2本担いで持ってきたの??? 大型三脚も2個あるし・・・

何キロになるの????? 興味津々👀

 

いやはや すごい人もいるものである。 これだけでもなぜかテンションが上がるw

 

f:id:nikyon:20160922164011j:plain

 ナナニッパ 75mm

 

f:id:nikyon:20160922163804j:plain

 さすがD5のAF♬に高感度耐性♬ 狙ったものは確実に撮れる。

 

 

 だいぶ暗くなってきた  

それでもD5の-4EV対応のAFは航空機を確実にとらえてくれる♬8 

f:id:nikyon:20160922164519j:plain

 200−500では初速のAFでとらえられないであろうショットもヨンニッパの爆速AFではいきなり撮影できる。

 

 それよりも頭上を通過する航空機を400mmの画角でファインダーにとらえる方が難しいwww

 

 

 

f:id:nikyon:20160922164940j:plain

 あまり暗くなると 上↑や下↓の写真のように飛行機が暗闇に同化してしまう・・・

f:id:nikyon:20160922164326j:plain

 

 なので空が完全に暗くなる前、なおかつ住宅の明かりが全て点灯する時間帯という非常に熱い撮影時間は非常に短い。

 

 

 

 

 

 今回撮りたかったのは初めに紹介したこの写真です。↓

f:id:nikyon:20160922163905j:plain

 

 これだけを撮りに千里川土手へ訪れたと言っても過言ではないのです。

そもそもこれはヨンニッパでなくとも500mmの望遠であれば撮れる写真

設定はマニュアルでISO 800  F/11  SS2秒である

 

 しかし地味に苦労した写真でもある

離陸する前に一時停止する飛行機の写真ですけども

 

 

 光条を出したいので絞って撮りたい! ってことはSSは遅くなる!

土手なので風が強い! エレベーターを伸ばした貧弱三脚ではブレるので辛すぎる!

そして飛行機が一時停止せずに飛び立つ奴が多数 wwwww

で後ろから航空機がジャンジャン降りてくる!!!

 

 うp主はD5一台しかもってないので飛び立つ奴も着陸してくる奴も両方撮りたい!

てことは離陸する飛行機は三脚でマニュアル撮影!

着陸する飛行機はSS優先で鬼連写! とのやり方だったんだけども超忙しいのwww

 

 D5にはユーザー設定なるものがないのでMとSでいちいち設定し直さないといけない・・ まぁ普通の人はカメラ二、三台持ってるんだろうけど・・・

 

 このためうp主は想像以上にアタフタして撮影してたのである w

 

 

 上の写真はできるだけ低感度で撮りたかったんだけども風が強いのでD5の高感度でも非常に優れている上限とも思われるISO800に決めてF値も11で出てきたSSは2秒

 

 この設定を譲るわけにはいかなぃ!!!

 

 あとは止まってるだろうと思う飛行機をSS2秒で連写である。

飛行機は遠すぎて肉眼では動いてるか止まってるか判断できマシェン WWW

ライブビューの画像拡大で確認しながら撮る感じだったゎ www

 

 

 まぁなんとか思い通りの一枚が撮れてたので満足です♬

 

 

 

 午後8時40分頃にはみんな帰ってって隣の新型ヨンニッパ&D5の方に聞いたらもうほぼ終わりとのこと、  で常連のオバさま?らしき人がアナウンス

 

 次が最終便で〜す♬ 

 

とのw 無知な為に非常にありがたい 

 

 最後を見届けて帰路へ・・・

 

マヂ肩死ぬ www もはや50メートルごとに荷物を支える肩をかえる始末・・・

 

もう二度と13キロ近い機材を持たねぇ! と思った出来事になりました。

 

 

 

 なんばで宿泊後、毎度のこと日本橋オタロード散策

昼に梅田ヨドバシを散策 ジッツォの大型三脚を眺める👀

大阪ニコンサービスセンターへD5のセンサークリーニングとユーザー設定なるものの相談へ行ってきました。

 

 

 AF-S NIKKOR 105mm  f/1.4も触ってニヤッとなったものの、やはり次は大型三脚に雲台だなと思う今日この頃なのです。

AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR を買う

にきょんです。

 

 

 

 

 

 

 

 神々のおもちゃとも言われる超望遠レンズをGETしました。

 

ヨンニッパと言われる開放F値 2.8の明るさを持つ長玉レンズ♬

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 400mm f/2.8G ED VR フルサイズ対応

 

 

 

 NIKKORのEタイプの新型超望遠レンズが出揃う中、旧型のGタイプにしたことや

 

超望遠レンズと言われるレンズは色々あるもののなぜヨンニッパを選んだのか?

 

にきょんの少ない脳をフル回転させ考え抜いた末の結論までのお話。

 

 

 

 2013年に800mm f/5.6E (ハチゴロー)

14年に400mm f/2.8E (ヨンニッパ)

15年に500mm f/4E (ゴーヨン) 600mm f/4E (ロクヨン

とリニューアルしたニコンの超望遠レンズ群

 

 こちら全て価格が100万オーバーという・・・

一般ピーポーな方達は指を咥えて眺めることしかできない神々のおもちゃである。

 

 うp主の考え的に、D5を超える値段のレンズは買えない・・・ 

 

 

 

 新型が出たということは旧型レンズは値が落ちる。

 

旧型の400mm f/2.8G  500mm f/4G  600mm f/4Gは中古になるが現在50万円後半

 

 

 これなら・・・まぁ・・・ な・・な・・なんとか??? ( ̄▽ ̄;💧)

 

 

 もはやこれはこれで金銭感覚が崩壊してるのだが、お熱をあげてる趣味なので仕方ない。 (世間一般的には病気という・・・)

 

 

 

うp主が欲しいレンズは はじめからヨンニッパ!(°∀°)⤴

 

 室内スポーツ & レース & お馬さん撮影 & 夜間航空機撮影 & お祭りポートレート & 望遠ネイチャー等撮りたいものたくさん♬ 地味に使いどころが多い

(お祭りポートレートなら取り回し的にサンニッパの方が良いと思うけど)

 

 

超望遠レンズは超高額な為 もちろん一本しか買えないょ・・・(;´д`)

 

  

400mm f/2.8のレンズに

×1.4テレコンを使うと 560mm f/4

×1.7テレコンを使うと 680mm f/5

×2 テレコンを使うと 800mm f/5.6

 

とヨンニッパ一本でゴーヨン&ハチゴローとなり使いどころが美味しい♬

テレコンかますことでAFスピードと画質は落ちる)

(×2テレコンを使うとAFスピードが1/4くらいになるとか)

 

 

 特に今回ヨンニッパを買うにあたり参考にした記事は、野鳥撮影のレンズ選びという記事♬ 非常にお世話になりました😺

 ヨンニッパの鳥と桜の作例には痺れました!

 

 

 しかしうp主にきょんは鳥に興味がない (爆)🐔

 

なので鳥の羽一本一本解像する絵のポテンシャルは必要としない

鳥さんが飛翔する所を爆速AFで狙う使い方も今の所しない

 

だから800mmはテレコン使用でカバーしようという計算

 

 

 

 新型400mm f/2.8Eタイプと旧型Gタイプの主な違いは

 

①軽さ  新型Eタイプ3800g  旧型Gタイプ4620g

 

 こちら↓ 

f:id:nikyon:20160828192727j:image

上のレンズ 新ヨンニッパ

下のレンズ 旧ヨンニッパ

 

新旧中古品が出てたので行きつけのチャメラのチタムラにて取り寄せてもらった😌

 

 行きつけのカメラ屋があると気軽にこういうことができるところが熱い♬ 

 

 新型のレンズは3800gという重さであるが三脚座の位置を見ればわかるようにレンズ前面を蛍石を採用することによりボディ側にレンズの重心があるので実際構えてみるとGタイプに比べ800g以上の軽さがある。

 流し撮りの時とかに手持ちで効果を発揮しそうである。

 

 旧型は4620gという重量そのもので 重い・・・

手持ちはうp主の貧腕では数秒・・・ 

三脚座が前側にあるため収納時に干渉しないようにフードが二段フードになっている。

 

 このフード新型&旧型ともにどちらも装着できる、 三脚座に干渉するけど新型のフードの方がいいからフードだけ新型に変えようと考えて値段を調べてもらうと、この望遠レンズのフードの価格 

 

 

 

 

  7万円 (爆)

 

 

 

 

 

②  手振れ補正に流し撮りに有効なスポーツモードが追加

新型は手振れ補正4段分 旧型は3段分

 

 

③ AF速度 AF精度 AE精度の向上

 

とこんな感じで非常に新型は進化してる♬!

 

 

これはとぉてぇも!ほすい!(;-;)

 

しかし新型Eタイプは中古価格で100万ジャスト www (´・д・`)

 

 

はい無理〜❌ ぶぶ〜🙅

 

 

 

 うp主にきょんはどうにか旧型でも大丈夫だという理由を無理やり考えた。

 

まず重さ

軽量化されたとはいえ3800gもあるレンズ ずっと手持ちでは使えない

 

旧型でずっと一脚使えば良いかしら?

 

 

 

手振れ補正のスポーツモード

 

 このモードはひじょうに欲しい・・・ 

 

 

AF速度 精度 AE精度

 

 これは実際使って比べないとわからない・・・

旧型でもAFスピードは爆速だった

AF精度は新型の方がいいんだろぅなぁ という感じで

AE精度は Eタイプの方が安定してるはず。

 

 

・・・・・・ やっぱり旧型の方が良いという理由がない www

 

 

 問題は価格・・・

 

 

 

 そしてここでレンズを買うにあたり売却することも視野に考える。

(そこまで調べるくらい悩んだのょ・・・)

 

 チタムラで聞くところによると

新型Eタイプ AB品(比較的綺麗)なら65万程で売れる。

旧型Gタイプ AB品 確か42万程

 

 ということはもし新型を売る場合は差額35万の損

旧型なら15万ぐらいのダメージで済むという・・・

 

 まだ5年以上新型の超望遠レンズがリニューアルされることがないことが予想される為この価格は5年近くほぼ平行線を辿ることになるであろう。

 

 

 

 レンズの重量、三脚座の位置が一番気になるもののやはり価格が一番のネックとなり旧型を選択。

 

 一週間の取り置き期限がある中、(結局オーバーしたけどwww)

旧型を選択するまで4回ほどチタムラへ出向く ww

 

 

 悩みのあまり暴走して 600mm f/4G も取り寄せてもらった (爆)


f:id:nikyon:20160828201334j:image

上のレンズ ロクヨン

下のレンズ ヨンニッパ

 

かっこいい(°∀°)⤴ www 

 

 

 レンズの前玉の口径は若干ロクヨンの方が大きい。 

超望遠レンズで口径166ミリの一番の大きさを持つロクヨンを触ってみたかった♬

 

レンズの最大径 ↓

ヨンニッパ 160ミリ

ゴーヨン  140ミリ

ロクヨン  166ミリ ハチゴローより口径がでかいのだ!

ハチゴロー 160ミリ

 

 ひらたく言うと口径が大きい方が被写界深度が浅い

開放で比較した場合よりよくボケるということ。

 

 

 うp主はよりボカしたい! そして明るいレンズが良い!

そして前玉のでかいレンズが欲しい!!!

ヨンニッパとロクヨンで悩んでたけど開放f値が決め手になった。

(ヨンニッパは×1.4テレコンで560mm f/4になるし)

 

 

 この旧型のロクヨンはレンズ重量が5060g 

数秒手持ち撮影できるくらい w 

 

 ロクヨン長い!重い! でも厳つくてかっこいいww

 

 でもやっぱにきょんはヨンニッパ一択である。

 

 

 

 

 

 さてここで500mm f/4Gの旧型ゴーヨンについて触れたい

 

超望遠レンズの中で一番軽量でしかも三脚座がレンズ側にある (しかも一番安い)

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 500mm f/4G ED VR フルサイズ対応

写りも一番シャープで ×2テレコンを使っても一番シャープという熱いレンズ。

 

レース撮影や野鳥撮影などこれ一本でイケる!ナイスレンズ

 

が、にきょんはAF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRを持ってる

 

 AFスピードは全然違うもののレース撮影ぐらいなら200−500のレンズで十分いける。(お昼の)

 

しかも200−500はスポーツモードのVRがある

 

で 開放f値が一段しか違わない。

 

まぁこんな理由ではじめから候補から外れたのです。

 

 

  AF-S NIKKOR 200-500mm f/5.6E ED VRはとても写りが良く財布に優しくいいレンズなのだけど超超超望遠撮影時に200ー500は×2のテレコンは開放F値が11になるのでAFが使えない。

 

 そして200−500では室内スポーツ撮影はうp主の使い方的にAFが遅くてまぢ使い物にならない・・・ここが高額な超望遠(AFスピードの速い)レンズの購入の原因である

 

 

 

  

 

 

 番外編 800mm f/5.6Eのハチゴロー 

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 800mm f/5.6E FL ED VR フルサイズ対応

×1.25のハチゴローの為に専用に設計されたテレコンがついてて

1000mm f/7.1になるね

 

でも 高すぎ・・・ 鳥さんの撮影に目覚めたら買おう、、

 

 

 

 

 

f:id:nikyon:20160828201403j:plain

左手前 新ヨンニッパ 一番欲しかったの

真ん中奥 旧ロクヨン 暴走して取り寄せたのw

右    旧ヨンニッパ 今回買ったやつ。

 

もはや片田舎のカメラ屋で異常な光景である。w

 

 

 

 

 ヨンニッパを買ったということはテレコンも同時購入しているということ。

f:id:nikyon:20160828192714j:plain

 ×1.4テレコン装備中 

 

 とてもかっこいい(´ω`)♥

 

 このヨンニッパ中古とはいえ程度は非常に良かった♬ 

 VR鳴きもなくマウントの微妙なガタもなかった♬

 

 

 てかこのレンズ買ったから三脚も更新せねば・・・

三脚買ったら夜の伊丹に行きたい✈️

 

 しばらくは一脚で使うことにする。

 

 

 

 

次回は×1.4テレコンを買うの巻

阿波踊りを撮りに行く🙋

 にきょんです。

 

 

 

 

 

 

 お盆休みは2夜連続、徳島の阿波踊りへと行ってまいりました。

 

 祭り期間中135万人もの観光客が集まるお祭りで、その知名度から知らない人はいないと思われる。

 

 

 

 夜といえども30℃近い気温🔥 少し動くと汗が吹き出す💦

そりゃ8月中旬だから仕方がないのだけど・・・

 

 そこを我慢してまで祭りに来る価値は十分にあるのです♬👍

 

 

 

 8月12日から15日まで18時〜22時半頃まで徳島駅南側の繁華街が阿波踊り一色になる。

 

 いたるところで鐘や太鼓、笛の音が聞こえ♬ そのお祭りの規模は衝撃レベルである。

 

 

 

 以前友達と一度訪れたこともあり少々街の作りや土地勘があったので何も下調べせずに車で徳島に訪れる。

 

 

 が、甘かった www  早速駐車場で困った www

 

 祭りの開催される繁華街から少し離れた場所に止めたものの、小学校や公園などまだ安く止めれる場所があった・・・ やはり駐車場くらいは下調べしておいたほうが良い。

 

 

 時間は18時過ぎ もう有料演舞場では踊りが始まってる時間だ。

でも有料演舞場以外でも路上のいたるところで踊りが見られる。

 

f:id:nikyon:20160821111718j:plain

 D5+AF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2

被写体を浮かしつつ背景の祭りの雰囲気が伝わるように撮れた。

お気に入りの一枚。

 

 

 今回はAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRと二本体制で撮影。

 スピードライトSB910も持参。

 

 

 

 

 『眼力』

f:id:nikyon:20160821112034j:plain

 

あちらこちらで踊ってるのでどこで撮影しようか困る www

 

 

とりあえず正面から撮りたいので有料演舞場の正面へ行く。

f:id:nikyon:20160821112406j:plain

やはり人気エリアだけにたくさんのカメラマンが撮影してた。

 

f:id:nikyon:20160821112410j:plain

 

 ここへ到着したのは遅く途中参加だった為、人を避けながら後方から連写する。

 

 それも秒間12コマでの執拗なまでの鬼連写! ズガガガガガガ!!!

それにはちゃんとした訳があり踊り子の腕の位置、足の位置が完璧でなければならない!との自己満足写真への執着。

 

 鬼連写してると前の観客やカメラマンが振り向く。

遠慮してくれたのか気を利かしてくれ徐々に退いてくれる。 (ありがとう♬) 

気がつくと前列2列目に居た www

 

f:id:nikyon:20160821113948j:plain

  しかし同じような写真を量産

 

そりゃそうだ、 同じ場所でずっと撮ってるんだから・・・

 

前半の部が終了したので、もっと色々な写真が撮りたいから繁華街へ🚶

 

 

 

 『ダァァァッァァァ!』

f:id:nikyon:20160821112433j:plain

 これです♬ こういう祭りの雰囲気が伝わる写真を撮りたかったの♬

 

 

 

f:id:nikyon:20160821112403j:plain

  渋い👍

 

 

 『昭和風』

f:id:nikyon:20160821113216j:plain

 連ごとに色とりどりの浴衣があるが、この連の浴衣は昭和チックだった。

 

 

  『有名連』

f:id:nikyon:20160821113159j:plain

  観客が はちすか連だ!とテンション上がり気味な方が多数。

 

 さすが有名連 人数が多い!

日々の鍛錬の賜物であろうか多くても皆踊りが揃っていてとても美しい。

初心者でもわかるレベルでとても綺麗だ。 

 

踊り子の繊細な手や指の動き、軽やかな足さばき、素晴らしかった♬

 

特に指の繊細な動きで踊りが上手かどうか判断できる。

 

f:id:nikyon:20160821190917j:plain

 

 踊りだけでなくフォーメーションで色々楽しませてくれる♬

 

流行の編隊少女であるな! (阿波フォーメーションガールズ) w

 

 

 

f:id:nikyon:20160821113903j:plain

 しっとりとでもダイナミックな足さばきも美しい👣

 

 

 

 次の日 15日 阿波踊り最終日

f:id:nikyon:20160821194152j:plain

 

 

 

 駐車場は前日歩いてると偶然見つけた大型駐車場へ止めようと思ってたので焦ることなく現地入り。 

 

少し早い到着だったので今日は有料席で見ようと当日券を買いに徳島駅前へ🚶

 

 昔ケチってB席にして残念だったのでS席にする

S席では前で踊り子が色々パフォーマンスを見せてくれる 2000円程

B席ではそれを遠目で見るという悲しい事態に陥る。 1600円程

 

 

 

 受付のお姉ちゃんに聞くとまだ全部の演舞場のS席が残ってるという・・・

 

その中でオススメを聞く。

 

藍場浜演舞場と紺屋町演舞場が18時からの部で有名連が多く出場するみたい

 

藍場浜は前回B席で見たので今回は紺屋町演舞場のS席を買う。

 

 

 

 まだ時間があるので🚶近くのそごうに行く。

ここでも踊り子たちが踊ってる♬

 

 

 

f:id:nikyon:20160821120210j:plain

  初々しい💕

 

 

 

f:id:nikyon:20160821120253j:plain

 美人度MAX!!!

 

 

 

 

 非常にテンション上がる wwwwww

 

 

 

時間が来たので紺屋町演舞場に行く。

 

 有料演舞場では写真撮影できるものの5列目だった為、前の人が写り込みどうにもならない・・・

 

 ここは潔く写真撮影を諦め祭りを楽しむことにする。

(ちょっと撮ったけど全部ボツ写真!)

 

 

 カメラのファインダーを覗いて撮影に夢中になるのもいいが、周りを広く見渡し

祭りを満喫するのも大変良い! 

 

 1部 2時間程で終了 とても楽しかった♬

 

さて 次はどこに撮影に行こうか観覧中に思案していたわけだが

 

最終日 南内町演舞場で総踊りという熱いものがあるらしいのだがこの時間から行っても確実に撮れる見込みがない為、来年用に楽しみに取っておくことにする。

 

じゃあどうしよう? w

 

次の2部の部までもう15分だから紺屋町演舞場の最前列の出口で撮ることにする。

 

f:id:nikyon:20160821114450j:plain

 

 う〜む 楽しい♬ 

 

しかしここ紺屋町演舞場 報道カメラマンの方が多数・・・

 

目の前をウロチョロウロチョロしてくださる・・・・

  

 

f:id:nikyon:20160821115442j:plain

 こういう状態になる www 

 

向こうは仕事で生活がかかっているのだろう・致し方ないが・・ 

中に入って撮れる人羨ましいなぁ・・・

 

f:id:nikyon:20160821114748j:plain

トリミング有り

 

いい感じで観光協会のパンフレット風に撮れてたのにその前にいる報道カメラマンが少し入ってしまい邪魔された・・・ (泣) つらたん・・・

 

 

 数人の報道カメラマンの方がウロチョロするのに耐えきれずにうp主にきょんの隣のニコンD300のおじさまが吠えた! w

 

「にいヤン! ちょっと座ってくれ!」 と www

 

 

前に報道カメラマンが居るため広角は100パーセント使えない!

 

この日はAF-S NIKKOR 70-200mm f/2.8G ED VR2 一本で撮影📷

 

 

おじさまの喝が効いたのか? 時間的に総踊りの撮影に向かったのか?

報道カメラマンが少なくなった w

 

f:id:nikyon:20160821120345j:plain

  

f:id:nikyon:20160821114938j:plain

 浴衣姿の女性はとても美しい

 

f:id:nikyon:20160821114139j:plain

  そしてかっこいい👍

 

f:id:nikyon:20160821114259j:plain

 それでもって眩しい♬

 

 

f:id:nikyon:20160821114000j:plain お母様も祭り満喫♬

 

 

f:id:nikyon:20160821115427j:plain おじさまも満喫♬

 

 

f:id:nikyon:20160821120721j:plain 兄様も吠える!

 

 

f:id:nikyon:20160821115802j:plain

 みんな祭りが楽しくて仕方がないようだ

 

 

f:id:nikyon:20160821114803j:plain

 それを見てるこちらもとても楽しい♬

 

 

f:id:nikyon:20160821115750j:plain

  夏のうだるような熱気

 

 

 

 心の中まで響く、鐘の音 太鼓の音 笛の音 三味線の音 

f:id:nikyon:20160821115311j:plain

 写真では伝えられないことが祭りにはたくさんある。

 

f:id:nikyon:20160821120003j:plain

 是非一度 夏の徳島を訪れてこの祭りを堪能して欲しい

 

一度訪れるとまた訪れたくなる  そんなお祭りだ

 

 

f:id:nikyon:20160821194530j:plain

 最終日 祭りの時間が過ぎても人々は踊り続ける 

 

 

 

 

踊る阿呆に見る阿呆 同じ阿呆なら踊らにゃ損損

 2016 夏 阿波踊り

流れ星を撮影しに行く🌠

   にきょんです。



 




 現在、まさにナウの今!ジャスト! ペルセウス座流星群が極大らしい。

 

 

 

『8月12日から13日未明にかけて最も多くの流星が見られるぜ!』

 

と前々からリア充と化した相棒に言われてたので撮りに行ってきました。

 

 

 

 この相棒のリア充天体マニアであり、リア充じゃなかった二年前はよく二人で天体観測しに山にカメラとBBQセットを持って撮影に行ってた。

 

 

 

 天体のことに関してはズブな素人のにきょんと、天体マニアの相棒と、もちろんセットでご登場の相棒の彼女という三人で天体観測である。

 

 

 そもそも、うp主にきょんはずっと天体に興味がない為、リアルに天体撮影は2年ぶりである。

 

 

 

 よく昔行ってた天体観測地に到着🚗

下界は夜でも気温が30℃という中、ここ標高900m付近の山は23℃と快適である。 ってか少し肌寒いので長袖を後で着用。

 

 

 

 夜中24時に月が沈むから空が暗くなりよく見えるようになるという・・・

「よく知ってるやつだなw」

 

まだ若干空は雲が多いので月明かりの元BBQの準備をする🍖

 

 相棒の彼女と一人用の小型七輪をセットしスーパーで買ってきた味付きの4割引のボロ豚肉を焼く。

 

ボロ肉でも炭火で焼くと美し!

 

 今回にきょんは肉を焼きに来たが8割

星の撮影が2割という不純な動機MAXである。

 

 

 

 肉を焼いている間相棒は、3年前に買った赤道儀付きのタカハシの望遠鏡をセッティング。(軽自動車が一台買える代物・・・)

 

しかしリア充と化して2年ほど使ってないらしく、いろいろ忘れて四苦八苦しているw

 

 

 

  雲がなくなり満点の星空になり自分の三脚で撮影開始。

 

 メインのペルセウス座は北東側でここから放射状に流星が見えるとのこと、

しかし北東側は街明かりが強くて撮影にならず・・・

 

 とりあえず星の一番見える天の川を適当に撮影する。

f:id:nikyon:20160813123722j:plain

  D5 + AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

 

 昔星をとってたのでSS15秒以上撮ると星が流れが気になるので15秒以下を目安に撮影する。

 

 星の写真のレタッチなどよく知らないから自分の思ったように雰囲気でガンガンに画像処理をしている。 

 

 

  無加工の写真はこちら↓ 

f:id:nikyon:20160813122935j:plain

 

 やはりソフトフィルターがなければ星が無数の点に写ってしまい、何が何やらわからない・・・

 

 

 『ソフトフィルター持っとる?』と相棒に聞く。

 

 

 

 

 

 

相棒 『あるよ』

 

 

 

 

 

 さすがである w

 

 

 

 ソフトフィルターの径は82mm

58mm f/1.4G用に72−82のステップアップリングもないから

 

同じ82mm径のAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VRの出番である

 

 夏の大三角

f:id:nikyon:20160813122844j:plain

  D5 + AF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR ソフトフィルター使用。

 

 やっぱソフトフィルターを使うと違う!♬

 

 これはやっぱ自分も持っておかないといけないアイテムであると実感した。

 

 

下に今回メインの流星が流れているが、普段から見える天の川の方がやっぱりすごい♬

 

 

 肉眼でも見えるなんかモヤモヤした明るい星があるからその方向を向いて撮影。

f:id:nikyon:20160813123038j:plain

 M45 すばる プレアデス星団 っていうらしいょ。

 

 画像左が流星で画像下が飛行機。

 

 流星は合間の1カットしか写ってないけど飛行機は移動しながら写ってるので判別は簡単。

 

 今回のペルセウス座流星群は空をずっと眺めてるとまぁまぁ頻繁に流星を見ることができた♬

 

 

 後相棒が赤道儀付きの望遠鏡でこの星団のアップの写真を撮影していたが本当に素晴らしかった。 

 

 天体は奥が深い👊

 

 

 

 ってか思い出した。 3年前に相棒が望遠鏡を買った頃

よく今日の夜は撮りに行けるか?とかのメールのやり取りをしていたけど

望遠鏡買って2ヶ月くらいずっと曇ってたりモヤがかかってたり月がガンガンに明るく輝いてたり撮影できないことがあった・・・ www

 

 

 天体撮影は運も味方につけないといけないのです。 

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4GとSIGMA 35mm F1.4 DG HSM のボケ比較

にきょんです。

 

 

 

 

 

 

 第二回 毎度おなじみの実験! やってみようのコーナーです。

 

今回は35mm単のボケ味比較。

 

 

 

  気になったので相棒から借りたSIGMA 35mm F1.4 DG HSM  

(35mm ART)昔にきょんも使ってたけど売った。

 

と兄貴のAF-S NIKKOR 35mm f/1.4G 

 

f:id:nikyon:20160717131954j:plain

 どちらも自分のレンズでない www 

 

 

 NIKKOR信者のうp主にきょんが買おうと思ったF1.8シリーズのAF-S NIKKOR 35mm f/1.8G EDのボケに愕然として、以前使ってたART35シグマってどうだったっけ?と疑問に思い実験しました。

 

 

 

 

 使ったカメラはこれまた借りてきたD810

三脚使いマニュアルで撮影。 D810かなりピント合わせやすかったょ!

 

 

 ピントの位置はキーボードの 『み』の位置に合わせてる。

ちなみにコントラストAFではNの位置にピントがあってしまい、正確に撮影するときは絶対マニュアルフォーカスで追い込まないといけないと思いました。

 

 

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G        F1.4

f:id:nikyon:20160724165846j:plain

開放撮影ではピント合わせた『み』が甘い感じ

暖かい色合い。

キーボード上段のボケがうるさい感じ。 タル型湾曲有り。

 

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM        F1.4

f:id:nikyon:20160724165923j:plain

ニコン35よりも開放から中央はとてもシャープ。

あっさりした色合い。 周辺減光多し。

ピント合ってるところから一気に急激にボケてく感じ。(これが嫌だったからドナドナした)

 

 

 

 以下 一段ずつ絞って比較 ↓

 

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G       F2

f:id:nikyon:20160724170244j:plain

 

 

 

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM       F2

f:id:nikyon:20160724170325j:plain

 

 

 

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G       F2.8

f:id:nikyon:20160724172818j:plain

 

 

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM       F2.8

f:id:nikyon:20160724172854j:plain

 

 

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G      F4

f:id:nikyon:20160724172917j:plain

 

 

 

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM        F4

f:id:nikyon:20160724172932j:plain

 

 

 

 思ったより違いが大きくない・・・・・ 

むしろどうでもいいレベル www

非常にお買い得感が強いSIGMA 35mm F1.4 DG HSM だな・・・

と思った。

 

 

 

 

 

 

 次は被写体を変えて。

 

こちらはライブビューのコントラストAFで中央のガーデンシクラメンの花を狙う。

 

 

 

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G        F1.4

f:id:nikyon:20160724173030j:plain

 

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM       F1.4

f:id:nikyon:20160724173051j:plain

 

 

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G        F2

f:id:nikyon:20160724173105j:plain

 

 

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM       F2

f:id:nikyon:20160724173135j:plain

 

 

 

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G       F2.8

f:id:nikyon:20160724173223j:plain

 

 

 

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM      F2.8

f:id:nikyon:20160724173306j:plain

 

 

 

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G      F4

f:id:nikyon:20160724173335j:plain

 

 

 

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM     F4

f:id:nikyon:20160724173406j:plain

 

ボケはAF-S NIKKOR 35mm f/1.4G の方がマイルドな感じ。

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM  の方が硬め。

 

ってか 比べないとわからないレベルだ・・・・・

 

 

 隅の描写については比較するまでもなく色々と議論されてシグマが優れているのは皆様ご承知の通りだが、ボケも純正といい勝負をするな・という印象を受けた。

 

 

 気になったのはシグマのレンズの位相差AFの精度が怪しいこと。

これはD5とD810両機で試したが、相棒のSIGMAレンズは中央と右端のAF精度は正確なのだけど左端は前ピン傾向であった。

 

これは確実にレンズに問題があると思われる。

 

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gの方はピントは中央 右端&左端ともに正確だった。

 

 

 

 

で結論。

 

 

 この結果を見て唯一気になったのはシグマ35での近距離での開放撮影の急激なボケ具合だけで、若干売るの早まったかな?とも思ったのも事実 www

 

 でも単玉はAF-S NIKKOR 58㎜ f/1.4Gを主に使うので やっぱ35mm持っててもあまり使わないかもと・・・(でも欲しいwww) どっちやねぇ〜ん!

 

 

 

 

 シグマARTシリーズ 恐るべし!!!!!

 

 

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G フルサイズ対応

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G    

純正の安心感。 所有欲最高♬  600g

ART35も借りてたけどこればっかり使ってしまう・・・

 

 

SIGMA 単焦点広角レンズ Art 35mm F1.4 DG HSM ニコン用 フルサイズ対応 340551

 

SIGMA 35mm F1.4 DG HSM   

上の純正より半額以下なのに写り最高! 

665g(キヤノンマウント重量 ニコンFマウントならもう少し軽い)

 

 

 

Nikon 単焦点レンズ AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED フルサイズ対応

 

AF-S NIKKOR 35mm f/1.8G ED 

機動力優先 軽さが 素晴らしい 305g

 

 

 

 

TAMRON 単焦点レンズ SP35mm F1.8 Di VC ニコン用 フルサイズ対応 F012N

TAMRON 35mm F/1.8 Di VC USD 

安心の手振れ補正♬ ボケも良さそう。  450g

MAXダサかった鏡筒の金輪が外れて見た目もグ〜♬

 

 

 

 

D5ならAF-S NIKKOR 35mm f/1.4Gで

D810 ならSIGMA 35mm F1.4 DG HSMで撮影したいな〜📷

奇跡の星の植物館へ行く。

  にきょんです。

 

 

 

 

 真夏のクソ暑くなる前に、ゆる〜く撮影しに行ってきました。

 

 3連休はどこに行こうかと一週間前から悩んでたのょ・・・ w 

 

 てか仕事で休みが減る恐れもあったので遠出の予定が立てられない!

 

 結局3連休が確定したのは休みの前日の金曜日。

 

 

 最近暑いし日帰りできる距離のお出かけ先を考える。 

候補はたくさんあるもののドライブ🚔がてら淡路島の植物館へ行ってきました。

 

 

 時間はたっぷりあるのでケチってほぼ下道でのんびり走ります。

片道6時間の道のり。 日帰りの為、往復12時間 www

軽くドライブ・・・? いや・・・重く?ドライブとでもいうのか?

 

6時に目が覚め出発しました🚐💨

 

 

 前回の記事で書いた通り今回はD5とD810の二台体制でお出かけ!

 

 持ってくレンズは今回お兄たまが仕事でレンズ使わないからなんでも持ってっていいょ〜ん 

と言われたので、35mm f/1.4と85mm f/1.4 と105mm f2.8マイクロを借りた。

 

 

 

 寄り道せずにずっとのんびり走り続け12時過ぎに奇跡の星の植物館へ到着! 🚐

f:id:nikyon:20160719184654j:plain

 

 もう訪れるのが4回目にもなるので持って歩くレンズは

 

AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G

AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G

AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED

 

 

この三本。 

 

D810に35mmを付けて D5は58mmか105mmマイクロで撮る。 

 

シグマART35mm f/1.4も相棒に借りたのに今回持ってきてすらしまへんwww

(以前使ってたことあるしね・・・)

 

 

 

 

 いざゆかん〜 植物の楽園え〜!🚶 

 

今回は出来るだけボカしてくょ〜!!!

 

f:id:nikyon:20160719184755j:plain

D810+AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G F2で撮影

 

f:id:nikyon:20160719184931j:plain

 D5+AF-S NIKKOR 58mm f/1.4G  F2で撮影

 

 

初っ端に撮った写真 2枚。

 

 ん〜💏 やっぱ58のボケは素晴らしスィ〜♬ 

 

 

 35mmももちろん素晴らしいんだけど植物館って所狭しと植物置いてるのでボケさそうとすると58mmに比べ色んな物が入ってきて非常に難しい!

f:id:nikyon:20160719194536j:plain

 

 何度も失敗してるから知ってたけど・

出来るだけボカそうと近寄るとピントが極浅になり訳わからない写真になるし・・・

逆に絞ると背景うるさくなるし! www

お花の説明書きのプレートとか邪魔だし・・ 照明のライトとかも邪魔だし・・

 

f:id:nikyon:20160719203503j:plain

↑  こんな感じにボケが若干うるさくなる・・・  35mm F8

 

f:id:nikyon:20160719203943j:plain

 ↑ 35mmにしては綺麗にボケてる方だゎ   35mm   F2

 

 

う〜む・・・35ミリ難しい・・・

 

 

 

 

f:id:nikyon:20160719191245j:plain

ただボカしたいだけの実験的一枚。 35mm F1.4で撮影 

 

 

 

 

 ってか、うp主にきょんはやはり35mmが苦手である・・・

 

 

 

 

 

なので8割型 58mmと105で撮ったwww

 

f:id:nikyon:20160719185301j:plain

 105マイクロ  F11

 

 

f:id:nikyon:20160719185254j:plain

58mm     F5.6

 

 

f:id:nikyon:20160719185143j:plain

105マイクロ F11

  

 なんと植物館でのOKカットはこんなものである www

 

何度も通ってるので撮りつくして飽きているのかもしれない・・・

修行が足りまへん・・・

 

 

f:id:nikyon:20160719185115j:plain

↑ こんな見たことのあるような写真だったりゼーンブ没写真であったわぁ!!! 

    ブブーーーーーー✖️!

 

 

 

 気を取り直して外の公園を散歩

天気も曇りという事もあり比較的涼しく散策できました。

 

一旦車へ戻りレンズを交換♬

 

D810にAF-S NIKKOR 24-70mm f/2.8E ED VR

D5にAF-S NIKKOR 85mm f/1.4G

でお散歩しまふ。

 

 

f:id:nikyon:20160719194542j:plain

D810+24−70  55ミリ F2.8解放。

 

雰囲気良かったので85mm単で撮影しようにも下がれないからズームの登場!

やっぱズームは便利である。 が標準ズームはほとんど使うことがありませんでした

 

 

 

にきょんはこの後の写真はほぼ85㎜単で撮りました。

 

f:id:nikyon:20160719185734j:plainD5+85mm  F1.4

 あんな遠いベンチを撮っても背景は綺麗に雰囲気よくボケてる♬

さすが解放F1.4の世界!😳

 

 

f:id:nikyon:20160719203601j:plain

D5+85mm    F2

デートですか? デートなんですか? お花よりあなた達に視線が行くんですけど?

 

 

f:id:nikyon:20160719185816j:plainD5+85mm  F2

とろけるボ〜ケ〜♬   f/1.8シリーズでは無理っす!!!

 

 

f:id:nikyon:20160719190053j:plain

D5+85mm     F2

85ミリの画角好きです。 

 

 

f:id:nikyon:20160719190122j:plainD5+85mm    F2.8

ユリ・ゲラーが満開でした。

 

 

f:id:nikyon:20160719190359j:plain

D5+85mm    F11

一角だけ咲きまくりまくりすてぃ〜でした。 

 

 

f:id:nikyon:20160719191048j:plain

D5+85mm  F2

 雰囲気良いです

 

 

f:id:nikyon:20160719204906j:plain

D5+85mm  F11

好き。

 

 

f:id:nikyon:20160719203834j:plain

D5+85mm    F11

 う・・・ うらやましい・・・ ヂィやねぇかぁ・・・・

 

 

f:id:nikyon:20160719190534j:plain

D5+85mm  F4

 みつばちはっちがせっせと働いていました🐝

 

 

f:id:nikyon:20160719190747j:plain

D5+85mm     F2

 夏だ! プールだ! メニコンだ!

今のCMはドラゴンボールでなくワンピースなのね

 

 

f:id:nikyon:20160719203808j:plain

D5+85mm      F5.6

 淡路名物 百段苑

 

 

 一般的に35mmが見たままの画角で50ミリが注目した時の画角と言われるけど、

まぁそうだと思う。

 

 

 にきょんが あっ あれを切り取りたいと思った時の画角は大体85ミリだ

 

 なので58mm一本でスナップ撮影してる時によく×1.5クロップすることがあるんだけど(87mm) あっ そういうことね。 と

 

 ってことで 集中した時の視線の画角は85ミリである。

 

 

 ってことでお気に入りの58mmの一本あれば大丈夫との結論!

 

 

 やっぱ35ミリはにきょんは苦手です。(でも欲しいw)

 

 

見たままの画角     35ミリ

注目した時の画角    50ミリ

一点に集中した時の画角 85ミリ 

 

こんな感じね。 

 

 

 この後、近にある淡路花さじきへお邪魔しました🚐

広角で撮りたかったから24−70だけ持ってく。

 

f:id:nikyon:20160719191742j:plain

D810+24−70   F11

なんか咲いてた♬ 

 

 

f:id:nikyon:20160719191741j:plain

D810+24−70   F2.8

 

 

 この公園は、カップルや友達&家族連れが多く

 一人で来ていたのは、うp主のにきょんだけ・・・ さ・・寂しいぜ・・・

 

 何?この島リア充だらけなの? マヂ?  なんで?

 

 

 

 ってか 淡路島の住民のクルマのナンバーって

 

『神戸』ナンバーなのね・・・

 

 

 なんかズルくない?

オシャレでありませんか? www 

 

 

 淡路ナンバーでええやん! と地方の田舎もんはライバル意識なのかw 

とても大きなお世話だと思うけど、そう心の中で思ってしまいました。

 

 

 この後 また6時間かけて下道でのんびり家へ帰りました w

 

 さすがに家に着いた時にはヘロヘロでしたぁ・😩

 

 こんな感じの 重 日帰りほぼドライブの撮影記でしたぁ!

 

 

 

 

 借り物のD810の使い心地は次回更新いたします〜

 

 

    では、 ばっはは〜〜〜〜〜ぃ!